関門海峡でブラタモリ 放送日は7月7日下関・14日門司

シェアする

スポンサーリンク

日本の各都市の成り立ちを解明する、NHN総合の人気番組「ブラタモリ」関門海峡編が、2018年7月7日と14日に放送されます。福岡県では、博多に続く第2弾目となります。

ブラタモリ「関門海峡は なぜ“関門”?」

2018年7月7日(土)14日(土)のブラタモリは、本州と九州を隔てる関門海峡が舞台になります。タモリさんの出身地である福岡での撮影は、第17回、第18回の博多以来で、今回で2回目となります。

7月7日(土)の放送では、関門海峡の名前の由来や、関門海峡の地理的な説明などが中心となります。山口県下関市中心に撮影が行われており、おなじみの唐戸市場や下関市の秘密が暴かれます。

翌週の7月14日(土)の放送では、関門海峡を渡って門司を中心に撮影が行われています。石炭の積み込み港として栄えた、門司の街並み、そして、関門トンネルへと撮影が続きます。

福岡県民にとって身近な関門海峡の地理的条件や歴史を、タモさんが楽しく分かりやすくひも解いてくれること間違いありません。放送時間は午後7時30分~8時15分。

スポンサーリンク

ブラタモリ 関門海峡編 放送日詳細

NHK総合 ブラタモリ~関門海峡は なぜ“関門”?~

  • #108 関門海峡・下関
    放送日:2018年7月7日(土)
    放送時間:19:30~20:15
  • #109 関門海峡・門司 
    放送日:2018年7月14日(土)
    放送時間:19:30~20:15

関門海峡とは?

本州の山口県下関市と、福岡県北九州市を隔てる海峡が関門海峡です。下関市の旧名である馬関の「関」と、北九州市門司区の「門」を取って関門海峡と名付けられています。潮の流れは速く、大潮時には最大10ノット(約19km/h)を超えることもあります。

関門海峡は、瀬戸内海周辺の瀬戸内工業地域と、中国や韓国などをつなぐ重要な航路の一つとなっています。また、陸上交通である道路、鉄道では、本州と九州をつなぐ唯一のルートとなっています。

歴史的にも、教科書に登場する多くの出来事が起こっています。

  • 1185年 壇ノ浦の戦いで安徳天皇が入水、平家が滅亡。
  • 1612年 宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島での決闘。
  • 1864年 長州藩のアメリカ商船への砲撃による四国艦隊下関砲撃事件。
  • 1895年 日清戦争後の下関条約の調印。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
関門海峡でブラタモリ 放送日は7月7日下関・14日門司
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする