2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸

シェアする

スポンサーリンク

2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸の記事です。ここ数年は、秀岳館高校が熊本県はもとより全国強豪校ととして仲間入りをしていましたが、前監督が退任し、群雄割拠の様相を呈してきました。例年以上に白熱した熊本県予選が展開されるだとうと予想されます。そのあたりについて詳しく記述しています。それでは、2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸の記事です。

2018甲子園熊本県県予選展望

2018年の夏の甲子園は、春の大会の2強である文徳高校と九州学院が軸に展開されることが予想されます。また、その2校に割って入ってくるのが、NHK杯での優勝した播磨工業高校、準優勝の城北高校となるでしょう。ダークホースには、ここ数年の強豪校である秀岳館高校、古豪の熊本工業が絡んでくるのではないのでしょうか。古豪復活ということも十分に期待できる夏となりそうです。総合力、実績から九州学院の圧力が相当なものと感じます。

スポンサーリンク

シード校

  1. 文徳
  2. 九州学院
  3. 秀岳館
  4. 有明
  5. 球磨工業
  6. 八代東
  7. 熊本商業
  8. 城北

甲子園熊本県県予選 大会日程

  • 日程:平成30年7月1日(日)~22日(日)
  • 球場:藤崎台県営野球場、県営八代野球場、山鹿市民球場

その他の県予選記事

以上が、2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする