福岡で魚といえば「道の駅むなかた」第1回鮮魚まつり開催中

シェアする

スポンサーリンク

福岡は食に恵まれた県で、新鮮な海の幸・山の幸が手に入りやすい県です。中でも、海の幸といえば宗像を連想される方は多いのではないでしょうか。今日は、道の駅むなかたで開催されている「鮮魚まつり」をご紹介します。

道の駅むなかた「第1回鮮魚まつり」

道の駅むなかた「第1回鮮魚まつり」

宗像では、毎年5月になると「ごち網漁」が解禁されます。ごち(吾智)とは、楕円形の一枚の網で、それを一そうの漁船で引き上げ、魚を捕る漁法が「ごち網漁」になります。潮の流れや魚の習性、漁場などを知り尽くした宗像のベテラン漁師ならではの漁法です。

ごち漁の解禁に合わせて、真鯛やあなご、マダコ、アマダイ、イサキ、ヤリイカ、カワハギ、オコゼ、マアジなどなど多くの魚が店頭に並ぶようになります。そんなこの時期に、道の駅むなかたで『第1回鮮魚まつり』が開催されます。

商品券のプレゼントや、アンケートに答えると抽選で道の駅特産品セットが当たる企画なども準備されていますので、是非この時期に「道の駅むなかた」を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

「第1回鮮魚まつり」詳細情報

  • 開催期間:2019年6月1日(土)~30(日)
  • 時間:8:30~17:00
  • 休館日:第4月曜
  • 場所:道の駅むなかた(福岡県宗像市江口1172)
  • 問い合わせ:0940-62-2715

まだまだある!宗像の魅力

宗像には、世界遺産に登録された宗像大社を始め、魅力あふれる観光名所があります。宗像によられた際に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

参考世界遺産の宗像大社とは?交通安全にご利益

参考【宗像】八所宮 福岡の緑のパワースポット神秘的な世界へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡で魚といえば「道の駅むなかた」第1回鮮魚まつり開催中
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る