【中学受験】親が気をつけておくべきことまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【中学受験】親が気をつけておくべきことをまとめています。

お母さんの「~ねばらない」病を脱却することが大事

お子さんの順調に成果を出しているにも関わらず、お母さま自身が、空回りをしてしまうことは少なくありません。つまり、お子さん自身は、お子さん自身のペースで成長していこうとしてにも関わらず、お母さんは、それとは裏腹に、お子様が頑張ると決意したと同時期に、「~ねばらない」病が発症します(笑)。

スポンサーリンク

「~ねばらない」病の症状の主なもの。

  • 子どもが中学受験するんだから、なおさらきちんとした母親でなければならない
  • 毎日、子どもも頑張っているんだから、毎日おいしいお弁当をつくらなければならない
  • あの子やこの子よりもうちの子が成績はよくなければならない
    などなど。

このような「~ねばらない」が山のように積みあがっていきます。多少は、仕方がないにせよ、一番の問題は、お母さまが日々、「~ねばらない」に縛られ、そうできていないと「自分は、なんてダメなんだ」という思いを無意識レベルで抱え込んでしまうことです。人は、自分の不甲斐なさを感じると、過剰に、たとえば、ご主人やお子さんのダメなところに過剰反応し、イライラして腹を立てやすくなります。「自分は、なんてダメなんだ」という「ここがダメ」「そこもダメ」「あそこは絶対許せない」だという部分を相手にも投影してチェックしてしまうようになるということです。私の面談を通しての経験から、このようなお母さまは少なくないのが現状です。もしかすると、ほとんどのお母さま方々があてはまっているような気さえします。

理由は、次のようなことが多くなります。開口一番、「子どものため」という言葉が出てきてしまいます。しかしながら、もっと掘り下げて聞いてみると、「子どものため」には続きがあって、「子どものための思って厳しく接していたけれど、本当は“できていない自分”にイライラしていたかもしれない。」にたどりつきます。このように、お母さま様自身が、自分をそう認め、気づくことが大事なんですね。

完璧な人なんて、1人もいない

また、お母さまも、一人の人間です。この世の中、どんなに偉かろうが、成功しようが、完璧な人なんて1人もいないんですね。自分の弱さや不安といったネガティブな感情を人に見せてもいいですね。そうすることで、子どもに対して、ある程度余裕をもって接することができるようになっていきます。たとえば、子どもが、勉強がうまくいかず、悔しがって物に当たっているとします。もしかすると、これまでの「~ねばらない」病のあなただったら、「何しているの!そんな弱虫じゃダメでしょう」と頭ごなしに叱っていたかもしれません。しかし、「~ねばらない」病のことを知ったあなたはなら、「悔しい気持ちになることもあるよね。お母さんもあるよ。だけど、物に当たることはいけないよ」と静かに語りかけることができるんではないでしょうか。子どもの気持ちを受け入れて、いけない行動は注意するということができるはずです。子どもも、お母さんに、気持ちを受けて入れてもらったことで、素直になれるんですね。だから、物に当たってはいけないことを学習できるんですね。

受験は、子どもだけでなく、お母さんも成長する機会を数多く与えてくれます。受験の合格が満点でなくても、合格点をとれば合格できるように、お母さまも、満点の母親像でなく、合格点の母親を目指して、成長していくといった気軽な気持ちで臨んでください。

中学受験を持つ親が持っておきたい事

福岡の中学受験突破の決め手は、親の心構えの大きく左右します。ですので、今回は、親の心構えということで記述します。いったい、どんな心構えが必要なのでしょうか?

親にとっての必要な心構え

「子どもには、子どもの人生があるということ」ということ

“子どもには、子どもの人生があるということ”をいつも心構えとして持っておく必要があります。しかし、このことは、強く意識しておかないと、難しくなっていきます。中学受験が始まると、しだいに、同じく中学受験を目指しているお母様とのつきあいやテストの成績など折りに触れて、子どもの現状が目の当たりすることになります。 そんなときに、「子どもには、子どもの人生があるということ」を忘れてしまうことがあります。 

<忘れてしまう例>
・中学受験を目指しているお母様との会話なかで、あちらのお宅では、勉強をこうさせているみたいだから、うちの子にもそうさせなきゃと実行する。
・子どもの成績=お母様の成績と勘違いして、もっとがんばりなさい。 おかあさん恥ずかしい。 など暴言を言ってしまう。

以上のような行動や言葉は、主語は、子どもでなく、お母様ということになります。 子どもがないがしろにされているのですね。
これを回避する、もっともいい方法は、 子どもに提案・子どもと相談・子どもに尋ねてみるということです。

上記の例をとれば
×中学受験を目指しているお母様との会話なかで、あちらのお宅では、勉強をこうさせているみたいだから、うちの子にもそうさせなきゃと実行する。
〇「▲▲君はこういう勉強しているみたいだけど、 あなたもしてみたら?試してみる価値もあると思うよ。」

×子どもの成績=お母様の成績と勘違いして、もっとがんばりなさい。 おかあさん恥ずかしい。 など暴言を言ってしまう。
〇「今回の成績は、悪かったみたいだけど、どこに原因があったの?」という声かけをする。

相談や提案をすることで、子どもの発言を主体として、改善策を探ることができ、子ども自身が納得して、行動することができるようになります。

家庭の雰囲気をよりよく保つこと

家風(家庭の雰囲気)を意識するということです。お父さんがいて、お母さんがいて、家具があって、家電がある。とカタチはあるけれど、空気が冷たく殺風景な家庭も増えてきているようです。朝も、夜も、一人でご飯を食べている子どもも少なくないようです。 だからこそ、今一度、家風を大事にしてほしいと思っています。校風、社風、その土地柄に気風があるように、心で感じることのできる空気があります。 この空気は、一夜にしてすぐ確立できるものではありません。ですから、中学受験をきっかけに、子どもは、勉強すること、保護者様は、家風を作っていくことを日々の習慣にできることができればと思います。家風は、まずは、保護者間の使っている言葉から改めなければなりません。

まとめ

福岡中学受験において、親が持つ心構えは、特別なことはなくて、言葉と雰囲気を意識するということです。これを意識することが、子どもが安心して、勉強に取り組むことができるんですね。家が、安心できるところでなければなりません。子どもは、学校生活を中心に、人間関係、苦手なこと、成績のことなど、子どもにとっては、都合の悪い出来事も日常茶飯事です。だからこそ、子どもにとって、お父さん、お母さんは、自分の見方であり、家は、安心できる居場所である必要があります。

だれのための中学受験なのか。

紛れもなく、保護者のためでなく、子どものためなはずです。今一度、次のことを心に留めていただけるといいのかなあと思います。「子どもを中学受験させて、少しでもいい学校に入り、その先、いい会社に入ることが、将来の人生の幸せになるからでしょうか。」そうであるならば、それは、親のおせっかいである可能があります。中学受験をすることが、将来、子どもの幸せになる保証はありません。中学受験させない方が、長い将来においては多いような気がします。また、実は、それは親の世間体や、親自身の幸せのために、子どもを受験させている可能性もあります。 親が考えないといけないのは、上記のような「子どもを…」という発想ではなく、「子どもが…」つまり、「子どもが、どんな大人になりたいのか。」「子どもが、どうなることが幸せなのか。」ということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【中学受験】親が気をつけておくべきことまとめ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする