福岡の観光スポットおすすめ一覧

シェアする

福岡の定番の観光スポット一覧です。春夏秋冬と季節に限らず1年を通して、楽しむことができる福岡。そんな魅力的な福岡の観光スポットのご紹介です。からだを動かしたり、福岡市内を展望したり、それぞれのプランに合わせて楽しんで見てみてください。

福岡の定番の有名観光スポット

fukuu

夫婦岩

スポンサーリンク

太宰府天満宮

太宰府天満宮の牛の像

太宰府天満宮の牛の像

太宰府天満宮といえば梅。神紋に梅が使われていることから判るように、太宰府天満宮と梅は密接な関係があります。参道にも「梅ヶ枝餅」が売られていますよね。境内にも、約200種類、約6,000本もの梅が植えられています。白梅や紅梅をはじめ、さまざまな種類の梅を楽しめる福岡県でも有数の梅スポットです。

  • 所在地:福岡県太宰府市宰府4丁目7−1
  • アクセス:西鉄太宰府駅から徒歩で5分

福岡城跡

福岡城跡からの夜景
福岡城跡は、現在、舞鶴公園の一角にあり、築かれたのは江戸時代で、初代藩主黒田長政が築城。舞鶴城ともよばれています。現在は、国の史跡にも指定されています。隣接する大濠公園とともに桜の名所、紅葉の名所として、またジョギングコースや市民の憩いの場として多くの人に訪れられています。福岡のランドマークの1つです。

  • 所在地:福岡県福岡市中央区城内
  • 詳細福岡城跡

大濠公園

中の島イルミネーション

中の島イルミネーション

昭和4年県営大濠公園として開園され以降、大濠公園は福岡市のほぼ中央に位置するころから、福岡市民の代表する憩いの場であります。日ごろから多くの観光客やジョギングをされる人でにぎわう全国有数の水景公園です。周遊道、野鳥の森、児童遊園、能楽堂、日本庭園、および4つの橋で結ばれた中の島など散策スポットが満載です。

  • 所在地:福岡県福岡市中央区大濠公園1
  • 詳細大濠公園

海の中道海浜公園

海の中道キャンドルナイト6

海の中道キャンドルナイト6

海の中道海浜公園では、広大な敷地のところどころにソメイヨシノやオオシマザクラなど約1600本もの桜が植えられおり、福岡の桜スポットとしてもおすすめできます。まだ、おあまり知られてないのかゆっくりとお花見を楽しむことができるのもいいですね。特筆すべきは、サイクリング。サイクリングコース沿いには多くの桜があり、桜のトンネルをくぐりながら走るサイクリングは、心地ちよすぎます。

  • 所在地:福岡県福岡市東区大字西戸崎18−25
  • アクセス:JR香椎線「海ノ中道駅」下車、すぐ
  • 駐車場:約3,100台

櫛田神社

櫛田神社

櫛田神社

「お櫛田さん」として、地元の博多の商人に愛されてきた神社です。「博多祇園山笠」などの祭事で知られる福岡市民で知らない人はいないといった神社です。ご利益は縁結び、夫婦円満、不老長寿などで、特に縁結びの神様として有名で、商売につながるいいご縁がありますようにと参拝される方が多いのも特徴です

門司港レトロ展望室

門司港レトロ展望室
門司港レトロ展望室は、日本を代表する建築家・黒川紀章氏が設計した高層マンション『レトロハイマート』の31階にあります。この展望室から見る四季折々の景色は格別でその一瞬の時のパノラマは見る者を魅了します。高さ103mから関門海峡や眼下の門司港レトロの街並みも見渡せる絶景のポイントです。カフェも設置してありテーブルやカウンターでゆっくりとお茶を飲みながらくつろぐ事もできます。

福岡タワー

福岡タワー イルミネーション

福岡タワー イルミネーション

福岡タワーは、よかとピア(アジア太平洋博覧会)の開催に合わせて、1989年に福岡市早良区のシーサイドももち地区に建設された電波塔で、2019年に開業30年を迎えます。近年は、訪福外国人が増加し、福岡タワーに求められるものも変化してきています。施設の老朽化も目立ち、開業以来初の大幅なリニューアル工事が行われます。今後も福岡の魅力を発信する観光拠点として、福岡市民の皆様から国内外のお客様まで幅広い世代に楽しんで頂ける施設へと生まれ変わります

シーサイドももち海浜公園

シーサイドももち

シーサイドももち

福岡タワーの目の前、シーサイドももち海浜公園のメインゲート「中央プラザ」があります。球体、ピラミッド、壁泉など、いろんな種類の噴水で水遊びも楽しめるようになっており、観光客や家族連れの写真撮影のスポットとなっています。そのほかにも、なぎさ橋、全長約40メートルの大型パーゴラ、小高い丘の上にある「あずまや」など散策スポットが多数あります。

小倉城

小倉城と紅葉
小倉城は、1602年に関ヶ原の戦いで勝利した細川忠興によって造られました。その後、1837年に焼失しましたが、1959年(昭和34年)に建てかえられ現在に至っています。この小倉城とその周辺の勝山公園は紅葉の名所となっており、毎年11月になるとイチョウやハゼノキ、ケヤキが色付き始めます。見頃は例年11月下旬となっています。

門司港レトロ地区

ブルーウィングもじ
門司港レトロ地区には、全国で最大級の歩行者専用のはね橋があります。「恋人の聖地」に認定されておりカップルで渡ると幸せになれると言われています。 関門海峡、関門大橋を見渡せる場所に架かっており、大人気スポットの1つです。

皿倉山

皿倉山

皿倉山

新日本三大夜景に選ばれるほどの夜景の美しさを持っている皿倉山は、北九州を代表する夜景スポットです。山頂にはきれいな展望台が整備されており、一年を通して夜景を堪能することができるようになっています。特におすすめの季節が冬です。冬は街のイルミネーションも多くなり、空気も澄んでいるため、最高の夜景を観賞できます。山頂展望台からは、若戸大橋など洞海湾一帯から関門海峡、そして小倉のまちの光を大パノラマで観賞できる九州最高峰の夜景スポットになっています。

舞鶴公園

舞鶴公園の桜2

撮影:島村祐汰

中央区の舞鶴公園で3月下旬~4月最初まで、「福岡城さくらまつり」が開催されます。舞鶴公園は福岡市屈指の桜の名所で、全国では6位、福岡県内では1位の非常に人気があるお花見スポットです。今年は夜のライトアップもあり、ダイナミックな演出や、音響効果を使った演出により、夜桜の魅力がさらにアップしています。

秋月城跡

秋月城跡黒門

秋月城跡黒門

福岡には、紅葉スポットも数多くあります。太宰府に、雷山に、油山。それから、糸島、福津とドライスポットや観光スポットがそのまま紅葉スポットとなっているところも少なくありません。そんな中、今回の朝倉市秋月は、名前に「秋」が入っていることからもわかるように、紅葉の名所と知られています。(桜の名所もあります。)

宮地嶽神社

宮地嶽神社夕日

宮地嶽神社夕日

宮地嶽神社といえば、、地元の方の節目の参拝、巨大しめ縄で親しまれてきました。光の道は、山の上の神社から海へと一直線に続く参道と、夕日が一直線に並び神秘的な「光の道」が完成されます。
関連宮地嶽神社「光の道が見える時期と観覧・駐車場混雑状況」

福間海岸

福間海岸の夕日

福間海岸の夕日

ウィンドサーフィン、ボディボード等のマリンスポーツが盛んであり、福岡県や宗像地方でも屈指のスポットとなっており、「九州の湘南」と呼ばれている福間海岸です。福間海岸から相島を見た玄界灘の海と夕日のコラボレーションが絶景です。
確認福津ドライブデートでおすすめのスポット

夫婦岩(二見ヶ浦)

糸島夫婦岩

糸島夫婦岩

オシャレなカフェが立ち並ぶ糸島の人気スポットです。波がいいのでサーファーの上級者がよく訪れるサーフィンスポットでもあります。夫婦岩の周辺には、岩場や砂場がありますのでここでも浜遊びを楽しめます。日本の夕陽百選にも選ばれた美しい夕陽も最高です。サンセットロードの中でも、桜井二見ヶ浦の夫婦岩の夕日が格別ですね。何度でも行きたいくなる場所ですね。

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多

福岡のランドマークの1つで、複合商業施設のキャナルシティ博多。キャナルシティ・オーパビルが中央部に位置し、それを扇状に拡げる形でシアタービル、福岡ワシントンホテルビル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビル、オーパビルの対向にグランドハイアット福岡ビルからなります。その中央では、プロジェクションマッピングやイルミネーションなどで観客を魅了してくれています。

志賀島

福岡市東区「海の中道」を通過し、さらに西戸崎の奥の志賀島橋を超えると、「志賀島(しかのしま)」があります。島といっても、橋でつながっている陸続きの島になります。距離的にも福岡市中心部から車で約30分と、人気のドライブコースになっています。
関連【福岡・東区】志賀島ぐるり一周ドライブ旅!

油山片江展望台

油山片江展望台

油山片江展望台

福岡市で最も名の知れた夜景スポットでもありますが、夕日もきれいです。天神から15分程度とアクセスが良く、福岡市内を一望できるため、多くの人が訪れて、その展望を満喫しています。

宗像八所宮

宗像八所宮
福岡県宗像市にある「八所宮」という神社です。この場所は樹齢数百年のイチイ樫など、古くからの原生林が生い茂るスポットで、福岡県が指定する天然記念物にもなっています。背丈の高い木々が参道を取り囲み、崇高な緑のアーチを形作っています。自然の空気をいっぱいに吸って、英気を養うのもいいですね。リフレッシュに、ちょっとしたドライブに最適です。

この「八所宮」ですが、日本神話に登場するイザナギ・イザナミなど4夫婦8神を祀っている神社で、天照大神以前の神々を祭る歴史が古い神社です。「願掛けの神様」としても、有名な神社で、古くは多くの武将から今では漁師さんが航海の安全と大漁を祈願しに訪れているようです。

祀られ始めたのは674年で、初代天皇の神武天皇が東征した時、赤馬に乗り皇軍を先導された八所の神様を祀っている神社だそうです。地名もこの話からとられた地名で宗像市赤間。赤い馬が赤間に転じて現在の地名になっているようです。現在も赤間の地の守り神として地元民の熱い信仰を受けています。

境内には、万病治癒・厄災解除のご利益がある「現人神社」があり、病気が治癒したという多くの逸話が残されています。福岡出身の実業家「出光佐三」も、ここで願掛けをし失明の危機を乗り越えたといエピソードも残されています。

東平尾公園

駐車場もあり、ドライブがてらにも最高な場所です。メインの桜は、約1,600本あります。また、アクシオン福岡に隣接する冒険の森には、アスレチックなどの遊具も設置されており、大人から子どもまで一日楽しめます。さらに、ゆっくりと歩きながら春を楽しむにはもってこいです!

福岡市科学館

六本松421①

六本松421①

2017年10月に、大迫力の映像と音響のドームシアター、最新テクノロジーを駆使した福岡オリジナル展示、毎日楽しめるサイエンスショーなど魅力的な仕掛け満載の科学空間が六本松に誕生しました。今や、福岡の新しい名所となりました。ドームシアター、基本展示室、クリエイティブラボ、オープンラボ、サイエンスホールなどわくわく心躍るスペースが満載で、大人も楽しめます。特に、プラネタリウムは、九州最大級で注目です。

もーもーらんど

もーもーらんど景色
乳しぼりや乗馬体験ができたり、チーズ、バター、牛乳、オリジナルソフトクリームなどグルメもあったり、家族連れでもカップルでも楽しめるレジャーランドになっています。季節に合わせたイベントも1年を通しておこなわれており、リピーターに飽きさせない工夫もされています。周辺にも、油山市民の森、花畑園芸公園、桧原運動公園があるので合わせて立ち寄りたいスポットです。

  • 場所:福岡市南区柏原710-2
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休園日:毎週水曜日(水曜日が休日のときにはその翌日)
  • 入園料:無料
  • 駐車料金:普通車300円
  • 電話:092-865-7020
  • 詳細もーもーらんど

のこのしまアイランドパーク

のこのしまアイランドパーク菜の花
福岡市姪浜から市営渡船で約10分で到着する博多湾に浮かぶ能古島です。自然の中に多くのレクリエーション施設がある福岡市民の憩いの場です。九州のアイランドパークではじめて外国人が、日本の役所に婚姻届を提出できるリーガルウェディングが実施され話題。季節に毎に応じて色鮮やかな花、そしてスポーツ、ミニ動物園など楽しめるスポットが満載。

  • 所在地: 〒819-0012 福岡県福岡市西区能古島
  • 時間: 平日(月曜日~土曜日)9:00~17:30・日曜日・祝日9:00~18:30(冬季は平日と同じ時間)
  • 定休日 年中無休
  • 電話: 092-881-2494
  • 詳細のこのしまアイランドパーク

香椎宮

香椎宮

香椎宮

国の重要文化財に指定されている神社で、福岡のターミナル博多駅からもアクセスしやすい神社。周辺には武内宿禰ゆかりの不老水や、神功皇后ゆかりの綾杉の大木などがあります。ハイライトは、秋の大祭には流鏑馬や6月の香椎宮楼門前の菖蒲池に約5千本の花鑑賞。

  • 〒813-0011:福岡市東区香椎4-16-1
  • TEL:092-681-1001
  • 無料駐車場:最大200台
  • 詳細香椎宮

篠栗九大の森

九大の森ラクウショウ
篠栗町と九州大学が共同で整備・管理を行っているのが篠栗九大の森です。昨今は、インスタ映えするということから観光スポットの1つにもなっています。約50種の常緑広葉樹と約40種の落葉広葉樹が生育しています。約2キロの遊歩道の「自然を体感できる森」がハイライトです。幻想的な自然と小動物の営みを感じましょう。

  • 場所:福岡県糟屋郡篠栗町和田1009
  • 時間:4月~9月は6:00~17:00 10月~3月は7:00~17:00
  • 定休日;年末年始は休園
  • 駐車場:南口・北口の2か所あり(約30台ほど)
  • 詳細篠栗九大の森

南蔵院

釈迦涅槃像
福岡県の中でも随一のパワースポットである南蔵院。その南蔵院は、篠栗四国霊場の総本寺で、高野山真言宗の別格本山でもあります。ハイライトは、2つ。1つは、ブロンズ製では世界一の大きさを誇る釈迦涅槃像で、必見です。もう一つは、奥には修行の場となる落差7mの不動の滝です。多くの観光客、参拝客で、にぎわっています。

  • 場所:福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗1035
  • 時間: 9:00~17:00
  • 料金:無料(涅槃蔵体内参拝500円)
  • 電話番号:092-947-7195
  • 駐車場:130台(有料500円)
  • 詳細南蔵院
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の観光スポットおすすめ一覧
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る