夏のドライブは、お子様の車内事故に注意!

ドライブにも快適に季節!その裏に潜む危険の罠の数々

これからの季節。車の運転は、レジャーや買い物に乗ることが多くなると思います。たくさん楽しい思い出を作るためにも、車の中に潜む危険を知っておきましょう。じつは、レジャーや買い物のために車から降りたあとより、車の中の方が危険がいっぱいです。

pexels-photo-24619

スポンサーリンク

車の中に潜む危険を回避するために

1.シートベルトは確実に

特にお子様の場合、ベルトが緩んでいないか、後ろの座席でもシートベルトはしないといけないことをしっかり言い聞かせておきましょう。途中、勝手にシートベルトを外すことが少ないので、定期的に、口で確認するだけでなく、目視することが大事です。

※チャイルドシートは、6歳未満の幼児は、義務付けられています。また、年齢が6歳を超えても、まだ身体の小さな子供にはチャイルドシートやジュニアシートを使うことが推奨されています。

2.車に固定できないものは置かない

車に固定できないものは、トランクへ。これは鉄則です。急ブレーキ時など、思わぬカタチで顔やカラダにモノがあたり怪我に至るケースは少なくありません。また、特に気をつけたいのが、お土産の箱やおもちゃ。おもちゃで遊んでいるときに、車が急ブレーキをしたとき、おもちゃが子どもの目に入って、失明なんてことも。

3.車に乗るときは、暑さだけでなく、熱さも確認

車に乗るときは、特に夏場の炎天下の中では、車内は猛烈な暑さになっていますよね。暑さと合わせて、熱さにも注意です。車内のモノは、熱くなっており、それを触って、子どもが軽いやけどになんてことも少なくありませんので、大人がモノの熱さを確認してあげてください。

4.こまめな水分補給で熱中症対策

子どもは、気づかないうちに、熱中症になりやすいです。特に、チャイルドシートをしている子どもは、背中やおしりが蒸れやすく汗をかきやすいです。

これは絶対に厳禁です!

短時間でも子どもを車内に置き去りにしてはいけません

ちょっとの間だから…それが命取りです。お子様の命は、何ものにも代えがたい存在です。安易な考えは捨ててください。それでも、毎年のように、車内に置き去りで子どもが死亡するニュースを目にするころになります。今年こそ、そんな置き去りニュースを撲滅したいものです。

心がけ1つ

心がけておくことで、車内の事故は防ぐことができます。精進していきましょう。快適な車のドライブにしていきましょう。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
夏のドライブは、お子様の車内事故に注意!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする