福岡市美術館リニューアルオープン!2019年3月21日記念展も開催

シェアする

スポンサーリンク

大濠公園に隣接する福岡市美術館。改修のため平成28年9月から2年以上にわたり休館していましたが、改修工事も終わり、いよいよリニューアルオープンします。待ちに待った福岡市美術館が新しくなってやってきます。

福岡市美術館リニューアルオープン

福岡市美術館

施設の老朽化による改修工事が進められていた福岡市美術館が、2019年3月21日(木祝)にリニューアルオープンします。現在、改修工事は完了し、事務所の移転や美術品の搬入作業が続いています。

約2年もの長い期間休館になっていたため、新しくなった美術館を待ちわびている方も多いのではないでしょうか。リニューアルオープン日の2019年3月21日(木祝)からは、記念展も開催されます。1979年の開館以来、最大規模の特別企画ということもあり、福岡市美術館が渾身の力を入れた展示がなされます。

新しいロゴ・シンボルマークも決定し、再出発を切った福岡市美術館に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

リニューアルオープン記念展開催

これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレMBE:Flower Power

  • 会期:2019年3月21日(木・祝)~5月26日(日)
  • 時間:9:30~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日:毎週月曜日
  • 観覧料:一般1,500円、シルバー1,000円、高大生1,000円
    ※中学生以下無料

リニューアルオープンに伴う記念展は豪華2本立てとなっています。

これがわたしたちのコレクション

福岡市美術館が40年以上にわたり収集してきた約16,000点のコレクションの中からダリ、ミロ、ウォーホルなど、当館のスター作品をはじめ代表的な作品を一堂に紹介します。

シュルレアリスムからポップアートまで、前衛的な試みに彩られた国内屈指の20世紀美術コレクションに加え、黒田家伝来の至宝、電力王・松永安佐エ門による重要文化財に指定されている茶道具の数々など、近現代美術・古美術ともに人気の高い主要コレクション約250点が展示されます。

インカ・ショニバレMBE:Flower Power

英国を拠点に国際的に活躍する美術家インカ・ショニバレMBEの国内初個展が開催されます。

アフリカにルーツを持つショニバレは、鮮やかな色と奇抜な柄が特徴的な「アフリカンプリント」とも呼ばれる布を作品に用いることで知られています。アジア、アフリカとヨーロッパの複雑な関係のなかで生まれ、現在も人々に愛されているこの布を使うことで、グローバル時代の世界の繋がりや多様性について表現します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市美術館リニューアルオープン!2019年3月21日記念展も開催
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る