梅雨前に「浸水ナビ」で河川氾濫の危険性をwebで確認

国土交通省が提供する「浸水ナビ」をご存知でしょうか。正式名称は「地点別浸水シミュレーション検索システム」で、全国の浸水想定区域図を電子地図上に表示するシステムになります。現在は、表示できる河川の数が限られていますが、データの収集が終わり次第、全国の河川も検索可能になります。

地点別浸水シミュレーション検索システム「浸水ナビ」

梅雨時期から夏にかけて、日本では洪水による被害が多発します。洪水時の被害を最小限にするためには、住民自ら平時より水害による被害のリスクを認識することが重要です。

国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム」通称「浸水ナビ」では、氾濫時の危険箇所についての情報を詳細に把握することができるシステムです。国土交通省や都道府県が、河川が氾濫したときに浸水が想定される区域や、その区域が浸水した場合に想定される水深を浸水想定区域図として公表したものになります。

自分が住んでいる近くの河川のどの堤防が決壊すると危険なのか、またそのときの浸水状況がどうなるのかがアニメーションやグラフで確認することができます。また、どの程度の時間で浸水するのか、何時間で水が引くのかなども確認できるようになっています。

スポンサーリンク

遠賀川と犬鳴川

現在、福岡県内で「浸水ナビ」で検索が可能な河川は、福岡県の筑豊地区から北九州市・中間市・遠賀郡を流れる「遠賀川」と、宮若市から直方市を流れ、遠賀川と合流する犬鳴川の2つの河川だけとなっています。

今後情報が集まり次第、福岡県内の多くの河川も検索可能になることでしょう。梅雨シーズンの到来前に、自分でしっかりと情報を収集し、河川の氾濫時にどこに避難すべきなのかを確認しておきましょう。

あわせて読みたい記事



スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
梅雨前に「浸水ナビ」で河川氾濫の危険性をwebで確認
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ