2018-19年ライジングゼファーフクオカの現状・戦績まとめ

シェアする

スポンサーリンク

2018-19年ライジングゼファーフクオカの現状・戦績まとめです。いよいよ新シーズンが始まりますね。B1リーグではどんな戦いを見せてくれるのでしょうか。今から楽しみですね。

2018-19年ライジングゼファーフクオカ

メンバーは、以下のようになっていますね。2017-18ver

背番号 Pos. 選手名 身長 体重 出身地
0 SF
遥 天翼
194cm 95kg 中国
5 PG
山下 泰弘
187cm 81kg 福岡県
6 SG
小林 大祐
189cm 88kg 福岡県
8 SF
薦田 拓也
190cm 88kg 福岡県
10 SF/PF
波多野 和也
195cm 95kg ブラジル
11 PF/C
エリック・ジェイコブセン
208cm 108kg アメリカ
13 PG
津山 尚大
180cm 79kg 沖縄県
15 PF/C
青木 ブレイク
202cm 95kg アメリカ合衆国
17 C
ベンジャミン・ローソン
216cm 104kg イギリス
24 PG
石谷 聡
177cm 73kg 福岡県
31 SG
城宝 匡史
183cm 83kg 北海道
41 SF/PF
加納 誠也
196cm 95kg 愛知県

2016-17 ライジングゼファーフクオカを応援しよう!

B3から最短でB2へ昇格するために、ライジングゼファーフクオカは本気で戦い、絶対に1年でB2へ昇格すると宣言しています。選手も『1年でB2昇格』を絶対目標に日々の練習に取り組み、『決死の覚悟』と『断固たる決意』を持ち、新たに開幕するB.LEAGUEを持ち臨んでいるようです。ちなみに、Bリーグの1部に所属している九州のチームは、沖縄の沖縄ゴールデンキングスのみとなっています。ぜひとも、ライジングゼファーフクオカにまずは2部に昇格してほしいですね。

スポンサーリンク

B.LEAGUEとは…

B.LEAGUEは、バスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くために以下の3つの使命を果たすために、発足したプロバスケットリーグです。

B.LEAGUEの指名
■世界に通用する選手やチームの輩出
日々、切磋琢磨する土俵を作り世界に通用する選手やチームを輩出することです。それがB.LEAGUEの使命であり、日本のバスケットボール競技力の底上げ・競技人口の裾野の拡大を図ります。

■エンターテイメント性の追求
B.LEAGUEでは徹底的にエンターテイメント性を追求して参ります。勝っても負けても試合を見に行って楽しかった。「今日のあのプレーは良かったね」「今日のあの演出は良かったね」と言っていただけるようなエンターテイメント性を重視した演出に取り組んで参ります。

■夢のアリーナの実現
体育館ではありません。「アリーナ」です。夢のアリーナを作り、地域に根差したスポーツクラブになっていく、非日常の空間を存分に楽しめる…試合を楽しむだけではなく、スポーツを通して人生を楽しむことができるような環境を提供し、B.LEAGUEを盛り上げて参ります。

ライジングゼファーフクオカ 2016-17シーズン選手と背番号

# 1 長島 エマニエル
# 3 満島 光太郎
# 5 山下 泰弘 (キャプテン)
# 6 小林 大祐
# 7 北向 由樹
# 8 薦田 拓也
# 9 堤 啓士朗
#11 マシュー・ブライアン-アマニング
#21 加納 督大 (選手会長)
#22 ジョシュ・ペッパーズ
#24 石谷 聡
#31 青野 文彦
#32 アイザイア・アームウッド
#41 加納 誠也

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018-19年ライジングゼファーフクオカの現状・戦績まとめ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする