地震に備えよ!スーパームーン前後は大地震の可能性大!

2016年11月14日(月)は、月が地球に最も近づいた状態で満月となる「スーパームーン」になります。しかも今回は月が地球にかなり近づいた状態でのスーパームーンになります。巨大な満月は美しく夜空に輝いて見えますが、実はスーパーム―ンは大地震を引き起こす引き金のようなものでもあるのです。地震大国日本に住む以上知っておくべき大地震とスーパームーンの関係について今日は考えていきましょう。

68年ぶりの超スーパームーン

14日(月)に観察できるスーパームーンは1948年以来、68年ぶりの最接近で、今年、一番小さく見えた満月よりも直径で約14%、面積で約30%大きく見える状態になります。次に今回と近い大きさのスーパームーンになるのは18年後になりますので、是非観察したい天体イベントです。

supermoon

月は地球の衛星に当たる天体で、地球の周りを約27.3日で公転しています。この公転軌道はきれいな正円ではなく、楕円形であることは「ケプラーの第一法則」で学習しましたね。楕円軌道で地球の周りを公転するので、地球に近づいたり遠ざかったりするので、地球から見える月の大きさはその距離の変化で、小さく見えたり大きく見えたりするのです。

今回見える満月、スーパームーンは、日の入り直後に東の空から昇ってきて、真夜中に真南の空で南中し、明け方に西の空に沈んでいきます。天候が良ければ一晩中観察することができます。月が地球に最も近づくのは午後8時20分頃。

スポンサーリンク

スーパームーンで大地震が発生?

68年ぶりに観察できるスーパームーンですが、神秘的な現象が観察できる一方、地震との関連性があるという恐ろしい指摘もあります。実際に2011年3月11日に発生した東日本大震災の直後にもスーパームーンが起きていたのです。

質量がある物体には万有引力がはたらきます。地球ほどの大きさになると、重力としていろいろなものをその中心に向かって引き寄せるほどになります。月と太陽にももちろん万有引力がはたらき地球にも大きな影響を及ぼしています。身近に感じることができるのは潮の干満ではないでしょうか。地球と月、太陽の3つが直線で並ぶ新月と満月のころに引力は最大となり、海面が大きく引力の方向に引き寄せられ、海は大潮を迎えます。

実はこの引力が、大地震の引き金になることがあるという学説があるようです。我々人間にはこの引力をあまり実感できませんが、実際に地下の硬い岩盤は30cm程度引き上げられていることがわかっています。ひずみがたまったプレートや岩盤にこの力がはたらき、大地震の引き金になっているのです。まだまだ事例が少ないので、因果関係がはっきりと決まったわけではありませんが、備えを行うことにこしたことはありません。

今回はスーパームーンということもあり、普段の満月よりも、地球に大きな引力がはたらきます。東日本大震災の直後にもスーパームーンが起こっています。ただでさえ地震の活動期に入っている地球。大きな災害が起こらないことを願います。

2016年11月13日ニュージ―ランドで大地震発生

日本時間で2016年11月13日の午後8時過ぎ、ニュージーランドでマグニチュード7.8の大地震が発生しました。震源地の近くでは最大で約1.5mの津波も観測されています。丁度スーパームーンになる直前に起こった地震だけに、今後日本でも大地震がおこる可能性があります。

震源はニュージーランド南島のクライストチャーチから北北東におよそ93kmの地点。震源の深さはおよそ23kmとなっています。現在も強い余震が続いており、一部の地域では停電や地割れなどが報告されているようです。

クライストチャーチといえば、2011年2月に起こった大地震があります。日本人の方も犠牲になった地震で、合計で185名の方が亡くなられています。そして、この地震のわずか1か月後に起こったのが東日本大震災。2011年とあまりにも酷似した流れになっています。今回は地震の備えをしっかりと行った方がよさそうです。

あわせて読みたい記事

連日、東大地震研究チームの研究結果が発表になっていますが、今回は、マグニチュード(M)8・2より大きい巨大地震12件の場合、10件は大潮や前後の干満差が大きい日に起きていたという分析を発表しています。
参考【南海トラフの確率】巨大地震は、満月・新月の日の前後かつ大潮の前後で起こる!


スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
地震に備えよ!スーパームーン前後は大地震の可能性大!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする