【2019年度】中3英語「話す力」の採点は録音で、全国学力・学習状況調査

文部科学省は2019年度の全国学力・学習状況調査から中学校3年生が新たに受ける英語の「話す」力の採点に、パソコンやタブレット端末を使う方針を示したとのことです。

中3英語「話す力」の採点は録音

これまで教員が生徒と対面して採点する案を検討されていましたが、昨夏に中3を対象に実施した調査で、教員間で採点にばらつきがあり、今回の方針の流れになったようです。

スポンサーリンク

2019年度以降の英語テスト

英語は2019年度以降、3年に1度程度実施。中3全員が「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能のテストを受けることになります。「聞く」「読む」はマークシート式で、「書く」は記述式となります。

このことは、大学入試でも同じ流れあり、

英語を学習する重要性は高く、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要なものになっています。そんな中、評価が高まり、各大学・高校などがこぞって入試やカリキュラムに取り入れているのが「英語4技能試験」です英語4技能試験とは、「聞く」「読む」だけではなく「話す」「書く」も含めた英語の能力をバランスよく評価する試験のことで、大学入試の選考基準にも使われ始めています。

参考英語4技能試験「Cambridge English(ケンブリッジ英検)」流行の兆し

さらに深く

新大学入試の英語について、深く切り込んで記述すると、民間の英語4技能試験の活用が濃厚になってきました。はっきり言って、民間の英語4技能試験は実力があり、運営もしっかりされています。CBT「Computer-Based Testing」コンピュータ上で実施する試験の運営にも着手しており、国が主体的に英語の作問をするよりも手っ取り早いことは確実にあります。
参考新大学入試では民間の英語4技能試験を活用する可能性大

中学の全国学力・学習状況調査もCBT?

実は、実用英語技能検定(英検)やベネッセホールディングスの「GTEC(ジーテック)」など民間の検定試験の一部は、既にこうした機器を使って答えるCBT方式で行われています。中3全員が全国学力・学習状況調査で体験することでその後の大学入試などへの適応も進むことが期待されています。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【2019年度】中3英語「話す力」の採点は録音で、全国学力・学習状況調査
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ