2018甲子園大阪府予選展望・日程|北部は大阪桐蔭・履正社が軸|南部は混戦!

シェアする

スポンサーリンク

2018甲子園大阪府予選展望・日程|北部は大阪桐蔭・履正社が軸|南部は混戦!についてまとめています。

2018甲子園大阪府予選展望

春の大会では、優勝が大阪桐蔭(北部地区)、準優勝が関大北陽(北部地区)、第3位に大体大浪商(南部地区)と初芝立命館(南部地区)となっています。

スポンサーリンク

北部地区

優勝候補筆頭は、なんといっても大阪桐蔭ということになるでしょう。春の選抜の覇者で、春夏連覇を狙っています。プロ注目の選手も多く、控え投手も力のある選手が多く、盤石といったところでしょうか。そこに、春準優勝の関大北陽、長年のライバルで実力校の履正社が絡んでくる展開となっていくのではいでしょうか。

南部地区

まさに混戦。力的には、春の府大会ベスト4の大体大浪商初芝立命館となるのでしょうが、そのほか、近大付東大阪大柏原上宮太子大商大堺が絡んでくるとみています。どの高校も、これまでは、大阪桐蔭や履正社に阻まれた甲子園ですが、記念大会の今年はチャンスが巡ってきたので、気合も相当なものでしょう。

甲子園大阪府府予選 大会日程

開会式:7月7日午前11時から大阪市西区の京セラドーム大阪
決勝:南地区28日、北地区29日の大阪シティ信金スタジアム

その他の県の予選展望・日程

2018甲子園福岡県予選展望・日程|北部、南部ともに実力拮抗
2018甲子園佐賀県予選展望・日程|龍谷高校と唐津商業が軸
2018甲子園熊本県予選展望・日程|文徳高校と九州学院が軸

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018甲子園大阪府予選展望・日程|北部は大阪桐蔭・履正社が軸|南部は混戦!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする