太宰府・筑紫野市「宝満山(標高829.6m)」

シェアする

宝満山
福岡県太宰府市と筑紫野市にまたがる山で、御笠山や竈門山とも呼ばれています。標高は829.6mと高すぎず低すぎない初心者登山にもちょうどいい標高になっています。福岡市内からも、福岡市のベッドタウンである筑紫野、春日、大野城地区からも非常に近く、多くの登山客が訪れる登山スポットです。

人気のもう一つの理由は、山頂からの素晴らしい眺めにあるようです。宝満山山頂は木々に覆われているようなことはなく、広くて視界がひらけています。晴れた日には四方を遠くまで見渡すことができ、福岡市内や玄界灘、空気が澄んでいるときは雲仙岳まで見ることができます。

また、宝満山は古くから霊峰として崇められており、山頂には竈門神社の上宮が鎮座しています。山全体が花崗岩でできており、英彦山や脊振山と並ぶ修験道の霊峰でもあります。

宝満山の概要

宝満山山頂

  • 標高:829 m
  • 山系:筑紫山地
スポンサーリンク

宝満山の登山ルート

宝満山山頂を目指す登山ルートは全部で4ルートに分かれるようです。太宰府側の竈門神社から山頂を目指すルート、宇美町の昭和の森キャンプ場から山頂を目指すルート、筑紫野市側の 本導寺ルート、柚須原ルートの4つになります。

このうち、竈門神社ルートと昭和の森キャンプ場ルートが初心者向けの登山道になっています。筑紫野市側からの登山は、分岐が多かったり険しい道が続きますので上級者向けのルートになります。

  • 太宰府市 竈門神社ルート(初心者向け)
  • 宇美町 昭和の森キャンプ場ルート(初心者向け)
  • 筑紫野市 本導寺ルート
  • 筑紫野市 柚須原ルート

太宰府市 竈門神社ルート

こちらのルートは、宝満山登山の一番人気のルートです。竈門神社付近に有料(400円)の登山者専用駐車場がありますので、そちらに車を停めて竈門神社本殿横から登山口に入っていくことになります。

登山口からおよそ2時間ほどで山頂に到着します。途中の登山道もしっかりと整備されており、子どもと一緒に登っても大丈夫なルートです。遠足などで子どもたちが登山するくらいに整備されています。宝満山の登山口がある竈門神社までは、太宰府駅からコミュニティーバスで10分で着きます。

関連福岡のおすすめの登山スポット一覧

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
太宰府・筑紫野市「宝満山(標高829.6m)」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る