東海大福岡が清宮選手を擁する早稲田実業を下す!

2017年3月27日(月)に行われた東海大福岡が早稲田実業を11-8で下し、ベスト8にコマを進めました。

東海大福岡が早稲田を下す

東海大福岡はエース安田のテンポの良いコーナーを突く投球で、早稲田実業の清宮率いる超強力打線を抑え11-8で早稲田実業を下しました。

東海大福岡の打線も好調で、全打者ともにつながりを生む長短打で9得点を挙げました。東海大福岡は6回裏に一挙5得点を上げ、7回のピンチも最少失点に抑えました。早稲田実業の最終回2アウトからの猛烈な追い上げも及ばず、東海大福岡が勝利しました。

勢いがある東海大福岡は、この調子でどこまで勝ち上がれるのかが注目されます。

スポンサーリンク

早稲田実業の課題は投手力

この試合で露になったのが早稲田実業の投手力の弱さです。以下に超強力打線でも投手陣が崩れてしまうと試合の流れが一気に変わってしまうことを教えてくれる試合になりました。

ピッチングのテンポの重要性

東海大福岡のエース安田君を見ていると、投球に球威はそこまで重要ではないことに気づかされます。丁寧にコースをつくピッチングを行うことと、テンポよく投球することがいかに重要かがわかります。

大阪、福岡勢2校まで勝ち残る

これで、福岡は、東海大福岡がベスト8、福岡大大濠は、明日の再戦と2校とも勝ち残っています。同じく2校とも勝ち残っているのが、大阪。履正社と大阪桐蔭です。履正ベスト8一番乗り。大阪桐蔭は、本日第3試合で静岡高校と対戦です。

2017選抜記事

福岡大大濠の再試合は28日 東海大福岡は本日早実戦!
2017年3月26日の選抜は、大会史上初となる2試合連続の引き分け再試合となりました。福岡大大濠(福岡)と滋賀学園(滋賀...
2017センバツ高校野球組み合わせ決定!大会展望・優勝校を占う。
第89回選抜高校野球大会(3月19日〜12日間/兵庫・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が組み合わせが決定しました。福岡から...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
東海大福岡が清宮選手を擁する早稲田実業を下す!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ