2017センバツ高校野球組み合わせ決定!大会展望・優勝校を占う。

第89回選抜高校野球大会(3月19日〜12日間/兵庫・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が組み合わせが決定しました。福岡から福岡大濠、東海大福岡の2校が出場します。注目の投手を擁する福岡大濠、チーム力の東海大福岡の躍進に期待です。今回は、Fukuuならでは、視点で、大会展望と優勝校を占ってみたいと思います。

2017センバツ高校野球組み合わ決定<大会展望>

今大会は、個の能力が突出した野手が多いということ、また近年の強豪校が多く出場する大会になります。注目野手は、早稲田実業の清宮選手、野村大樹選手、履正社の安田尚憲選手。そして日大三の金成麗生選手の大砲が出場します。履正社の安田尚憲選手と日大三の金成麗生選手は初戦から激突することになっています。

投手では、創志学園の難波侑平選手、福岡大大濠の三浦銀二選手。また静岡の左の投手池谷蒼大選手に注目です。創志学園の難波侑平選手と福岡大大濠の三浦銀二選手はこれまた初戦で激突します。

スポンサーリンク

優勝校

総合力では、秋の神宮大会を制した履正社高校が頭1つ抜き出ている印象ですが、春は、1戦1戦、力をつけてくる高校や勢いづく高校があるので、履正社が優勝候補筆頭であることは間違いありませんが、先はわかりません。

対抗として、秋の神宮大会準優勝の早稲田実業、昨年夏を制した作新学院、バランスがとれたチームとして仙台育英などが挙げられます。

また自力のあるの大阪桐蔭、報徳学園、明徳義塾、智辯学園、日大三にも注目です。

ニューヒーロー誕生にも、ワクワクです。楽しみたいですね。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2017センバツ高校野球組み合わせ決定!大会展望・優勝校を占う。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ