【中学受験・秋】9・10月からの中学受験の勉強で気をつけたいこと

シェアする

スポンサーリンク

夏を制するものは、受験を制する!というキャッチフレ-ズが示すように、夏はすごく大切であることは間違いありません。ほとんどの子が、夏の最後の実力テストでは、成績を上げてきます。結果として、ほとんどの受験生が、志望校に対する判定を上げてくることになります。そして、その成績をみて、安心してしまうのですね。その後、成績が伸び悩んでしまう子は少なくありません。なぜ、9月は、成績が伸び悩むといった現状に陥るのでしょう。

9月の勉強法

スポンサーリンク

夏以後、成績が伸び悩むケース

いくつかのよくある2つケースをいくつか見てみましょう。

(1)A判定が出た子

A判定が出て満足する子。こういう子は、秋にスランプがやってくる可能性が高まります。もうこれで、合格できると思ってしまうんですね。このケースの場合、第1志望校のレベルを1つ上げることを提案するのも1つですが、塾に通っているお子様であれば、相談して、塾の先生に相談して、中だるみにならないよう対策を講じてもらいましょう。経験が長い先生ほど、その経験もあり、的確な対応をとってくれると思います。
リビングで勉強すると合格率が飛躍的にアップします。

(2)DやE判定が出た子

DやE判定で、志望校を変更してしまう子。志望校のランクを下げたから、もう大丈夫と、何を思ってか。勝手に思ってしまう子ですね。ランクを下げたからと言って、合格の保証はどこにもあるわけではありません。
志望校を下げさせることを止めるのが第1の手段となります。最後の最後まで、志望校を変えさせず、その学校も受験させることが得策です。

夏の最後の実力テストの結果の後の行動が、受験の結果に直結することが少ないのが興味深いところです。

リビングで勉強すると合格率が飛躍的にアップします。

9月を制するものは、受験を制す

その意味で9月は、もっとも大切な時期の1つです。

一方で、9月以降、爆発的に伸びてくる子もいます。
それは、BやC判定の子に多くみられます。もう一息で、合格という2文字が見えているからか、俄然やる気を出して頑張ってくれる子が多いです。 中でも、普段は、A判定だった子がB判定になってしまった子、そして、判定が上がって、BやC判定になった子です。教えているこちら側も熱が入ります。なにより、頑張っている姿に感動する覚えることも少なくありません。

8月は、頑張って当たり前。9月を、頑張って本物。 数字として表れるのが12月だと。それから、もう取り戻せないよって。受験まで、月の半ばで100日を切ってくるのが9月です。今一度、気合を入れ直していきたい月でもあります。

季節の変わり目であります。

親ができることは、放任でなく、見守ること。母親ができるのは、子が健康でいられるように食事に気をつかう。父親にできることは、仕事の愚痴を家庭で話さないこと。 そして、両親が仲良くしていることが大事ですね。それから、塾の先生はそうなのですが、ご両親も含めて6つの目で、子どもの少しの変化を見逃さないことです。気付いてもらえている。見守ってもらえている。応援してもらえている。という実感が、子どもたちにとって、もっとも大切な時期です。

中学受験、10月の勉強

受験まであと100日前後となりました。1日1日が大切となってくる時期に差しかかります。特に、10月は、もっとも大切な時期です。受験まで残り、100日は、あっという間です。とにかく、過去問演習に、志望校判定テストと軒並み、テスト形式での学習がメインとなっていきますが、怠ってはいけないのは、×問題のやり直しとその類題を解くことです。この2点は、中学受験だけでなく、受験勉強の王道と言ってでしょう。 

成績に伸び悩むのも、この時期。

成績が伸び悩む大きな2つのパターンに分かれます。

(1)志望校判定テストが良かった子

1つは、夏休みの終わりの志望校判定テストの結果がよく、そもそも、勉強時間が落ちてしまったり、気が緩んでしまったりするパターン。ずるずる受験を迎えて、逆転を許してしまうことも少なくありません。

(2)勉強しているつもりの子

2つ目は、もっとも多いパターンです。受験も迫り、勉強時間もさらに増え、周りから見ても、努力している、頑張っていると思って応援しているのですが、成績が伸びない。こういう子は、多いです。 原因は、問題の解きっぱなしです。 問題を解く量は、増えているのですが、出来る問題は増えていないというパターンです。先ほどに記述した、×問題のやり直しとその類題を解くことを怠っているというのが原因です。 とにかく、徹底させないといけません。 それと同時に、受験勉強という定義をもう一度、確認しておかなければなりません。それは、問題を解くことは、受験勉強でなく、自分の弱点を再発見する作業であり、勉強でないということ。受験は、新しく知識を身につけることだということ。 この復習したり、新しい解法を習得したりする時間が、受験勉強であるということを再確認させておきたいです。 

追記

ケアレスミスがあったというのが口グセの子は、総じて、×問題のやり直しとその類題を解くことはきっちりやったことがないため、次は大丈夫と言って、やりたがりません。問題を解く量が増えていく時期だからこそ、×問題のやり直しとその類題を解くことを徹底させたいです。

外野に要注意

お母様方たちも騒がしくなります。「あの子は、ここを受験するらしい。」「この子は、受験する学校を変えるらしい。」 「こうしないと不合格になるらしい。」など情報戦という、お母様方たちの会話です。 その声は、聞き流すぐらいがちょうどいいです。 間違っても、そういう話を、子どもにしないことです。 子どもが、自分の受験勉強に専念できる環境を作ってあげるのは、親の役目です。 親ができることは、勉強に関しては、見守ってあげること。そして、体調面と精神面のケアです。 

子どもでなく、親にとってもあと100日。 
1日1日を大切に過ごしていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【中学受験・秋】9・10月からの中学受験の勉強で気をつけたいこと
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る