飯盛に「やよいの風公園」がオープン!弥生時代の吉武高木遺跡に行ってみよう!

2017年4月15日(土)に、福岡市西区吉武に、弥生時代の貴重な史跡を展示する「やよいの風公園」がオープンします。

「やよいの風公園」とは?

やよいの風公園は、弥生時代の国史跡吉武高木遺跡につくられる公園で、当時の貴重な史跡などが展示されている公園になります。西区の西部運動公園近くの広大な敷地に弥生時代の人々の生活を復元するような形で造られています。

公園内は大きく3つのエリアにわかるているようです。

  • やよいの風広場
  • むかしみつけ広場
  • シカしか広場

どの広場も広大な敷地になっており、ピクニックでお弁当をもって散策するのもいいかもしれませんね。バックに見える飯盛山の稜線が美しく心癒される場所です。

スポンサーリンク

やよいの風広場

弥生時代の景観が復元されている広場です。小高い丘があったり、天気がいい日には草原でゴロリと寝転ぶのもいいかもしれません。

また、この場所は「最古の王墓」が発見された場所でもあり、陶板写真や説明パネルも設置されています。銅鏡などの精巧なレプリカもおかれていますので、実際に目にして当時のようすを感じることができます。

むかしみつけ広場

旧石器時代から江戸時代までの地域の歴史を紹介してくれる広場です。様々なオブジェクトが置かれており、自然に囲まれながら、福岡の歴史について学ぶことができます。

さらにこの広場には、実物大の「かめ棺」や、副葬品の出土状態がわかる模型なども設置してあります。臨場感あふれる状態でみんなを待っていてくれます。

シカしか広場

地元、吉武のみなさんが藁でつくったシカのオブジェが設置されています。このシカのオブジェは「やよいの風公園」のシンボルマークのシカをかたどったものだそうです。

「やよいの風公園」どこにあるの?

やよいの風公園は、福岡市西区吉武にあります。福岡市の西部には叶岳や飯盛山、高祖山、王丸山、西山などの山地帯になっています。その麓に広がる場所にあります。

最寄駅は、地下鉄七隈線「次郎丸駅」ですが、西鉄バス行く方が近いようです。駐車場も整備されていますので、車で行く方が無難です。

あわせて読みたい記事

【福岡・西区】お花見・桜見物で有名なおすすめスポット3選!
福岡のおすすめ桜スポット3選シリーズ福岡市西区編です。福岡市西区は、背振山系から玄界灘に翼を広げ、能古島、玄界島、小呂島...
【福岡・西区】下山門エリアおすすめ観光名所一覧
福岡の下山門は古墳と神社巡りで決まり 福岡市西区に位置する下山門は、生の松原海岸が有名です。生の松原海岸は、小戸から今...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
飯盛に「やよいの風公園」がオープン!弥生時代の吉武高木遺跡に行ってみよう!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ