2019年秋にJR九州が博多にハイクオリティホテル開業

2019年秋にJR九州が、博多駅前二丁目にハイクオリティホテルを中核とした、複合ビルを開業します。博多とキャナルシティの中間地に新たなランドマークがオープンします。

JR九州「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」開業へ

博多駅前二丁目複合ビル

JR九州が手掛ける「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」の開発が本格的にスタートしました。開業予定地は博多駅前二丁目。博多駅とキャナルシティ博多の中間点に位置する場所になります。

建設がスタートした複合ビルのコンセプトは、“「博多」から「HAKATA」へ~「上質なおもてなし」のしつらえ~”となっており、博多織をモチーフにした外観にするなど博多らしさを全面に出した新たなランドマークとして登場します。

複合ビルの中核となるのは、4階から14階を占めるハイクオリティホテル。大浴場や充実したラウンジスペースをを完備し、全客室数238室中29室を30㎡超の客室にするなど、国内外の観光客の幅広いニーズに対応できる宿泊施設になります。福岡市が掲げる「国際交流都市」の一躍を担う施設として期待が高まっています。

1階と2階には、九州の食材が楽しめる飲食店などが入るなど、博多駅前通りの魅力向上に寄与する店舗が誘致され、3階は地域コミュニティ施設が設けられ、博多まちづくり推進協議会のミーティングスペースや地域・観光客等の交流の場として活用する予定となっています。

スポンサーリンク

博多駅前二丁目

博多駅前二丁目と聞いて、ハッとした人も多いのではないでしょうか。2016年11月8日に発生した道路陥没現場となったのも、この「はかた駅前通り」。地下鉄の延伸工事による事故で、日本中の視線が集まりました。現在行われている、地盤改良工事も順調に進んでいるようです。

博多駅前二丁目は、大博通りの西側の地区で、商業施設というより事務所が多くある印象が強い場所です。今回建設される複合ビルで、ヒトの流れが変化しそうです。キャナルシティと博多駅間が観光客で賑わう日が近く到来しそうです。

あわせて読みたい記事

JR九州2018年3月からのダイヤ改正 1日117本減便 進む交通格差

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2019年秋にJR九州が博多にハイクオリティホテル開業
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ