JR博多シティ拡張へ|博多地区でも大型再開発スタートヘ

シェアする

スポンサーリンク

JR博多シティ拡張へ|博多地区でも大型再開発スタートヘという記事です。天神ビッグバンへの取り組みが至るところで本格していますが、このたび、JR九州が、2019~21年度の中期経営計画に、JR博多シティ拡張を織り込む方針だそうです。

JR九州中長期計画の目玉 JR博多シティ拡張

福岡市の容積率緩和を活用し、現在の駅ビル南側の在来線ホームなどの上に、新たなビルを建設するとのこと。2019~21年度の中期経営計画に盛り込み、事業に着手するとのころ。博多駅周辺の活性化を促す、福岡市の新たなプロジェクト「博多コネクティッド」による容積率の緩和などを活用し、実現していくことになりそうです。
関連福岡市「天神ビッグバン」とは?|具体例と知っておきたいこと

スポンサーリンク

JR博多シティ

JR博多シティは、アミュプラザ博多で日本最大級のレストランゾーンくうてん・東急ハンズ・映画館・屋上庭園・文化施設を備えた博多駅の複合商業施設を展開しています。駅ビル型の商業施設としては国内最大規模を誇ります。207年度の売上高は1130億円と開業から6年連続で過去最高を更新し、入館者数も2年連続で最高記録を更新した。イルミネーションなどは、福岡市内の通勤・通学者・買い物客だけでなく、昨今は、海外の旅行者も多く訪れ、観光スポットの1つとしてもその名を確立しています。
確認【JR博多シティ】博多駅前広場クリスマスイルミネーション人気撮影スポットまとめ

拡張部分は、在来線ホームと線路上になりそうです。福岡市は老朽ビル建て替えを促すため、コネクティッドエリア内で容積率や高さ制限の緩和などを検討しており、JR九州はこの新プロジェクトを生かし、現状の駅ビルの高さがより高くしていくことになります。。

博多駅

博多駅は在来線、新幹線、地下鉄で1日約40万人が乗降する九州最大のターミナル駅。22年度の福岡市営地下鉄の七隈線延伸(天神南-博多)などを控え、今後も利用者の伸びが見込まれている。
確認【福岡市地下鉄】平成28年7月26日で開業35周年。平成32年には天神南~博多区間も開通!

博多駅周辺のスポット

以上が、JR博多シティ拡張へ|博多地区でも大型再開発スタートヘとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
JR博多シティ拡張へ|博多地区でも大型再開発スタートヘ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする