【福岡】小中学校で始まる家庭訪問の対応の仕方

学校の先生が家に、どう対応すればいいい?家庭訪問の時期に知っておきたいこと。やっておきたいこと

新学期も始まり、やっと落ち着いたら、今度は、家庭訪問に、それから運動会にと、お母さんは、子育てに、お仕事に、学校関係のお付き合いに本当に大変です。

家庭訪問は、まだ先かあと、先延ばしにしてませんか?明日、家庭訪問と気づいたときに、あれがない!たこういうときどうすれば?など疑問点をまとめておきます。

スポンサーリンク

まず、どこで先生と話すの?

地域によっては、玄関先訪問といって、玄関で面談を済ませる訪問も出てきました。土足で、ずかずかと家庭内に入っていくのは、ちょっとと先生も、お母さんもそういう思いがあるからでしょう。でも、まだまだ、玄関先でというわけには、いきません。ちゃんと、部屋にあげ、お茶と茶菓子を添えて、おもてなしましょう。

ここで大事なのは、催促しないということです。先生も気を使って、茶菓子には手を付けないものですし、お茶は、尿を気にして、口にしない先生がほとんどでしょう。

掃除は、どこをする?

玄関先とトイレ、先生が通るところと先生が座る部屋でしょう。

子ども部屋は、普段と変わらない日常の部屋のままを見てもらった方がいいでしょう。

先生の視点

1.家を位置を知る

これが最大の目的でしょう。

2.家庭の様子を探る

虐待などが行われていないかと察知することもあるでしょうが、子どもが、過程でどんな顔を見せているかを探っています。

3.教育観と方針

保護者と対面して、2者で話すことで、普段はなかなか離せないことや学習など教育方針などを知るきっかけを探っています。

家庭訪問、事前に心得ておきたいこと

1.訪問時間

概ね15分程度のようです。案外、お互い緊張していますので、長く感じるものです。

2.話す内容、尋ねる内容をまとめておく

事前にメモをとっておくといいでしょう。頭の中で整理していては、いざというときに、出てきません。

3.先生に協力する気持ちで

いろんな先生がいるものですが、お子様の担任が、その先生になったのも何かの縁です。完璧な人間がいないのと同じように、完璧な先生はいません。保護者もそれは同じ。お子様を先生も一緒に育ててくれる同志だと思って、一緒に協力し合う気持ちくらいがちょうどいいです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡】小中学校で始まる家庭訪問の対応の仕方
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

コメント

  1. 玄関先はなんだか悪い気がしますね、
    ウチでは上がってもらっています。
    応援しておきました。ポチッ