センター試験の当日の最強寒波に注意!

センター試験当日の天気に細心の注意が必要になりそうです。センター試験が実施される2017年1月14日(土)から15日(日)にかけて、上空に今年一番の寒気が流れ込み、沖縄や九州南部を除く日本全土で大雪になりそうなっ空模様になっています。

関連2017年センター試験は大雪に注意!今季最強の寒波襲来!

センター試験一日目の天気

センター試験の初日となる1月14日(土)の天気はどうなるのでしょうか。この日は朝からすでに大雪となっている北陸地方をはじめとして、山陰地方や中部地方、東海地方でも大雪に対する警戒が必要です。

九州の北部や近畿地方の一部でも山沿いを中心に積雪が予想されています。試験初日の交通機関の運行も大きく乱れそうです。受験生は時間に余裕をもって移動するようにしましょう。それ以外の方は不要な外出をなるべく避けるようにしてください。

午後からは寒気が本格的に流れ込み、広く太平洋側でも積雪が予想されています。東海道新幹線が通る岐阜県の関ヶ原などでも積雪が予想されており、東海道新幹線への影響が懸念されています。

スポンサーリンク

センター試験二日目の天気

センター試験二日目となる15日(日)は、冷え込みが今年一番となり、東京でも氷点下を予想しています。風も強く、多くの地域で強風・波浪注意報が出されています。

朝は、冷え込みが激しいので足元が非常に滑りやすくなっています。センター試験会場に向かう際には十分に注意してください。この日は日本海側だけでなく、中国地方や九州の平野部、四国の一部などでも積雪が予想されています。一日目よりも大雪が激しくなりますので、二日目も細心の注意が必要です。

山間部にお住まいの方は、試験会場近くに宿泊するなどの対応が必要になるかもしれません。
参考センター試験1日目終了後の過ごし方のポイント

2011年のセンター試験も大雪

2011年のセンター試験も大雪のため、交通機関などが大きく乱れました。太平洋側の愛知県名古屋市でも11cmの積雪を記録し、東海道新幹線が最大で1時間半遅延する事態になりました。

センター試験の会場でも、積雪のため停電が発生し、試験が一時中断しています。今回の寒気もそれ以上の低い気温の寒気になっていますので注意が必要です。

大雪で追試を受ける可能性も

大学入試センターによると、今回の大雪などで公共交通機関が遅延や運休になり、多くの受験生に影響が出そうな場合は、試験会場と大学入試センターが協議の上で開始時間を1時間程度繰り下げることがあります。その際は駅のアナウンスなどで繰り下げの案内が流れますので注意して聞いてください。

当日に試験会場にいたどり着けない場合は追試が受けられますので、遅延証明などを取得し、追試の手続きを行ってください。追試験は通常、東日本と西日本の2つの会場でしか実施されませんが、試験会場が実施不可能と判断した場合は21、22日の二日間に中止になった会場で再試験を行うこともあります。

高校生にとっては、自分の将来がほんの少し決まる大切なセンター試験です。試験内容以外で余計な心配はしたくないところですが、条件は他の学生も同じです。大雪に気を取られ、受験票を忘れるなどのミスがないように気を引き締めて試験に臨んでください。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ