武雄神社の見所|武雄の大楠・夫婦檜(縁結びの御神木)を巡るパワースポット

シェアする

スポンサーリンク

武雄神社の見所|武雄の大楠・夫婦檜(縁結びの御神木)を巡るパワースポットです。福岡からの小旅行に最適な武雄。市内から高速で70分、唐津周りでも70分ほどで到着します。そんな武雄。パワースポットが数多くあることでも有名です。今回は、そのパワースポットの代表格「武雄神社」の紹介です。

武雄神社

武雄神社

武雄神社

五柱の神を総じて武雄大明神が祭られている神社です。

  • 武内宿禰【たけうちのすくね】
  • 武雄心命【たけおこころのみこと】
  • 仲哀天皇【ちゅうあいてんのう】
  • 神功皇后【じんぐうこうごう】
  • 応神天皇【おうじんてんのう】

主祭神である武内宿禰は、実に360歳を誇る日本一長寿の神様として知られています。武雄神社では、全国的に有名な祭事も多く、見どころ満載です。特に、武雄の大楠は。樹齢3000年の大楠で、神の隠れ住まう山「神奈備」の深い神域にあり、その壮大な大楠を目の前にするとその姿に命が宿り生きているような迫力を感じます。

スポンサーリンク

武雄の大楠

武雄の大楠

武雄の大楠

大楠には龍神様も宿っているとそれているからでしょうか、本当に神秘的な力を感じることができます。武雄の大楠が立っている場所も、人間がおいそれと踏み入ってはならない清浄な場所「御神域」となっており、森の中を辿っていくと突如、武雄の大楠が現れます。その武雄の大楠ですが、根元まわりは26m、高さ27m。根元の空洞の広さは12畳ほどの大きさです。すごいです!

夫婦檜(縁結びの御神木)

縁結びの御神木

縁結びの御神木

御祭神である仲哀天皇・神功皇后の御神威によって、2本の檜が根元で結ばれ、樹の中ほどで再び枝が合着したと伝われています。仲睦まじく立っているその姿から根元は夫婦和合を、繋がった枝は様々な縁を繋ぐ縁結びの象徴として信仰を集めています。願いをかなえるには、授与所で受けた自分の願いに合った色の鈴を購入して、夫婦杉の鈴緒に結び付け、願いを込めて鳴らし、二礼二拍手一礼をします。

武雄神社の概要

  • 〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町武雄5335

武雄神社の主な祭事

  • 睦月(1月) 新年初祈祷初神楽・元旦祭・塚崎太鼓奉納
  • 如月(2月) 歩射祭
  • 神無月(10月) 宵のまつり(エイトウ)・例祭・流鏑馬奉射
  • 師走(12月) お火たき祭・除夜祭・大祓い祭

中でも、流鏑馬は、250m余りの馬場を、砂塵を巻き上げながら疾走する馬の上で、3つの的めがけて矢を放つ妙技は、観る者を魅了します。大祓い祭では、火にあたり一切の罪穢れを打祓い、一年間大神様の御神徳によって平穏無事に過ごせたことを神恩感謝し、来る年の幸せを祈念する祭りです。

以上が、武雄神社の見所|武雄の大楠・夫婦檜(縁結びの御神木)を巡るパワースポットとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
武雄神社の見所|武雄の大楠・夫婦檜(縁結びの御神木)を巡るパワースポット
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする