2019年度センター試験!大手予備校の予想平均点を比較

シェアする

スポンサーリンク

センター試験後に発表された大手予備校の平均点。今回は各予備校の予想平均点を比較してみました。ベネッセ・駿台の「データネット2019」、河合塾、東進3つの予想平均点を掲載しています。

大手予備校の2019年センター試験予想平均点

教科 科目 ベネッセ
駿台
河合塾 東進 予備校平均 2018平均
国語 国語 115 127 118 120.00 104.68
数学 数学Ⅰ・A 61 60 61 60.67 61.91
数学Ⅱ・B 51 57 52 53.33 51.07
外国語 英語筆記 121 119 123 121.00 123.75
リスニング 30 31 30 30.33 22.67
地理歴史 世界史B 66 61 66 64.33 67.79
日本史B 64 65 64 64.33 62.19
地理B 64 61 63 62.67 67.99
公民 倫理 67 60 62 63.00 67.78
政治経済 57 58 56 57.00 56.39
現代社会 57 56 57 56.67 58.22
倫理・政経 67 65 65 65.67 73.08
理科 物理基礎 31 27 31 29.67 31.32
化学基礎 31 33 31 31.67 30.42
生物基礎 32 32 29 31.00 35.62
地学基礎 31 27 32 30.00 34.13
物理 59 58 59 58.67 62.42
化学 53 52 56 53.67 60.57
生物 60 69 60 63.00 61.36
地学 49 50 50 49.67 48.58
総合 文系5-7 563 573 570 568.67 554
理系5-7 571 576 565 570.67 564

大きく差がついたのは、各予備校が「易化」と予想した国語の点数です。ベネッセ・駿台の115点と河合塾の127点で12点もの予想差がついています。

総合点を見てみると、文系・理系ともに前年よりも10点ほど上昇しています。上手く得点できた生徒は二次試験にアドバンテージを活かせますね。うまく得点を伸ばせなかった生徒も二次逆転を目指し、最後まで頑張ってください。
参考国公立大学2次試験で逆転するには?されないためには?

スポンサーリンク

平均点の中間発表は1月23日

センター試験を運営する大学入試センターは、1月23日に中間発表を行い、平均点や受験者数を発表予定。本格的な2次試験先決定は水曜日からとなるでしょう。

得点調整は、原則として各科目間で20点以上の平均点差が生じた場合に行われますので、もしかすると調整に引っかかりそうなのは理系の地学ぐらいではないでしょうか。得点調整の実施の有無が発表された後、平均点や受験者数の確定数は2月7日に最終発表予定となっています。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2019年度センター試験!大手予備校の予想平均点を比較
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする