2019夏の甲子園展望!優勝候補有力校は?第101回全国高等学校野球選手権大会

シェアする

スポンサーリンク

2019夏の甲子園「第101回全国高等学校野球選手権大会」展望です。優勝候補有力校など詳しくみていきます。それでは、2019夏の甲子園「第101回全国高等学校野球選手権大会」展望!優勝候補有力校は?をみていきましょう。

甲子園2019展望

西日本 東日本
横綱(優勝候補) 履正社(大阪) 星陵(石川)
大関(対抗) 智弁和歌山(和歌山) 習志野(千葉)
関脇(有力) 明徳義塾(高知) 聖光学院(福島)
小結(ダークホース) 近江(滋賀) 八戸学院光星(青森)
前頭筆頭(実力校) 明石商(兵庫) 花咲徳栄(埼玉)
幕内(伝統校) 智弁学園(奈良) 東海大相模(神奈川)

総合力の履正社、大会注目の奥川投手擁する星陵高校が軸に展開されるでしょう。実力校、伝統校も出場し、群雄割拠の大会になることが予想されます。今年も新たな星が生まれることも期待ですね。

スポンサーリンク

2019甲子園出場校一覧

  • 北北海道:旭川大高(私)2年連続9度目
  • 南北海道:北照(私)2年連続5度目
  • 青森:八戸学院光星(私)2年連続10度目
  • 岩手:花巻東(私)2年連続10度目
  • 秋田:秋田中央(公)45年ぶり5度目
  • 山形:鶴岡東(私)3年ぶり5度目
  • 宮城:仙台育英(私)3年連続28度目
  • 福島:聖光学院(私)13年連続16度目
  • 茨城:霞ケ浦(私)4年ぶり2度目
  • 栃木:作新学院(私)9年連続15度目
  • 群馬:前橋育英(私)4年連続5度目
  • 埼玉:花咲徳栄(私)5年連続7度目
  • 千葉:習志野(市)8年ぶり9度目
  • 東東京:関東第一(私)3年ぶり8度目
  • 西東京:国学院久我山(私)28年ぶり3度目
  • 神奈川:東海大相模(私)4年ぶり11度目
  • 山梨:山梨学院(私)4年連続9度目
  • 長野:飯山(県)春夏通じて甲子園初出場
  • 富山:高岡商(県)3年連続20度目
  • 新潟:日本文理(私)2年ぶり10度目
  • 石川:星稜(私)2年連続20度目
  • 福井:敦賀気比(私)2年連続9度目
  • 静岡:静岡(県)4年ぶり25度目
  • 愛知:誉(私)春夏通じて甲子園初出場
  • 岐阜:中京学院大中京(私)3年ぶり7度目
  • 三重:津田学園(私)2年ぶり2度目
  • 滋賀:近江(私)2年連続14度目
  • 京都:立命館宇治(私)37年ぶり3度目
  • 大阪:履正社(私)3年ぶり4度目
  • 兵庫:明石商(県)2年連続2度目
  • 奈良:智弁学園(私)3年ぶり19度目
  • 和歌山:智弁和歌山(私)3年連続24度目
  • 岡山:岡山学芸館(私)4年ぶり2度目
  • 広島:広島商(県)15年ぶり23度目
  • 鳥取:米子東(県)28年ぶり14度目
  • 島根:石見智翠館(私)4年ぶり10度目
  • 山口:宇部鴻城(私)7年ぶり2度目
  • 香川:高松商(県)23年ぶり20度目
  • 徳島:鳴門(県)2年連続13度目
  • 愛媛:宇和島東(県)9年ぶり9度目
  • 高知:明徳義塾(私)2年ぶり20度目
  • 福岡:筑陽学園(私)16年ぶり2度目
  • 佐賀:佐賀北(県)5年ぶり5度目
  • 長崎:海星(私)5年ぶり18度目
  • 熊本:熊本工(県)6年ぶり21度目
  • 大分:藤蔭(私)2年連続3度目
  • 宮崎:富島(県)初出場
  • 鹿児島:神村学園(私)2年連続5度目
  • 沖縄:沖縄尚学(私)5年ぶり8度目

第101回全国高等学校野球選手権大会概要

  • 日程:2019年8月6日(火)から16日間(雨天順延。準々決勝、準決勝各翌日の休養日2日を含む)
  • 球場:阪神甲子園球場

2018夏の甲子園 展望

春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)を筆頭に、今春センバツ準優勝の智弁和歌山(和歌山)、全国屈指の強豪校の横浜(南神奈川)、常連校で実力校の聖光学院(福島)、広陵(広島)、仙台育英(宮城)。ここ10年で優勝経験のある作新学院(栃木) 、花咲徳栄(北埼玉)、総合力で報徳学園(東兵庫)も上位進出が期待されます。話題の公立校の白山(三重)の甲子園での下剋上も楽しみですね。 公立高校の躍進にも期待ですね。懐かしい顔としては、慶應(北神奈川)、高知商(高知)など、久しぶりの甲子園で躍動してほしいものです。

2018年夏初出場

  • 中央学院(西千葉)
  • 白山(三重)
  • 明石商(西兵庫)
  • 奈良大付(奈良)
  • 折尾愛真(北福岡)
  • 沖学園(南福岡)

の6校。春夏通じて初出場は白山、折尾愛真、沖学園の3校となり、福岡県勢は、南北代表とともに初出場になりますね。

2018年出場高校一覧

  • 北北海道 旭川大高(9年ぶり8回目)
  • 南北海道 北照(5年ぶり4回目)
  • 青森 八戸学院光星(2年ぶり9回目)
  • 岩手 花巻東(3年ぶり9回目)
  • 宮城 仙台育英(2年連続27回目)
  • 秋田 金足農(11年ぶり6回目)
  • 山形 羽黒(15年ぶり2回目)
  • 福島 聖光学院(12年連続15回目)
  • 茨城 土浦日大(2年連続4回目)
  • 栃木 作新学院(8年連続14回目)
  • 群馬 前橋育英(3年連続4回目)
  • 北埼玉 花咲徳栄(4年連続6回目)
  • 南埼玉 浦和学院(5年ぶり13回目)
  • 東千葉 木更津総合(3年連続7回目)
  • 西千葉 中央学院(初出場)
  • 東東京 二松学舎大付(2年連続3回目)
  • 西東京 日大三(5年ぶり17回目)
  • 北神奈川 慶応(10年ぶり18回目)
  • 南神奈川 横浜(3年連続18回目)
  • 新潟 中越(2年ぶり11回目)
  • 山梨 山梨学院(3年連続8回目)
  • 長野 佐久長聖(2年ぶり8回目)
  • 富山 高岡商(2年連続19回目)
  • 石川 星稜(2年ぶり19回目)
  • 福井 敦賀気比(3年ぶり8回目)
  • 岐阜 大垣日大(2年連続5回目)
  • 静岡 常葉大菊川(2年ぶり6回目)
  • 東愛知 愛産大三河(22年ぶり2回目)
  • 西愛知 愛工大名電(5年ぶり12回目)
  • 三重 白山(初出場)
  • 滋賀 近江(2年ぶり13回目)
  • 京都 龍谷大平安(4年ぶり34回目)
  • 北大阪 大阪桐蔭(2年連続10回目)
  • 南大阪 近大付(10年ぶり5回目)
  • 東兵庫 報徳学園(8年ぶり15回目)
  • 西兵庫 明石商(初出場)
  • 奈良 奈良大付(初出場)
  • 和歌山 智弁和歌山(2年連続23回目)
  • 鳥取 鳥取城北(3年ぶり5回目)
  • 島根 益田東(18年ぶり4回目)
  • 岡山 創志学園(2年ぶり2回目)
  • 広島 広陵(2年連続23回目)
  • 山口 下関国際(2年連続2回目)
  • 徳島 鳴門(2年ぶり12回目)
  • 香川 丸亀城西(13年ぶり5回目)
  • 愛媛 済美(2年連続6回目)
  • 高知 高知商(12年ぶり23回目)
  • 北福岡 折尾愛真(初出場)
  • 南福岡 沖学園(初出場)
  • 佐賀 佐賀商(10年ぶり16回目)
  • 長崎 創成館(3年ぶり2回目)
  • 熊本 東海大熊本星翔(35年ぶり2回目)
  • 大分 藤蔭(28年ぶり2回目)
  • 宮崎 日南学園(2年ぶり9回目)
  • 鹿児島 鹿児島実(3年ぶり19回目)
  • 沖縄 興南(2年連続12回目)

2017夏の甲子園

今年のなるの第99回全国高等学校野球選手権大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は平成29年8月7日(月)から15日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催されます。

出場校(★は優勝候補有力)

  • 北北海道 滝川西(19年ぶり3回目)
  • 南北海道 北海(3年連続38回目)
  • 青森 青森山田(8年ぶり11回目)
  • 岩手 盛岡大付(2年連続10回目)
  • 秋田 明桜(8年ぶり9回目)
  • 山形 日大山形(4年ぶり17回目)
  • 宮城 仙台育英(2年ぶり26回目)
  • 福島 聖光学院(11年連続14回目)
  • 茨城 土浦日大(31年ぶり3回目)
  • 栃木 作新学院(7年連続13回目)★
  • 群馬 前橋育英(2年連続3回目)
  • 埼玉 花咲徳栄(3年連続5回目)
  • 千葉 木更津総合(2年連続6回目)
  • 東東京 二松学舎大付(3年ぶり2回目)
  • 西東京 東海大菅生(17年ぶり3回目)★
  • 神奈川 横浜(2年連続17回目)★
  • 山梨 山梨学院(2年連続7回目)
  • 新潟 日本文理(3年ぶり9回目)
  • 長野 松商学園(9年ぶり36回目)
  • 富山 高岡商(2年ぶり18回目)
  • 石川 日本航空石川(8年ぶり2回目)
  • 福井 坂井(初出場)
  • 静岡 藤枝明誠(初出場)
  • 愛知 中京大中京(2年ぶり28回目)
  • 岐阜 大垣日大(3年ぶり4回目)
  • 三重 津田学園(初出場)
  • 滋賀 彦根東(4年ぶり2回目)
  • 京都 京都成章(19年ぶり2回目)
  • 大阪 大阪桐蔭(3年ぶり9回目)★
  • 兵庫 神戸国際大付(3年ぶり2回目)
  • 奈良 天理(2年ぶり28回目)
  • 和歌山 智弁和歌山(2年ぶり22回目)
  • 岡山 おかやま山陽(初出場)
  • 広島 広陵(3年ぶり22回目)
  • 鳥取 米子松蔭(17年ぶり3回目)
  • 島根 開星(3年ぶり10回目)
  • 山口 下関国際(初出場)
  • 香川 三本松(24年ぶり3回目)
  • 徳島 鳴門渦潮(9年ぶり7回目)
  • 愛媛 済美(4年ぶり5回目)
  • 高知 明徳義塾(8年連続19回目)★
  • 福岡 東筑(21年ぶり6回目)
  • 佐賀 早稲田佐賀(初出場)
  • 長崎 波佐見(16年ぶり3回目)
  • 大分 明豊(2年ぶり6回目)
  • 熊本 秀岳館(2年連続3回目)★
  • 宮崎 聖心ウルスラ(12年ぶり2回目)
  • 鹿児島 神村学園(5年ぶり4回目)
  • 沖縄 興南(2年ぶり11回目)

2017展望

センバツ優勝「大阪桐蔭」ほか、それを追うのが、センバツベスト4で大阪桐蔭に敗れた「秀岳館」、去年の覇者「作新学院」といったところでしょうか。また、「横浜」「明徳義塾」が常連校かつ強豪校として、夏の優勝を狙える位置にいることも確かです。個人的には、「東海大菅生」も侮れないと思っています。

初出場校や公立高校が旋風を巻き起こす予感も漂います。なかでも、公立では「東筑」、初出場校では「早稲田佐賀」の九州勢に注目ですね!

さらに、名門復活も期待されます。「中京大中京」「天理」「広陵」「松商学園」などがそうですね。見どころ満載の今年の甲子園です。ここに、「履正社」「早稲田実業」の昨年秋の優勝、準優勝の2校が出場できなかったのは、残念でした。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2019夏の甲子園展望!優勝候補有力校は?第101回全国高等学校野球選手権大会
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る