改正ストーカー法施行!被害に合わないためにも中高生も知っておきたいその内容

2016年5月に東京都小金井市で起きた、ストーカーによる傷害事件は記憶にあたらしいでしょう。当時音楽活動をしていた女性に、執拗にTwitterなどに書き込みをされた挙句に刃物で刺され一時重体となった事件です。このような事件を未然に防ぐために、2017年1月3日より、改正ストーカー法が施行されました。

改正ストーカー法とは?

  • 今回の改正でネット上のストーカー行為も取り締まりの対象に追加!

職場や学校などに待ち伏せしたり、電話やメールなどのの執拗な書き込み、嫌がらせ行為などを取り締まる法律がストーカー法ですが、これまで、TwitterやLINE、ブログなどネット上の「付きまとい行為」を取り締まることができませんでしたが、今回の改正により、ネット上、いわゆる会員制交流サイト(SNS)での付きまとい行為も取り締まりの対象に追加されました。

実は、ネット上でのストーカー行為の被害者として中高生が狙われることが多きなっており、年々問題が深刻化してきています。今回の改正により、ネット上でのストーカー行為も取り締まりの対象に加わったことにより、中高生の被害を未然に防ぐことが狙いとなります。

スポンサーリンク

ストーカー行為罪の懲役刑も重くなりました

  • 懲役1年以下、罰金100万円以下に引き上げられた
  • 親告罪から非親告罪に改正
  • 被害者の情報を提供禁止へ

改正前のストーカー行為の罰則は、懲役6月以下、罰金50万円以下でしたが、今回の改正により懲役1年以下、罰金100万円以下に引き上げられています。

また、被害者が告訴をためらっていても起訴できるよう非親告罪に変更されたほか、ストーカー行為をする恐れがある人物と分かった場合に、被害者の住所や氏名などの情報を提供することを禁止することも明記されています。

ネット上のストーカー行為に合った場合の対処法

  • SNS運営元に削除依頼や警告を発してもらう
  • 警察に相談する

現在のネット社会で、中高生にとってLINE、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSは切っても切り離せない存在でしょう。では、SNSを使っていてネット上でストーカー行為に合った場合はどのように対処すればいいのでしょう。

ストーカー行為として考えられるのが、コメント欄やメッセージ機能を使った不快な書き込みやつきまとい行為が考えられます。ストーカー行為の被害に合った場合には、ブロック機能という特定のユーザーとのつながりを遮断する機能を使う方法が考えられます。

ブロックして被害が収まればいいのですが、外部に向けて自分を中傷するようなコメントなどが発信されるような事態に陥ると、どう対処してよいかわからなくなってしまいます。

まずは、書き込みやコメントがされているSNSの運営元に、不快なコメントや書き込みの削除をお願いしたり、警告を発するなどの対応をお願いしてみてください。方法はSNSによって異なりますが、問い合わせやヘルプセンターが設けられていますので、そちらから手続きを行ってください。

それでも、何らかの付きまとい行為や不快な書き込みなどが続くようでしたら、警察に即座に相談するようにしましょう。今回の改正で警察も動きやすくなっています。一番いけないのが、自分一人で抱え込んでしまうこと。周りに今の状況をしっかりと発信し、最悪の事態だけにはならないように行動してください。

また、不快なコメントや、付きまとい行為を受けた場合は、必ずその証拠を残しておくようにしましょう。スクリーンショットで記録するなり画像を保存しておけば手っ取り早いと思います。被害を立証するときに確実な証拠となります。

あわせて読みたい記事

深夜の騒音対策!安全に円満に解決するには?
深夜の騒音でイライラが我慢できないときの対処法 集合住宅やアパート、マンション等に住んでいる方にとっては、深刻...
もしものときの連絡先!緊急通報の番号は覚えてますか?
警察や消防や医療施設への緊急連絡 みなさんは緊急時の連絡先をご存知ですか?もちろん警察への通報番号である110番や、救...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
改正ストーカー法施行!被害に合わないためにも中高生も知っておきたいその内容
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ