北九州市のおすすめ観光デートスポット13選!

シェアする

スポンサーリンク

北九州市の観光・デートでおすすめスポットをまとめています。

北九州市のおすすめスポット一覧

  1. 門司港レトロ
  2. 門司港レトロ展望室
  3. ブルーウィングもじ
  4. 関門海峡ミュージアム
  5. 海峡プラザ
  6. ノーフォーク広場
  7. 和布刈第二展望台
  8. 皿倉山
  9. 門司赤煉瓦プレイス
  10. 北九州市立いのちのたび博物館
  11. 北九州市立子ども図書館
  12. 小倉城
  13. 平尾台
スポンサーリンク

門司港レトロ

プレミアムホテル門司港

プレミアムホテル門司港

北九州のデートスポットといえば『門司港レトロ』。明治から大正にかけて作られたレンガ造りの建物がロマンチックで2人の時間を美しく演出してくれます。イルミネーションも素敵で、毎年11月下旬には、イルミネーションの点灯式が行われるのと同時に『門司港キャンドルナイト』が開催されます。一面がロウソクの光で満たされ、神秘的な風景を創り出します。

夜景も最高で、港の水面にキラキラと門司港の光がゆらめき、ロマンチックな雰囲気満点です。すぐ近くに見える関門海峡もライトアップされていて、最強の夜景スポットではないでしょうか。また、門司港レトロ展望室もデートに最適。この展望室は『レトロハイマート』の31階に設置されており、関門海峡や門司港レトロの街並みを一望できるスポットです。高さ103mから大パノラマで一帯を眺めることができます。2人でまったりと時間を過ごすには最高のスポットです。商業施設や飲食店もエリア一帯にたくさんありますので、ショッピングやランチ、ディナーでも満足できる時間を過ごすことができます。北九州の鉄板デートスポットですが、満足間違いなしのスポットなので、是非この冬に訪れてみてはいかがでしょうか。

■ 門司港レトロ浪漫灯彩
門司港レトロ地区では、毎年冬になると恒例のイルミネーションが開催されます。約30万球の樹木イルミネーションや歴史的建造物のライトアップが行われます。

門司港のさざ波に浮かぶライトに照らされた門司港レトロは、まさに夜のデートに最適なスポットではないでしょうか。フォトスポットも設置されますのでファミリーやカップルで記念撮影も楽しめます。12月31日にはカウントダウンイベントが催されます。

■ 門司港レトロクリスマス花火
門司港レトロでは、毎年クリスマスかクリスマスイブに花火が打ちあがります。ライトアップが水面に浮かぶ中、ささやかな時間ですが鮮やかな花火との共演が実現します。

僅か5分程度の小さな花火ですが、クリスマスの夜を彩るには十分ではいないでしょうか。夕方近くになると駐車場が満車になりますので、お昼過ぎくらいに到着し、門司港レトロを散策後に花火観賞というスケジュールがお勧めです。

■ スポット紹介

  • 場所: 福岡県北九州市門司区港町9-11
  • 問い合わせ:門司港レトロ倶楽部 093-332-0106

門司港レトロ展望室

門司港レトロ展望室
門司港レトロ展望室は、日本を代表する建築家・黒川紀章氏が設計した高層マンション『レトロハイマート』の31階にあります。この展望室から見る四季折々の景色は格別でその一瞬の時のパノラマは見る者を魅了します。高さ103mから関門海峡や眼下の門司港レトロの街並みも見渡せる絶景のポイントです。カフェも設置してありテーブルやカウンターでゆっくりとお茶を飲みながらくつろぐ事もできます。

ブルーウィングもじ

ブルーウィングもじ
全国で最大級の歩行者専用のはね橋です。「恋人の聖地」に認定されておりカップルで渡ると幸せになれると言われています。 関門海峡、関門大橋を見渡せる場所に架かっており、大人気スポットの1つです。

関門海峡ミュージアム

関門海峡ミュージアム
平成15年にオープンした、関門海峡の過去・現在を五感で感じられるミュージアムです。海峡にまつわる歴史を再現した「海峡アトリウム」「海峡歴史回廊」があります。また、大正時代の街並みを再現した「海峡レトロ通り」などもあり、見どころ満載です。

海峡プラザ

海峡プラザ
複合商業施設「海峡プラザ」は、おみやげや地元の海産物・雑貨があふれるマーケットです。出店などもあり、珍しい品物などに興味津々になること間違いなしです。

ノーフォーク広場

関門海峡の夕日
目の前には雄大な関門海峡が広がり、シップウォッチングや関門橋のビュースポットとしても人気です。特にライトアップされた関門橋のナイトビューは最高です。北九州市と姉妹都市の米国バージニア州ノーフォーク市にちなんで名前がつけられたそうです。

和布刈第二展望台

めかり公園展望台の夕日
めかり展望台までは、ぐるり360°まわりながら展望台を目指すので、360°北九州市は門司を一望できるので、夕日に、夜景スポットとして有名です。めかり公園は、瀬戸内海国立公園の西端に当たり、バードウォッチング花見の名所として知られる公園で、総面積36ヘクタールの園内には、本州がわずか700mの距離にまで迫る関門海峡とその上にかかる関門橋を一望できる大型展望台もあります。
詳細【北九州・門司】観光やドライブデートでおすすめの夕日スポットの紹介!

皿倉山

皿倉山

新日本三大夜景に選ばれるほどの夜景の美しさを持っている皿倉山は、北九州を代表する夜景スポットです。山頂にはきれいな展望台が整備されており、一年を通して夜景を堪能することができるようになっています。特におすすめの季節が冬です。冬は街のイルミネーションも多くなり、空気も澄んでいるため、最高の夜景を観賞できます。山頂展望台からは、若戸大橋など洞海湾一帯から関門海峡、そして小倉のまちの光を大パノラマで観賞できる九州最高峰の夜景スポットになっています。

山頂までの行き方は、車で山頂付近まで登り、そこからスロープカーで展望台まで上がる方法と、ケーブルカーとスロープカーを乗り継いで山頂に向かう方法があります。好みで使い分けるといいと思いますが、週末の夜は車で山頂まで登れないように規制されますので、ケーブルカーで行く方が間違いないです。

■ 皿倉クリスマスイルミネーション飾り
皿倉山の山麓と山上、展望台がクリスマス一色になります。北九州の広大な夜景とイルミネーションが一体となり、幻想的な夜になること間違いありません。ケーブルカーも夜間運行されますので、21時20分まで登りのケーブルカーを利用できます。

クリスマス期間中の土曜日12月23日~25日月曜日にかけて、皿倉山展望台内でクリスマスの音楽が生演奏されます。その他にもお楽しみ抽選会やレストランではスペシャルディナーも用意されています。

スポット情報

  • 場所:福岡県北九州市八幡東区尾倉
  • 標高:622m

門司赤煉瓦プレイス

門司麦酒煉瓦館は、鹿児島本線の門司駅から程近くにあります。赤煉瓦交流館と並び、歴史とロマンを感じさせる建物が印象的です。そこのエリアだけ、明治・大正にタイムスリップしたような感覚になります。

■ 赤煉瓦交流館
門司麦酒煉瓦館
赤煉瓦交流館は、門司駅北口のランドマークとして愛されてきたことから、煉瓦造りの本事務所、醸造工場、組合棟、倉庫はサッポロビールが3億6000万円を投じて改修し、北九州市に無償譲渡しました。全面開業は2006年1月。2007年に文化審議会が国登録有形文化財として答申されています。並んでそびえたつレストランの入った「赤煉瓦交流館」では食事とビールも楽しめます。

  • 住所:北九州市門司区大里本町3-11-1
  • 電話:093-372-0962
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合その翌日) 12/29〜1/3

■ 門司麦酒煉瓦館
門司麦酒煉瓦館は、明治45年に帝国麦酒として会社が誕生、以来「桜麦酒」「大日本麦酒」「サッポロビール」と社名の変更がありながらも、門司の産業を支え続けてきた建物です。国登録有形文化財に指定されています。珍しい白レンガ造りのゴシック様式が美しいレトロな建造物としても有名です。

ここでは、この地で87年間麦酒を作り続けてきた歴史が学べます。日本における最初期の鉱滓煉瓦建物であり、現存する最古の本格的鉱滓煉瓦建築なので、天井も高くその風格に圧倒されます。また、なかでもCafé de Briqueは、醸造所のレンガ壁やドイツ製ビール樽・醸造樽を生かした内装となっています。

  • 住所:北九州市門司区大里本町3-6-1
  • 電話:093-382-1717
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 休館日:12/29〜1/3
  • 入館料:大人100円 小人(中学生以下)50円
おすすめ
赤煉瓦の風景と関門海峡を行き交う船を見ながらのひとときは、至福のときです。

北九州市立いのちのたび博物館

九州市立いのちのたび博物館1
北九州市立いのちのたび博物館の常設展は、様々あり、自然史部門では恐竜をはじめとした生物を展示があります。また、歴史部門では「路」をテーマに東アジア世界での文物の交流をテーマとした展示をしています。生命の歴史をテーマとしたアースモールでは展示空間の大きさを生かし、恐竜の等身大全身骨格の展示も行われている。そのほか、随時特別展を開催しているのリピートする楽しさがあります。恐竜シアターは、恐竜が動いたり、声をあげたりして子ども大人気のアトラクションのようになっています。全展示をゆっくり見学すると約120分と想定されています。

■ 子どもの自学研究・自由研究にも最適
博物館での調べ学習に使えるワークシートを準備してあるので、見学の際にその資料を活用することができます。

■ 北九州市立いのちのたび博物館の見どころ
生命の進化の道筋と人の歴史を展示解説し、未来へ向けてのわたしたちの生き方を考えるために「いのちのたび」をコンセプトとしています。来館された方が楽しみながら学習できるように、エンターテイメント性の高い展示を、壮大なスケールで繰り広げられているところが見所です。

■ 北九州市立いのちのたび博物館の展示スペース
展示空間は、まるでショッピングモールを散歩するような感覚で楽しく学べるようになっています。パネルには、詳しい解説がわかりやすく書いてあるので、便利です。
<メインストリート>
➊アースモール
➋カルチャーモール

<展示スペース>
➊エンバイラマ館
➋探究館

など

■ 利用案内

  • 所在地:〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
  • 開館時間:9時から17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日:年末年始、害虫駆除期間(6月下旬の1週間程度)
  • 入館料:大人600円、高校・大学生360円、小・中学生240円、65歳以上(適応条件有り)180円、未就学児・障害者手帳等所持者は無料

<その他料金>
➊団体割引(全体で30名以上)は2割引。
➋特別展示は別途定める。

■ 北九州市立いのちのたび博物館へのアクセス

  • JR九州鹿児島本線 スペースワールド駅より徒歩5分
  • 西鉄バス 八幡東区役所下または中央2丁目バス停下車、徒歩約10分
  • 北九州高速道路 枝光出入口または東田出入口より車で約3分

北九州市立子ども図書館

北九州市立子ども図書館

北九州市立子ども図書館は、子どもの読書活動を推進する拠点として、2018年12月22日北九州市小倉北区にオープンしました。閲覧空間は子どもたちがゆったりとくつろげるように開放的な造りとなっていて、小さなお子さんが一緒でも利用しやすいように「赤ちゃんの駅」を整備しています。

子ども図書館は3つのフロアに分かれていて、主に、地下1階には絵本、1階には児童書・ヤングアダルト向けの図書、2階には子どもの読書に関する資料がおいてあります。その他にも、学習室やリフレッシュコーナーも完備されています。

中でも目を引くのが、1階にある「世界の絵本と地図」コーナー。寄付などでそろえた104か国90言語4558冊の世界の絵本と、様々な国の地図は必見です。あらゆる言語で書かれた絵本や、日本を中心に描かれていない世界地図などは、子どもの好奇心をくすぐること間違いありません。

北九州市立子ども図書館は、北九州市に居住(通勤、通学も可)の方、又は、下関市、直方市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、小竹町、鞍手町、宮若市、行橋市、豊前市、みやこ町、築上町、吉冨町、上毛町に居住の方なら、どなたでも本を借りられます。

■ 詳細情報
図書館で本を借りるには、「図書館カード」が必要になります。図書館の貸出カウンターにて利用登録を行い、図書館カードの発行を受けてください。

  • 場所:北九州市小倉北区城内4番1号
  • 開館時間:9:30~19:00
    ※土日祝日は9:30~18:00
  • 休館日:毎週月曜日(その日が休日に当るときは、その翌日)
    ※年末年始(12月29日から翌年の1月3日)は休館
    ※館内整理日(原則、毎月末日)
  • 電話:093-571-0011
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
北九州市のおすすめ観光デートスポット13選!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る