【高校入試】入試に出る理科の計算問題のまとめ!中1内容

公立高校の入試まであとわずかになりました。今日は、高校入試の理科でよく出題される計算問題についてまとめてみました。色んなパターンの問題が出題されていますが、基本的に比例の関係や割合に関する問題が多いようです。解らないと投げ出すのではなくチャレンジしてみましょう。

中学1年内容の計算問題

中学1年で学習する内容からの問題です。計算問題が一番多いのが、圧力や水圧、浮力に関する問題です。一問一答形式で問題をのせていますので、すべてクリアできるか挑戦してみてください。

スポンサーリンク

蒸散量

同じ大きさ、同じ葉の数の植物を、油をたらした試験管の水の中にさし、蒸散量を測定する実験をした。葉の裏側にワセリンをぬった植物からは2.1cm³の水が蒸散で減少し、葉の表にワセリンをぬった植物からは4.5cm³の水が、葉を全部切り落とし切り口にワセリンをぬった植物からは0.6cm³の水が減少していた。このとき、何も処理していない普通の植物からは、どれくらい水が蒸散により減少するか。

A:6.0cm³

密度

  1. 質量100gで体積20cm³の物体の密度は何g/cm³か。
  2. 密度が3.0g/cm³で体積が50cm³の物体の質量は何gか。
  3. 密度が5.0g/cm³で質量が100gの物体の体積は何cm³か。

A:1.5.0g/cm³ 2.150g 3.20cm³

質量パーセント濃度%

  1. 100gの水に25gの食塩を溶かした水溶液の質量パーセント濃度は何%か。
  2. 濃度20%の200gの食塩水に溶けている食塩の質量は何gか。

A:1.20% 2.40g

溶解度(再結晶量)

水100gで温度が80℃の水にミョウバンが60g溶けている、この水溶液の温度を20℃にしたところ結晶があらわれた。出てきた結晶の質量は何gか。ただし、20℃のミョウバンの溶解度を24gとする。

A:36g

光の反射(鏡)

身長178cmのA君の全身を映すためには、鏡の縦幅は何cm以上必要か。

A:鏡の縦幅89cm

凸レンズ(焦点距離)

  1. 凸レンズを使って実像がはっきりとスクリーンに映るようにしたところ、凸レンズと光源の距離が30cm、凸レンズとスクリーンの距離が30cmになった。この凸レンズの焦点距離を求めよ。
  2. 凸レンズを使って実像がはっきりとスクリーンに映るようにしたところ、凸レンズと光源の距離が30cm、凸レンズとスクリーンの距離が15cmになった。この凸レンズの焦点距離を求めよ。

A:1.15cm 2.10cm

音の反射

  1. 花火が見えてから花火の音が聞こえるまでに2秒かかった。このとき花火から観察者までの距離は何mか。ただし、空気中での音の速さを340m/sとする。
  2. A君が校舎に向かって音を発したところ、4秒後に音が反射して返ってきた。音の速さを340m/sとすると、校舎とA君との距離は何mか。

A:1.680m 2.680m

振動数Hz

1回振動するのに0.002秒かかる弦がある。この弦の振動数は何Hzか。

A:500Hz

圧力Pa

  1. 底面積100cm²で質量1.6kgの物体を床に置いたときに、物体が床にあたえる圧力は何N/cm²か。ただし、100gの物体にはたらく重力の大きさを1Nとする。
  2. 底面積100cm²で質量が1.6kgの物体を床に置いたときに、物体が床にあたえる圧力の大きさは何Paか。ただし、100gの物体にはたらく重力の大きさを1Nとする。

A:1.0.16N/cm² 2.1600Pa

水圧

深さ5cmでの水圧は何Paか。ただし、水の密度を1.0g/cm³とする。

A:500Pa

浮力

  1. 空気中で物体の重さをはかると100Nで、水中に物体を沈めたところばねはかりは80Nを示した。このとき物体にはたらく浮力の大きさは何Nか。
  2. 底面積100cm²で高さが5cmの直方体を、水面から直方体の上面が10cmの深さになるように沈めたときの浮力の大きさは何Nか。

A:1.20N 2.5N

大気圧hPa

大気圧が1013hPaの地点で、面積1m²の紙の上にのっている空気の重さは何kgか。

A:10130kg

地震の速さ

  1. 震源からの距離が40km地点に、地震が発生してから5秒後にP波が到着した。P波の速さを求めよ。
  2. 震源からの距離が40km地点に、主要動を起こす波が12時15分05秒に到達し、震源から80km離れた地点には12時15分15秒に到達した。S波の速さを求めよ。

A:1.8.0km/s 2.4.0km/s

初期微動継続時間

震源から60km離れた地点での初期微動継続時間が8秒のとき、震源から150km離れた地点での初期微動継続時間は何秒になるか。

A:20秒

断層のずれ・傾き

標高100m地点で地下のようすを柱状図で表したところ、地表から深さ15mのところに火山灰の層が見つかった。近くの標高120m地点でも地下のようすを柱状図で表したところ、地表から深さ25mのところに火山灰の層が見つかった。この地域の地層は何mずれている(傾いている)か。

A:10m

まとめ

いかがだったでしょうか。中学1年生に学習した内容でしたので受験生は忘れている人も多かったのではないでしょうか。特に力と圧力に関する問題は苦手とする生徒が多いようです。上位合格を目指すのであれば得点しておきたい問題になります。

逆に、地震の速さや蒸散量、音の速さに関する計算問題は正答率が高く、絶対に落とせない計算です。わからなかったところは学校の先生や塾の先生に質問し、不安がない状態で入試を迎えるようにしましょう。

あわせて読みたい記事

【福岡県】2017年度公立高校入試問題予想理科!今年はここが出る!
2月になりました。福岡県も高校入試の私立高校がもうすぐ始まります。今日は2017年3月8日(水)に実施される、福岡県公立...

また、おすすめの受験生勉強サイトはこちらになります。
参考受験生勉強サイトKittoTech

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【高校入試】入試に出る理科の計算問題のまとめ!中1内容
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ