タカガールが全国区になりつつある。

福岡ソフトバンクホークスとタカガール

福岡の女性に、タカガールが本当に多くなってきました。

タカガールとは…
福岡ソフトバンクホークスの試合を球場に足を運び、テレビやネットでは知れない「リアルな体感」をして楽しむ女性。球場でしか味わえない白熱のプレーに夢中になったり、リフレッシュしたり、元気をチャージできたり、友達と一緒に、タカガールファッションを楽しんだり、ドームグルメを満喫したりと、一度体感すると虜になる女性も多いです。かわいく、たのしく、女子らしく。12球団でいちばん女子ファンが多いのもタカガールの特徴です。
www.softbankhawks.co.jp

www.softbankhawks.co.jp

スポンサーリンク

タカガールの広がりの裏には、球団の緻密で大胆な戦略が…

東京ドームが1日限定で、福岡ソフトバンクホークスの本拠地と化した日も、年々観客数が増え今年は4万6776人を集客してホークス主催公式戦の最多動員記録を塗り替えたようです。試合終了後にはヤフオクドームでも行われる「光のセレモニー」が特別版で催されました。場内の照明を暗くした中で数万本の「ルミカライト」がつくり出した、「鷹の祭典2016」のテーマカラーであるチャンピオンブルーに染まったスタンドはまるで宇宙空間のようだった。というコメントも。

他の試合と違うのは、女性ファンの多さです。つまり、タカガールの存在。東京にも、タカガールが進出しているということです。実に全観衆の76.6%を女性が占めたとのこと。

この裏にあ、球団戦略が功を奏しています。ホークス女性社員で結成した「タカガールプロジェクト」の発足が大きかったのでしょう。女性を最も知るのは女性のもと、着実にタカガールを増やすことに成功しています。

ある女性社員は、女子の遊びのプランに『野球観戦』を加えたいんです。映画に行くとか、買い物に行くとか、お茶するとかと同じに、女子同士の会話の中に『じゃ、今日はホークスを応援に行こうよ』となってほしいんですと勢いを感じます。

今後、タガガールが全国を席巻する日はそう遠くないものかもしれません。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
タカガールが全国区になりつつある。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする