【福岡】桜タンゴフェスティバルは3月29日から

アクロス福岡イベントホール、ティエンポ・ホールで3月29日から、タンゴ国際フェスティバル「桜タンゴフェスティバルin福岡~Abrazo de Asia 桜とアジアとタンゴ」が開催されます。

桜タンゴフェスティバル

福岡でタンゴを通じた国際交流を目的にNPO法人「ラテン文化センター ティエンポ」が開くイベントです。今年は、設立20周年を迎えるラブエフエム国際放送と共同主催するとのこと。タンゴに興味のある方々が国境を越えた交流を楽しめる5日間になりそうですね。

スポンサーリンク

「観る」ものから「踊る」ものへ

アルゼンチンタンゴが誕生して100年以上。「タンゴは鑑賞するもの」として、人々は劇場でコンサートを聴き、ステージ上で繰り広げられるダンスを鑑賞し楽しむ芸術とてみられています。しかしながら、昨今そのタンゴがここ20年ほどの間に大きな発展を遂げ、今ではコミュニケーションの手段として世界の人々に親しまれています。2009年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されたことで世界的にもますますタンゴ熱が高まっていまs。

ラテン文化センター ティエンポ

異文化交流 “異芯伝心” をテーマに、ラテン諸国の多彩な文化を、舞踊・アート・音楽・言語・食といった様々な角度から体験し、交流を図れる活動を行っていています。人と人とが生の実感と喜びに溢れた時間を共に楽しめる文化交流活動を促進していく今後の活動にも期待ですね。

桜タンゴフェスティバル期間中は、世界で活躍するアルゼンチンのダンサーやミュージシャンらが来日し、タンゴショー(4月1日)を開くほか、ダンサーによるワークショップなどを予定されています。

桜タンゴフェスティバル インフォメーション

  • 3/29 (水) ~ 4/2 (日)

<タンゴショーの料金>

  • 4,000円(前売り3,500円)
  • 25歳以下=2,500円(同2,000円)
  • チケットはラテン文化センター・ティエンポなどで販売している。
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡】桜タンゴフェスティバルは3月29日から
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ