福岡の冬スポット!東峰村のめがね橋ライトアップが幻想的と話題

福岡県の南東部に位置する東峰村をご存知ですか?県境に位置し、すぐ隣は大分県の日田市になります。この東峰村に冬の間ライトアップされる「めがね橋」が幻想的だと話題になっています。

東峰村「めがね橋」のライトアップ

出典:ノリダーの撮り鉄ブログ

出典:ノリダーの撮り鉄ブログ

JR日田彦山線の筑前岩屋・大行司間に架かる「めがね橋」が、12月の上旬から1月初頭にかけて、毎年ライトアップされています。

ライトアップされるコンクリート製アーチ橋は、栗木野橋梁と宝珠山橋梁で、1938年に石炭輸送のためにつくられました。現在はJR日田彦山線の一部になっていますが、立派なアーチが見事な近代建築物です。

ライトアップが始まったのは、「鉄道産業遺産を観光に生かそうと」と村が企画したもので、今では東峰村の冬の風物詩とまでなっています。この時期になると多くのカメラマンが集結し、神秘的な風景を写真に収めています。

スポンサーリンク

2016年度ライトアップ情報

  • ライトアップ期間:2016年12月3日(土)~2017年1月4日(水)
  • ライト点灯時間:17:30~21:30
  • JR臨時徐行運転期間:12月17日(土)~1月4日(月)

東峰村とは?

出典:東峰村

出典:東峰村

朝倉郡に属する村で、福岡県の南東部に位置しています。平成17年に、旧小石原村と旧宝珠山村が合併して発足した自治体で、村の大半が山地なのが特徴です。山間部で標高が高く、降水量も平地と比べて多いのが気候の特徴で、冬になると毎年積雪に見舞われます。

東峰村へのアクセスは、大分道の杷木I.C.で降り、県道52号線を北上すると到着します。福岡市内から1時間半で到着する距離になります。電車の場合は、博多駅から筑豊本線で新飯塚駅へ向かいます。下車し後藤寺線に乗り換えて田川後藤寺駅で下車。日田彦山線に乗り換えて筑前岩屋駅までで約2時間かかります。

東峰村の特産品は、小石原焼や高取焼が有名です。焼き物と棚田がよく知られており、日本の原風景を残す貴重な地方自治体ではないでしょうか。

まとめ

山に包まれた、自然豊かな東峰村。福岡市に人口が集中する中、東峰村のような自然豊かな日本の原風景を残す自治体は過疎化が進み存続が危ぶまれています。しかし、行ってみると心安らぎ、安定した精神状態にさせてくれる貴重な場所でもあります。

自然との共存。便利な都会生活もいいですが、人間らしく生きるには最適な場所ではないでしょうか。是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の冬スポット!東峰村のめがね橋ライトアップが幻想的と話題
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ