平尾台の三大イベントまとめ(ドライブで行く北九州の観光スポット)

シェアする

スポンサーリンク

日本三大カルストのひとつ、北九州市小倉南区にある平尾台の三大イベントをまとめています。

平尾台三大イベントとは、

  • 野焼き
  • なつはなび
  • ふゆはなび

です。福岡市内からのドライブコースとしても最適で、一度は足を運んでみたいイベントです。

平尾台野焼き

毎年恒例の野焼きが行われます。約340haの広大な野焼き風景を見学することができます。
平尾台1

早春になると、平尾台(北九州市小倉南区新道寺)周辺で、毎年恒例の野焼きが行われます。平尾台は、日本を代表するカルストで、天然記念物・国定公園・県立自然公園の指定を受ける貴重な福岡の自然環境です。

毎年、2月下旬に広大な平尾台の野焼きが始まります。野焼きは午前と午後の2部制で行われ、約340haを一日がかりで野焼きを行います。野焼きの目的は景観維持や害虫駆除、林野火災の防止となっていますが、野焼き風景自体が圧巻で、多くの見物客が訪れます。

野焼きに伴い、県道28号線(直方行橋線)の一部が通行止めになりますので、訪れる際には下の地図を確認し、野焼きの邪魔にならないように気を付けてください。

平尾台野焼き実施範囲

スポンサーリンク

平尾台の野焼きおすすめの鑑賞スポット

平尾台の野焼き

平尾台の野焼きの一番の鑑賞スポットは、なんといっても「茶ヶ床園地」です。午前の部の野焼きエリアのちょうどおへそ部分に位置し、周囲一面が炎に包まれます。広大な平尾台が一気に焼かれる様子は圧巻です。

茶ヶ床園地での観覧については、事前に申込みが必要ですので、市のホームページや平尾台自然の郷ホームページで申し込み条件を確認してください。

茶ヶ床園地の次におすすめなのが「平尾台自然の郷」です。おなじみ、平尾台の観光施設で、野焼き実施日当日も無料で自由に見学ができます。

観覧に関するお問い合わせは、平尾台自然の郷(電話:093-452-2715)で確認してみてください。くれぐれも路上に駐車しての見学は行わないようにしてください。

2019年の平尾台の野焼き情報

2019年も2月下旬に野焼きが行われます。

  • 実施日:2019年2月24日(日)
  • 時間:10:00~16:00 ※天候や状況で変わることがあります。
  • 実施場所:平尾台周辺(小倉南区大字新道寺 他)

荒天時には、3月2日(土)、3月3日(日)、3月9日(土)のいずれかに延期されます。

北九州市小倉南区の「平尾台自然の郷」で毎年行われている花火大会『平尾台観光祭なつはなび』が今年も開催されます。この花火大会の魅力は、打ち上げ花火はもちろんのこと、みんなが持ち寄った花火で、思い思いに花火を楽しめる「玩具煙火大会」があることです。打ち上げ数は少ないですが、自分だけの花火を楽しめるので、夏の思い出を作るのに最高の花火大会になります。

平尾台観光祭『なつはなび』

平尾台は星空を観賞するにもいいスポットで、運が良ければ花火と星空の競演が見られるかもしれません。ほかにも地元小学生やミュージシャンによる楽しいステージイベントや、地元住民による夜店も出されますので、夏祭り気分を存分に味わうこともできます。打ち上げ花火と持ち寄りの花火での両方で楽しめる!

平尾台観光祭『なつはなび』打ち上げ場所

  • 場所:福岡県北九州市小倉南区平尾台ヴィレッジゾーン
  • 打ち上げ数:820発
  • 人出:6,000人

平尾台ふゆなはび2019

冬は空気が澄んでいるせいか、冬の花火は夏とは一味違う見どころがあります。2019年2月10日(日)に北九州市小倉南区の平尾台自然の郷で、「第11回平尾台ふゆはなび」が開催されます。

「平尾台ふゆはなび」は、今年で11回目の開催になります。季節外れの花火と会って人気が高く、周辺道路がかなり混雑します。この花火大会は、バレンタインデーに合わせて行われており、毎年多くのカップルや家族連れでにぎわいます。

音楽と花火・レーザー光と合わさった花火が冬の夜空を彩り、二人のムードも最高潮へ。そんな幸せなひと時を演出してくれる、平尾台の冬の風物詩となっています。

平尾台ふゆなはびの催し

花火の他にも、カップルや家族で楽しめる「ラブラブキャンドル作り」、おやじフレーバーズによる「ダンスパフォーマンス」や「ゴスペルライブ」などのイベントもあわせて楽しめます。石窯パンやキッチンカー等の屋台もあり、地元グルメも堪能できます。

平尾台ふゆはなびの開催時刻は17:00~となっていますが、今日の北九州市の天気は曇りです。明日月曜日の予報は雨となっていますが、何とか今日の夜までは天気が持ちそうです。まだまだ寒波の影響が残っています。また、インフルエンザも大流行中です。体を冷やさないように暖かくして行ってください。

平尾台ふゆなはび2019 詳細情報

  • 打ち上げ場所:平尾台 自然の郷(小倉南区平尾台1丁目1-1)
  • 開催日:2019年2月10日(日)
  • 開催時間:17:00~19:30
  • 駐車料金:普通300円 大型1,000円
  • 電話:093-452-2715(平尾台ふゆはなび実行委員会)
  • HP:www.hiraodai.jp/sato/

春になると気温も上昇し、山々が濃い緑に色付き始めます。ポカポカ陽気の日には登山や自然巡りをしたくなりませんか。今回は春のハイキングにお勧めの北九州市の「平尾台」をご紹介します。

平尾台までのドライブコース

平尾台1
福岡市で「草原」を検索すると上位に表示されるのが「平尾台」です。平尾台は、お隣山口県の秋吉台とならぶ日本有数のカルスト台地です。天然記念物・国定公園・県立自然公園に指定 されている貴重な大自然になります。

草原といえば熊本の阿蘇や、大分の由布院が頭に浮かびますが、この平尾台も広大な草原が広がる緑のスポットです。福岡県民でありながら平尾台に来るのは初めてでしたので、とりあえず今回は「大平山」をハイキングしてみることにしました。

平尾台「大平山」

平尾台2
平尾台へ福岡市から行くには、九州自動車道を北九州方面へ向かい、小倉南インターで高速を降り、田川方面に車を走らせます。早速、目の前に登場するのが石灰岩質の削られた岩肌。そこに向かって車を走らせると、平尾台入口が現れます。

ここからは山道になりますが、結構狭い道ですので運転に注意してください。平尾台に到着すると、まず出迎えてくれる小高い山があります。それが大平山です。すぐ近くに無料の駐車場がありますので、そちらに車を停めてハイキングに向かいます。竹でできた杖も自由に使えるシステムになっています。

下から見上げると小高い山で、草原が気持ちよさそうに風にそよいでいます。時期的に4月中旬にお邪魔しましたので、まだ菜の花が咲いていました。風も少し肌寒いですので、一枚羽織れるものを準備することをお勧めします。

登り始めて10分。傾斜がかなり急になってきます。下から見るとそんなにきつそうではありませんでしたが、登ってみると奥行きがあることに気づきます。風はまだ少し冷たいのですが、登るにつれてジワリと汗がにじみ出てきます。

羊の群れのようなピナクル

平尾台5
登り始めて20分。顔を出し始めたのがピナクル。石灰岩が雨などで浸食されることで羊が群れを成しているようにあたりに密集して存在します。このピナクルの群れを羊群原(ようぐんばる)というようです。近くに寄ってみて触ってみると、真っ白な結晶がたくさん集まって一つのピナクルを形成しています。

このピナクルの谷を抜けると頂上に近づきます。このまま茶ヶ床園地まで尾根伝いに行けますが、今回は時間がなかったのでルートを変えて引き返すことにします。登りでは気づかなかった様々な植物に目が行くようになり、ここでしか見れない貴重な植物を発見することができました。

大平山をハイキングするだけでも平尾台の自然を十分に満喫できます。晴れた日に是非一度訪れてみてください。きっといい一日になることでしょう。

千仏鍾乳洞で洞窟探検

千仏鍾乳洞

平尾台の表の顔が雄大な石灰岩質の草原だとすると、裏の顔は多くの鍾乳洞ではないでしょうか。平尾台には石灰岩が浸食されてできた鍾乳洞が4つ存在します。

  • 千仏鍾乳洞(観光洞)
  • 目白洞(観光洞)
  • 牡鹿洞(観光洞)
  • 青龍窟

千仏鍾乳洞がこの中でも一番有名ですので、そちらの方に行ってみました。雄大な平尾台の地形の中を車で向かうこと5分。千仏鍾乳洞の入り口が見え始めます。駐車場に車を停めて鍾乳洞の入り口前向かうのですが、ここもかなりの急斜面。入口までたどり着くのも一苦労です。

鍾乳洞の入り口には食堂やお土産屋さんもあり、かなり観光地化されています。鍾乳洞に入る方は、ここで無料のサンダルに履き替えることになります。途中鍾乳洞の中を流れる川の中をあることになるからです。

鍾乳洞内の気温は一年を通じて気温が16℃、水温が14℃になっており、夏は涼しく、冬は暖かい環境です。途中まで照明が整備されており、安全に洞内に潜ることができます。入口から480mのところにある「奥の細道」からは水の中を ジャブジャブ歩くことになります。

探検気分が味わえるスポットで、子どもだけでなく大人も十分に楽しむことができます。特に夏に訪れると涼しいスポットではないでしょうか。この千仏鍾乳洞以外にも3つの鍾乳洞がありますので、是非皆さんチャレンジしてみてください。

「平尾台」詳細情報

平尾台には「平尾台自然の郷」という観光施設もあります。高原音楽堂や遊具、レストランやお土産店も整備されていますので、平尾台だけで十分に一日を満喫することができるようになっています。

  • 場所:平尾台自然の郷(北九州市小倉南区平尾台1-1-1)
  • 時間:9:00~17:00(12月~2月は10:00~16:00)
  • 休園日:毎週火曜日、年末年始
  • 入園料:無料
  • 駐車場:約1,100台(300円)
  • 電話:093-452-2715

まとめ

平尾台は九州を代表するカルスト台地です。日常のストレスで疲れたときなどに訪れると大自然に囲まれて自然のエネルギーをもらうことができるスポットです。観光客も結構多いですので、閑散とした寂しい感じもありません。今回は平尾台のほんの一部しか訪れることはできませんでしたが、この他にも魅力が満載です。是非ご家族そろって行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
平尾台の三大イベントまとめ(ドライブで行く北九州の観光スポット)
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る