昼寝をして、午後からの勉強の効率を上げよう。

昼寝は、勉強にも効果的

昼ごはん後の、授業は、あくびをする人が多いと思いませんか?日本人は慢性的に寝不足の人が多いといわれています。なぜ、昼食を食べたあとは、急に睡魔に襲われるのでしょう?今回は、そのことを解明しつつ、昼寝の効果について記述してみたいと思います。

統計

スポンサーリンク

睡魔の原因

食事を摂った後には体の血液が消化を行う腸などに集中するため脳の血流が低下することで睡魔に襲われます。また、体内リズムによって人は1日2回眠くなるとも考えられています。それが、「午前2~4時」と「午後2~4時」です。

つまり、昼食後がダブルパンチなんですね。

・消化による血流の変化
・体内リズムの影響

昼寝の効果

アメリカ航空宇宙局(NASA)の報告によると、日中に26分間の昼寝をすると、パイロットの能力が34%向上することがわかっているそうです。また、日本でも、15分間の昼寝タイムを設けた高校において、生徒たちの集中力が増しただけでなく、東大合格者が増えたというのもニュースになっています。また、昼寝をすることによる病気の予防効果も知られています。週に3回以上30分の昼寝をする人は、しない人に比べて心臓疾患による死亡率が37%も低下したという報告も。さらには、また短時間の昼寝は、認知症の予防にも効果的と考えられています。

もっとも効果的な昼寝の時間は20分間といわれています。それ以上寝てしまうと体にだるさが残ってしまい、逆効果になると考えられているようです。

夏休みこそ、昼寝を

夏休みは、ある程度、自分で時間をコントロールでくるはずです。昼寝ができるときは、積極的にとり、仕事の効率アップや健康維持に取り組みましょう。効果的な昼寝は、午後0時~3時の間で20分間ですよ。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
昼寝をして、午後からの勉強の効率を上げよう。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする