私立大学の定員割れ相次ぐ。実に44.5%が定員割れ。

それでも、存続を続ける大学って

今年度の入学者数が定員を下回った私立大学は全体の44・5%で、前年度に比べて1・3ポイント増えたことがわかりました。日本私立学校振興・共済事業団の調査に参加したのは、私立大学577校が回答したようです。

スポンサーリンク

調査結果の内情

全定員に占める入学者の比率は104・4%。これを入学定員の規模別で見ると、「1500人以上3000人未満」の大学が110・9%となるなど、800人以上の規模の平均で、入学者数が定員を上回っていいます。一方で、「100人以上200人未満」は87・8%にとどまるなど、800人未満の小規模校は定員を下回っています。

このことにより一層、マンモス大学に、学生が集まっていることが顕著になりました。とりあえず、マンモス大学を受験すると風潮は、ここ福岡でも顕著です。とりあえず、「福大」を受験する人は多いです。福大の中でも文系学部は、学力が高い人にとっては、「滑り止め」、学力がそぐわない子にとっては、「受かったら儲けもん」というカタチで、受験する人が圧倒的に多いです。しかも、「受かったら儲けもん」というカタチでも、意外と受かってしまうものですから、ますます、入学しやすい大学へとなっています。

そのあおりを受けるのが、その他の周辺私立大学。特に、福岡市郊外の大学は、福岡大学に入学者を奪われるので、ますます入学者を集めるのに、必死にならざる負えません。大学の質を維持するのがますます難しくなっています。

そもそもそんなに勉強したいの?

大学に行く目的は何なのだろうか。就職に有利になるからだろうか。では、なぜ就職するのだろうか。それは、生活するためだろうか。それならば、大学や就職をしなくとも、今の時代、生活はできる。

もっと大きな目線にたって、大学を捉えた方がいいだろう。

大学側も、そもそも、あなたの大学の存在意義はあるのだろうか。その学部が存在する価値ってあるのだろうか。という観点から、存続を決めた方がいい。

「学ぶ」ことについての、再定義が必要な時期に差し掛かったと言えよう。

大学に何百万円を納めるなら

大学に何百万円を納めるのなら、それを自分やもっと違うものに投資できないのだろうか。その何百面を、何千万円、何億にして、それから大学で学んでも遅くなりだろうか。別に大学は、高校卒業後でなくても、いつでも行けるのだ。「高校卒業したら、。」という発想を一度、捨ててもいいのかもしれません。

あわせてよみたい

大学情報が満載です。

中村学園大学のフード・マネジメント学科とは?進路・就職先は?

九産大の名物授業は、飛行機内で。それってどんな授業?

など。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
私立大学の定員割れ相次ぐ。実に44.5%が定員割れ。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする