【学校では教えない政治】日本だけ平和であればいいのか。

今でも、戦争・紛争は世界で起こっている

今の日本は、どうやら、憲法9条を振りかざし、「日本だけが平和であればいい。自分たちだけには被害が及ばなければいい。」という風潮が蔓延している気がしています。

この瞬間、世界の各地で、戦争・紛争がおこり、多くの人々たちがそれにより亡くなっています。日本人1人の死も、外国の子どもの1人の死も、その尊さは同じだろう。

Happy (1)

それの戦争や紛争を、止めようと、各国は軍隊を派遣しています。ところが、日本は、憲法9条を盾に、僕たちは、戦争反対!と高らかに国会の前で叫んでいる状況。叫んでいるだけでは、何の解決にはなりません。きっと叫んでいる人の平和主義というのは、「ただ単に、日本が平和であればいいということなのだろう。」本当に、平和主義を主張するのなら、今、この瞬間、世界の各地で、戦争・紛争を止めにいくのが、本当だろう。

まずは、今の戦争や紛争を止めないと。見て見ぬふりをしている場合でないのかもしれない。

今こそ考えたい平和とは…。
平和とは、世界平和を願う責任が日本にはあると思います。「ただ単に、日本が戦争に巻き込まれなければいいとか。日本が戦争の被害を受けたくないとか。」そんな自己中心主義は捨てるときなのだと思います。

平和論なども含め、Fukuuでは、いろんな「論」について、タブーなしに、熟議を重ねています。Fukuuのなりの世界平和への道筋をいろいろ考えています。右の人も、左の人も、平和を願う気持ちは一緒だと思います。戦争なんて嫌です。だから、今起こっている戦争を何もできずに、見て見ぬふるしかできない日本に、地団駄を踏む心境です。

スポンサーリンク

関連記事

なぜ今テロが頻発しているのか?グローバルな社会なのに、無知すぎる私たち。
【福岡・テロ】福岡でテロが起きる可能性とその対策
政治についての学ぼう!左翼と右翼、保守って理解できていますか?

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【学校では教えない政治】日本だけ平和であればいいのか。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする