【福岡・20代起業家】めるへん代表:浦田貴紀_Vol.1

将来が嘱望される期待の若手起業家、浦田貴紀とは?

現在、東京で活躍している浦田貴紀氏のインタビュー連載です。

スポンサーリンク

浦田貴紀プロフィ-ル

  • 1994年2月25日生まれ
  • 佐賀県唐津市で生まれる。
  • 高校1年で中退、高卒認定を取得する。
  • そこから事情があり引きこもりになる。
  • 19歳で東京に上京。
  • 営業マンになり、3ヶ月で日本トップセールスを獲得。
  • 天狗になり独立、ビジネスパートナーとの問題が起き、収入0が3ヶ月続く。
  • 再度、営業マンとして就職し、またまた3ヶ月で日本トップセールスを獲得。
  • その後、報酬未払いのため半年間ホームレスを経験。
  • そのとき睡眠時間2時間というショートスリーパー能力が覚醒。
  • そののち、独立起業。現在に至る。

半年間ホームレスを経験し、いつでもホームレスになれるというマインドの持ち主。今回は、そんな浦田さんの経営者としての側面をインタビューしました。

企業理念は?

人間が持つ夢や理想をリアルな物語として語り継ぐ企業にすることです。

御社の強みは?

入社したらまず本人のやりたいことや夢をそのまま事業にしています。例えば100人の社員さんがいるのなら、100通りの夢があり、100通りの事業をやる。既存の企業では、社員さんは勤めている企業の仕事を遂行するというのが基本ですが、弊社は、その基本からは180度逆行している企業であることです。

貴紀さんの夢(ビジョン)は?

教育を変えることです。学校の勉強ではなく、個人個人の考え方を見直し、より自己表現を豊かにできる教育を実現していきたいと思っています。

貴紀さんの目指す大人像は?

特定の個人はいないですが、どんな形式の人物でもよいのであれば、絵画などで表現していける人物でありたいです。作者によってそれぞれ人物表現が異なり、いろんな面を持つ人物が出来上がるので。それが、人間の本質だと思うからです。

経営にまつわる自慢話を教えて下さい。

心身ともに辛い時期に、「かわりに私が仕事決めてきます。お任せください。」と言ってくれた社員さんがいるこですと。僕も現状をしっかり見つめ直すことができ、そしてその仕事も決めてくれたこと。感謝話ですが、僕の自慢の社員です。

経営にまつわる失敗談を教えて下さい。

社員さんがついてきてくれない時期があり、給与・報酬を倍以上の金額にしましたが、その社員さんはほどなく辞めていってしまったことです。お金をいくら貰おうと、人は満足しないのだと気付かされた出来事でした。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・20代起業家】めるへん代表:浦田貴紀_Vol.1
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ