九大学研都市周辺のおすすめの飲食店11選!

シェアする

九大学研都市周辺のおすすめの飲食店一覧

  1. 旬彩dining なのしずく
  2. イタリアンダイニングzucca
  3. エルミタージュ
  4. 麦の木
  5. ホルトの木
  6. 桝元玄風
  7. DINING MUSIC BAR ALISON(アリソン)
  8. futaba(フタバ)
  9. V’s FORT CAFE(ヴィーズフォートカフェ)
  10. いきまつバーガー
  11. 知るカフェ
スポンサーリンク

麦の木

MUGINOKI BREAD&DISHES
糸島二丈満吉にある無添加手作りパンの「麦の木」が、九大学研都市駅近くにも店舗を構えました。この店舗は、カフェレストラン「MUGINOKI BREAD&DISHES」も併設されているので、麦の木さんの国産小麦を使用、トランス脂肪酸や卵・乳製品を使わない自然なパンを焼きたてで召し上がることができます。それでは、【九大学研都市】おすすめカフェ・レストランの麦の木(MUGINOKI BREAD&DISHES)を詳しく見ていきましょう。MUGINOKI BREAD&DISHESでぜひ一度は食べたいのが「カレーパン」です。売り切れ御免なので、早めにゲットしてしましょう。ラクレットもおすすめです。ラクレットとは、「アルプスの少女ハイジ」で登場する、大きなチーズを直火で温めて溶けたところをナイフなどで削いで、ジャガイモやパンなどにかけて食べるものです。お車で来られるの方も安心です。広々とした駐車場があります。店内もきれいで、広々していて快適です。おすすめの時間帯は、昼下がりでしょうか。

パンの食べ放題
また、昼時には、パン食べ放題がありますので、パン好きにはたまりません。90分コースと120分コースがあります。少人数でいくときは、会話でなく、食べることに集中ということであれば、90分コースでもいいと思います。おしゃべりもということで、あれば100円アップの120分がおすすめです。どれもおいしいパンなので、すぐにお腹いっぱいになってしまうのが惜しまれます(笑)。11:00~15:00(OS.14:30)8種類のメインから1つ選べます。全てのメイン料理に パン食べ放題・スープ・サラダ・デザート・ドリンクがついております。

店内
パンの販売スペースと隣のカフェレストランスペースから成り立っています。またさらに奥へ進むと、大きな窓から木漏れ日が差し込む異国情緒あふれるフロアがあります。テーブルやイスはアンティーク調で統一され、以後ごちがいいです。

麦の木の概要

  • 電話:福岡県福岡市西区西都2-4-25 麦の木本店ビル1F
  • TEL:092-407-6754
  • 営業時間:8:00~22:00
  • 定休日:不定休
  • 座席数:56席
  • 駐車場:有(40台)

ホルトの木

ホルトの木
今回は、福岡市は西区周船寺なるホルトの木です。イタリアンレストランパスタピザがおすすめです。場所は、旧202号線から一つ裏地にあり、民家の中に佇むので、発見したときはうれしくなります。店の雰囲気やマスターもいい人で楽しく料理がいただけると思います。

ここがおすすめ
おすすめ本格イタリアンパスタ・ビザでありながら、コストパフォーマンスが最高です。隠れ家的なところも一押しです。

窯焼きピザとパスタの店
今回は、パスタピザとタルトを頼んでみました。全体的にさっぱりとした中にも、食べごたえのある量で大満足のお料理でした。店内の雰囲気も良く、ゆったりと座ることができるので、つちつい長居してしまうぐらいでした。今回は、夕食で利用させてもらいましたが、お昼時や夕食の早い時間帯では、お客様でにぎわうことが多いので、少し時間をずらしての来店もおすすめです。

ランチセットを注文 サラダ、ピッツァ2枚、日替わりパスタで1080円でした。さらに、ランチタイムでは、300円をプラスするとプチデザート盛りをオーダー可能です。チーズケーキにガトーショコラ、パンナコッタなどなどフルーツも入れるなど5種類以上のデザートが盛り合わせとして登場します。お値段もお安いので、コストパフォーマンスは抜群です!照明の明るさもちょうどよく、雰囲気を感じさせるお店です。外観、内覧ともに清潔で安心して食事をすることができます。センスのいい絵画も堪能できるのも、お得です。

ホルトの木概要

  • 住所:福岡市西区周船寺 2-15-44
  • 立地:周船寺駅から徒歩10分ぐらい
  • 定休日:火曜日

桝元玄風

玄風①

福岡市西区周船寺に、宮崎で人気の「辛麺」をいただけるお店を発見しました。辛さを自由に選べて、しかもヘルシーな麺ということで、辛党の筆者は早速土曜日のお昼にお邪魔してきました。店内は12時を回ったばかりなのに多くの食通で賑わっています。店内に入ると早速ツンとする辛い香りが漂って、食欲をそそります。辛さは0辛~29辛まで自由に選べるシステムになっていて、麺も普通の中華麺とコンニャク麺かを選べるようになっています。店内にはむせるように麺をすする客、こほっこほっとせき込む様子もうかがえたので、ビビッて5辛からエントリー。麺はおすすめのコンニャク麺をチョイス。運ばれてきた辛麺がこちら。如何にも辛そうな赤いスープに、溶き卵の黄色とニラの緑が冴えます。香りを嗅ごうとどんぶりの上に鼻をやったとこと、すぐにせき込んでしまいました。これは辛いぞ!

まずスープを口に含むと、ガツンと辛さが口中に広がります。あとからじわじわと辛さが押し寄せるタイプではなく、いきなりストレートに辛いといったスープです。溶き卵が少し辛さを中和してくれるので、飽きずにいただくことができます。麺はコンニャク麺。イメージ通り韓国風冷麺のような食感でなかなかヘルシーな仕上がりです。かなりの辛党である筆者ですがエントリーは5辛でちょうどよかったです。10辛以上になると、おそらく汗腺が崩壊し汗の滝がつくられること必至です。

トマト辛麺は女性におすすめ
こちらの店舗で、女性に人気なのが『トマト辛麺』。トマトの酸味と辛さが絶妙にマッチします。トッピングにチーズをのせると最高のコラボレーションが実現します。一気にイタリアチックな料理に大変身。コンニャク麺をチョイスすればかなりヘルシーな一品になります。麺をいただいた後は、チーズと御飯を加えてリゾット風にいただくこともできるようです。普通の辛麺と比べると、かなりマイルドでヘルシーに仕上がっているように感じられます。女性に人気の逸品ということがよくわかりました。

桝元玄風の詳細情報

  • 場所:福岡市西区周船寺3-10-4
  • 営業時間:11:30~14:30 17:00~23:00
  • 定休日:不定休
  • 電話:080-5795-3104

DINING MUSIC BAR ALISON(アリソン)

九大学研都市駅前に、今宿の人気カフェレストランPUKA PUKA KITCHEN(プカプカキッチン)の2号店になるダイニングバーがオープンしました。会社帰りにでも気軽に立ち寄れる空間が人気で、オープン間もないですが連日多くの客でにぎわっています。PUKA PUKA KITCHENに行かれた方はご存知かと思いますが、あの糸島ののんびりとした空間にマッチした南国風のゆっくりとくつろげる空間を提供してくれていますが、今回のALISONは、洗練された大人の空間に仕上がっています。コンクリートむき出しの壁にギターやこだわりのアルバムジャケットがディスプレイされ、まさに大人の隠れ家のような雰囲気を醸し出しています。

オープン間もないですが、連日多くの客で席は埋まっています。驚きなのが、洗練された大人のBarなのですが、小学生くらいの子どもがいる家族連れが多いこと。それもそのはず、ここではアルコールだけでなく、PUKA PUKA KITCHEN仕込みの本格的なレストランメニューもいただくことができるのです。もちろん人気メニューの「オムレツライス」から「プカプカチキン」まで、プカプカキッチンでしか味わうことのできない逸品もここではいただくことができます。

人口が急増する九大学研都市。まだまだオシャレなBARが少ない地域に本当にありがたい店舗がオープンしました。九大学研都市の近所の方や仕事で来られた方も、駅すぐ近くにありますので、一度行かれてみてはいかがでしょうか。

DINING MUSIC BAR ALISON(アリソン)店舗情報

  • 場所:福岡市西区北原1-7-8
  • 営業時間:日~金17:00~翌1:00 土18:00~翌2:00
  • 定休日:不定休
  • 電話:080-8374-6574

futaba(フタバ)

できてすぐの格別な味や香りをみなさまに味わっていただきたいという想いから、新鮮で旬な材料を使い「出来立て、作り立て」を心がけている伊都のケーキ屋futaba(フタバ)さん。ほやほやの伊都のケーキ屋です。

季節にあったタルト・ケーキが満載!
季節のイベントにあったタルトやケーキが期間限定であるのも、futaba(フタバ)のうれしいところ。たとえば、秋冬の時期には、フランス産マロンクリームと国産マロンペーストの中に、カリッと甘い栗の甘露煮が入った秋冬限定「モンブラン」が登場します。ハロウィンでは、ハロウィン限定「パンプキンタルト」を販売するほか、「トリック オア トリート」の合言葉でくじ引きができるイベントも開催したりといついっても、何かたのしめます。いちごのタルトが一押しのfutaba(フタバ)。そのいちごのタルトは、地元九州産のとれたてのいちごとカスタードクリームたっぷりのサクサク食感はたまりません。またこの時期しか味わえない旬の味ですね。定番の焼きドーナツは、毎回futaba(フタバ)を訪れるたびに買っちゃいます。こだわり抜かれた一級品です。食感、風味、口どけなどバランスを考え選び抜いた食材となっています。その食沿いは、少しの配合で味がガラッと変わってしまうため、計量も厳密に計り、常に気を配ってるとのこと。

futaba(フタバ)のこだわり?
勝手に、こだわっているんじゃないかなあということで、気づいた点を書いちゃいます。

1.店内のスペースを広い!お子様連れやベビーカーでも安心です!
2.厨房が見える!店内は厨房がガラス張りになっているので、お菓子作りの様子も見ることができます!
3.オリジナルのたった一つの特注!こんなケーキを作ってほしい、こんな感じは無理だろうか?というそんな声にできるだけ答えてくれます。

futaba(フタバ)の店舗情報

  • 福岡市西区西都1-3-25
  • 営業時間 :11:00~21:00日曜営業
  • 定休日:水曜日(祝日の場合は、翌木曜日)

V’s FORT CAFE(ヴィーズフォートカフェ)

vs2
福岡市西区今宿で人気のカフェをご紹介します。お店の名前は「V’s FORT CAFE(ヴィーズフォートカフェ)」。カフェのクオリティが高い今宿地区の中でも、かなり人気があるカフェになります。少し目立たない場所にありますので、通りがかりの人が入るカフェというより、地元の人々に愛されているカフェという感じです。カフェの周りは、九大学研都市の開発とはあまり関係のない、少しさびれた場所にありますが、その中で「V’s FORT CAFE(ヴィーズフォートカフェ)」は外観がおしゃれなので一目でわかります。大きな窓が特徴ですね。店内も開放的でとても明るいです。

人気の週替わりランチ
V’s FORT CAFE(ヴィーズフォートカフェ)で人気なのが週替わりランチ。週ごとに工夫を凝らしたシェフ自慢の一品が提供されます。中でも絶品だったのが、ふわっふわのオムライス。卵は絶妙な半熟で、ソースはケチャップやデミソースでもないピーナッツクリームソースやバジルソースだったりします。あまりにもおいしいのでもう少しボリュームがほしいですね。あっという間に完食しちゃいます。週替わりランチには、メイン料理の他に、サラダとドリンク、デザートまでついて980円とお得です。毎週どんなランチが提供されるのか楽しみにしながら通っています。

ローストビーフ丼も人気
期間限定で始まったローストビーフ丼も非常に人気があるようです。まだ食べたことはありませんが、お肉も柔らかいし、ソースが白いご飯によく合うようで、ペロリと完食する人が多数。リピーターが多く、今後も人気のローストビーフ丼になりそうです。車で大通りを通っただけではわかりにくいですが、一度訪れたら好きになること間違いなしのカフェです。一度ランチを食べにいきませんか。

ヴィーズフォートカフェの店舗情報

  • 場所:福岡市西区今宿青木463-2
  • 営業時間:9:00〜18:00 金土は9:00〜21:00
  • 定休日:毎週火曜日と毎月第3月曜日
  • 駐車場:有り
  • その他:ペット可
  • 電話:092-980-5475

いきまつバーガー

福岡市西区生の松原に貨物コンテナを改良してつくられた“いきまつバーガー”があります。国道から下山門団地側に入った住宅街で営業されている小さな店舗です。メニューはハンバーガーとポテトのみのシンプルさ。近くを通ると、お肉の香ばしい香りが漂ってきます。車で通りがかって気になったので、さっそっく注文。気さくな店主が笑顔で注文を取ってくれます。基本のハンバーガーにチーズ、エッグ、トマトレタス、ベーコンをプラスした「いきまつバーガー全乗せ」をオーダー。出来上がりはかなりのボリュームなのにこの値段。感覚的にマクドナルドと同じような価格設定。ハンバーガーのバンズもパテも全て、注文を受けてから焼き上げられますので少々時間がかかりますが、待つ間もハンバーガーの香ばしい匂いがあたりに立ち込めてお腹が刺激されます。

待つこと約10分。「いきまつバーガー全乗せ」が出来上がりました。袋の外からでもわかるボリューム。これで630円とはお得です。炭焼きで焼かれているようで、余分な脂が落ちてヘルシーなパテに仕上がっています。少しつぶして、顎が外れそうなくらい大きな口を開けてがぶりっ!バンズがサクッと仕上がって心地よい食感。肉汁がじわっと口の中に広がりチーズとの相性も抜群。ソースもパンチが効いた味に仕上がっていてかなり野性的な味に仕上がっています。この値段で、この味は文句のつけようがないです。

近くには壱岐神社や生の松原、元寇防塁後などの観光名所も点在していますので、下山門駅まで電車で来て、あたりを散策ついでにバーガーをいただくのもいいかもしれませんね。

いきまつバーガーの詳細情報

  • 場所:福岡市西区生の松原2-6-12
  • 営業時間:11:30~18:30
  • 定休日:不定休
  • 座席数:2席
  • 駐車場:1台
  • 電話:092-834-8881

知るカフェ

出典:shirucafe


関西、関東、インドを中心に展開するエンリッション社の『知るカフェ』が、九州初上陸となる『九州大学前店』をオープンします。学生はドリンクが無料になるほか、電源、Wi-Fiも無料で使い放題になります。知るカフェとは学生が気軽に利用できる空間を提供し、学生と企業の交流を促すカフェになります。ビジネスモデルがユニークで、学生には気軽にいつでもカフェを使える状態、つまり、無料でドリンクや設備を使えるようにし、運営費は企業からのスポンサー料で賄うといったビジネスモデルです。スポンサー契約した企業は、年間で1店舗当たり120万円のスポンサー料を払います。スポンサー契約した企業は、カフェをイベントや告知の場として自由に活用できるほか、パンフレットや企業のロゴなど、企業広告を自由にカフェ内に掲載することができます。また、知るカフェに来店した学生と自由に交流できるのもスポンサーの特権になります。関西や関東で話題となっていますが、無料ということもあり、大学前に出店したカフェの登数は、その大学の全学生の半数ほどに登る店舗もあるようです。今回九大前にオープンしますが、ただでさえ、カフェが少ない九州大学伊都キャンパス周辺。生徒たちの動向が早くも気になります。

『知るカフェ』ローカルに合ったサービスを展開
知るカフェのもう一つの特徴は、ローカルに合ったサービス内容の提供です。大学ごとに学生のイメージが違うように、学生が欲しているサービスにも違いが見られます。例えば、慶応大学前に出店している慶応店には、トイレに必ずマウスウォッシュが置いてあります。学生自らの提案で、「慶応生にはマウスウォッシュが要る」というニーズを学生本人から聞き出して設置しているようです。大人目線ではなく、学生がカフェの運営に大きく関与できる仕組みもこれからの時代のニーズにマッチしているのではないかと考えます。九州大学前店ではどんな特徴があらわれるのか今から楽しみですね。

『知るカフェ』利用の仕方
大学生はドリンクが一杯無料の他、電源とWi-Fiも使い放題の大学生にとってまさに夢のようなカフェですが、使い方をご紹介します。

学生証の提示が必要
利用にあたっては、学生証の提示が必要になります。カフェに入り席につくとスタッフがオーダーをとりに来ます。その際に学生証の提示を求められますので、学生証を持参のうえ来店するようにしましょう。九州大学前にオープンしますが、他の大学の学生証でも利用できますので、九大生だけでなくとも大学生なら無料で利用できます。

学生は実際どんなふうに利用しているの?
他の店舗の利用状況を調べてみると、待ち合わせの場所として利用するのはもちろんのこと、勉強する場所として利用している学生もいれば、論文を書き上げる学生もいるし、プレゼンの打合せをする学生もいます。また、スポンサー企業のセミナーなども頻繁に開催されますので、就職活動に入る学生にとっても情報収集の場としても利用できます。巷のカフェでは、勉強禁止のカフェもあるようですが、ここは学生にとって天国のようなカフェになりそうですね。

他の店舗の混雑状況は?
大学の授業時間によって大きく異なるようです。曜日によっても混雑状況が異なりますので、伊都キャンパスの独自のヒトの流れに注目し、少ない時間帯、混む時間帯を把握してください。店舗にもよりますが、満席で座れなかった場合は、スタッフさんから「SORRY券」という「次回おかわり一杯無料券」を貰えるそうです。人が多いからとあきらめるのではなく、混雑していても行ってみるものですね。

知るカフェの詳細情報

  • 店舗名:知るカフェ九州大学前店
  • 場所:福岡市西区元浜1丁目29番地4 N.55九州大学
  • 座席数:46席(予定)
  • 営業時間:営業時間は11時~21時(予想)
  • 定休日:土曜・日曜(予想)
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
九大学研都市周辺のおすすめの飲食店11選!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る