福岡の紅葉の名所おすすめスポット10選!

シェアする

みなさん福岡県の紅葉といえば、どこを思い浮かべますか?有名どころから、誰も知らない自分だけのスポットなどあるかと思いますが、福岡の紅葉といえばここだっ!というスポットを厳選し、みなさんにお伝えします。10月下旬から11月にかけて、色づき始めます。今年はどこに行こうか、今から楽しみですね。

福岡県の紅葉お勧めスポット紹介

福岡の紅葉の名所一覧マップ(地図)
秋といえば紅葉。風光明媚なスポットが豊富な福岡県の紅葉スポットをご紹介します。秋の風景は夏から一変し、どことなく寂しくもあり、そして美しい日本の美を代表するものです。今回はそんな日本人の心を昔から揺さぶる「紅葉」の魅力をお伝えしながら、スポットを紹介させていただきます。

スポンサーリンク

秋月城跡

福岡には、紅葉スポットも数多くあります。太宰府に、雷山に、油山。それから、糸島、福津とドライスポットや観光スポットがそのまま紅葉スポットとなっているところも少なくありません。そんな中、今回の朝倉市秋月は、名前に「秋」が入っていることからもわかるように、紅葉の名所と知られています。(桜の名所もあります。)

秋月城跡の「黒門」、杉の馬場通り、秋月中学校周辺(梅園公園など)、秋月目鏡橋など見どころ満載です。秋月自体、筑前の小京都と呼ばれ、風情と情緒あふれる本当にいい街並みです。レトロ市、焼き物市、古民家カフェなど、こだわりと歴史あるお店も数多く立ち並んでいます。

➊秋月城跡の「黒門」

秋月城跡黒門

秋月城跡黒門

秋月の紅葉といえば、秋月城跡の黒門と挙げる人も多いです。ここは一番の人だかりができ、写真撮影が行われています。黒門をくぐり石階段をあがっていくと、垂裕神社(すいようじんじゃ)があります。垂裕神社の主祭神は「垂裕明神」である秋月藩藩祖黒田長興(くろだながおき)です。

➋杉の馬場通り

杉の馬場通り 紅葉

杉の馬場通り 紅葉

杉の馬場通りは、秋月城下町の通りであり、多くの出店や飲食店が立ち並んでおり、途中途中で、お店に入って楽しみながら、城下町を散策できます。100円でできる日本酒の飲み比べなど秋月の名物をたしなめます。この杉の馬場通りは、「桜の名所」としての方が有名です。

➌秋月中学校周辺(梅園公園など)

秋月中学校周辺

秋月中学校周辺

杉の馬場通りを歩いていると、途中あるのが秋月中学校があります。その傍には、梅園公園、秋月城長屋門、瓦坂など紅葉はもちろんのこと観光スポットが目白押しです。

➍秋月目鏡橋

秋月目鏡橋

秋月目鏡橋

近くにおいしいパン屋さん、ソフトクリーム屋さんなどがあり、秋月目鏡橋の周辺においてあるベンチで飲食を食べながら、紅葉を鑑賞している人が多いです。本当にほのぼのした中で、美味しい空気とともに腹ごしらえができます。秋月目鏡橋自体は、築200余年で、長崎の花崗岩を使用した珍しい橋です。

秋月城跡周辺概要

  • 秋月城跡:福岡県朝倉市秋月野鳥663

秋月城跡周辺の駐車場
秋月城跡周辺には、数多くの駐車場があり、駐車に困ることはないでしょう、私営の方が安いところが多く、1回300円。公営は1回400円でした。自分が散策するコースを最初に練って、それから駐車する場所を決めるといいのではないでしょうか。

関連朝倉市の紅葉おすすめスポット3選!

英彦山神宮

英彦山神宮参道

2018年11月撮影

英彦山神宮は、福岡県でも第2位の標高を誇る英彦山に鎮座する神社です。英彦山は古代より神体山として信仰されていて、西日本の修験道の聖地として栄えた日本屈指の霊山となっています。

毎年秋になると、山頂付近からモミジやカエデ、イチョウが色付き始め、山を緑、赤、黄と多彩に彩ります。標高差が大きいので、10月中旬の早い時期は山頂付近で、11月中旬はふもと付近で長い期間紅葉を楽しむことができます。

英彦山神宮の紅葉の見どころは、何といっても神社仏閣と紅葉の融合です。歴史あふれる建造物と紅葉が日本の美を演出します。

英彦山神宮へは、銅鳥居をくぐって参道を登って行っても、スロープカーを使っても行けますが、登りは参道を歩き、帰りはスロープカーで戻ってくると、紅葉の移り変わりを楽しめ、かつ山全体のコントラストも楽しむことができます。

銅鳥居と紅葉

銅鳥居

2018年11月撮影

英彦山神宮の入り口、最も最下部になるのが銅鳥居です。英彦山観光のスタートは、この高さ6.9メートル銅鳥居からスタートします。

国指定重要文化財にもなっている、柱周り3メートル青銅製の大鳥居と秋の紅葉をお楽しみください。

英彦山神宮奉幣殿と紅葉

英彦山神宮

2018年11月撮影

英彦山中岳の中腹720m近辺にあるのが英彦山神宮奉幣殿になります。英彦山神宮に参拝に来られる方は、ここを目指して参道を登ってくることになります。

下津宮とイチョウ

下津宮

2018年11月撮影

英彦山神宮奉幣殿から少し階段を登ったところにあるのが下津宮です。英彦山神宮は、中岳の山頂に上津宮、その下に中津宮、下津宮があり、中腹の720m付近に奉幣殿があります。下津宮までは簡単に登ることができます。

下津宮には、見事に黄色に色付いたイチョウの木があり、また、眼下にひろがる景色も最高です。

英彦山神宮の紅葉の見ごろは?
英彦山神宮の紅葉の見ごろは、例年、11月上旬から11月中旬になっています。11月上旬は奉幣殿あたりが、11月中旬になると山全体が見頃の時期を迎えます。

見頃:11月2週目3週目

英彦山神宮の駐車場
英彦山スロープカー

英彦山神宮には、無料の駐車場があります。駐車場は主に3か所に大きな駐車場があります。

まずは、銅鳥居や英彦山花園スロープカー(幸駅)周辺の駐車場です。英彦山に車で登ってきて、最初に登場する駐車場です。銅鳥居から参道やスロープカーで奉幣殿を目指したい方は、こちらを利用してください。また、紅葉の季節になると、これより上に登る道路が渋滞している可能性が高いです。渋滞に巻き込まれたくない方もこちらの利用をおすすめします。

次に、銅鳥居よりも少し上に登ったところにあるのが別所駐車場や英彦山スロープカー(花駅)周辺の駐車場です。ここから奉幣殿までは、参道を歩いても15分ほどで到着します。また、20分間隔でスロープカーも運行しています。

最後に鷹巣原駐車場がありますが、ここはどちらかというと登山者向けの駐車場になります。かなり広い駐車場ですが、紅葉の時期には、ここまで登るのに渋滞します。

小倉城

小倉城と紅葉

北九市のシンボル「小倉城」。桜の名所でもあり、秋になると紅葉の名所にもなります。小倉城と、その南に広がる勝山公園、小倉城庭園の紅葉情報をお伝えします。小倉城は、1602年に関ヶ原の戦いで勝利した細川忠興によって造られました。その後、1837年に焼失しましたが、1959年(昭和34年)に建てかえられ現在に至っています。

この小倉城とその周辺の勝山公園は紅葉の名所となっており、毎年11月になるとイチョウやハゼノキ、ケヤキが色付き始めます。見頃は例年11月下旬となっています。

小倉城と紅葉の一番の観賞スポットは、お堀側からみるスポットです。晴れの日には青空と小倉城、紅葉、そしてお堀の水面に映った小倉城を観賞できます。また、小倉城のお堀の水は非常にきれいで、大きな鯉が悠々と泳いでいる姿にも見ごたえがあります。

  • 例年の見頃:11月下旬

小倉城(勝山公園)の駐車場情報
小倉城(勝山公園)には、2つの駐車場があります。松本清張記念館横から入る勝山公園有料駐車場と、市役所側から入る勝山公園地下駐車場です。微妙に料金体系が異なりますので、しっかりと確認してから利用しましょう。

  • 勝山公園有料駐車場(松本清張記念館横)
    駐車料金:最初の60分200円、以後150円/30分
    営業時間:8:45~21:00
  • 勝山公園地下駐車場(市役所地下)
    駐車料金:30分ごとに150円(最大1000円1泊の場合加算金1000円)
    営業時間:7:30~22:00

小倉城庭園
小倉城の敷地内に小倉城庭園は、小笠原氏の別邸であった下屋敷跡を復元した大名の庭園と典型的な江戸時代の武家の書院を再現し、それに茶室や展示棟を備えた文化施設となっています。

園内は4つのゾーンに分かれており、庭園ゾーンでは池を巡りながらさまざまな景観が楽しめます。秋になると園内の紅葉も見事に色付きます。

  • 場所:北九州市小倉北区城内1-2
  • 開館時間:4月〜10月は9:00~18:00 11月〜3月は9:00~17:00
  • 休館日:無休
  • 入館料:大人300円 中学生150円 小学生100円
  • 電話:093-582-2747

小倉城、小倉城庭園、松本清張記念館の3施設共通券を購入するとお得です。大人は700円で購入できます。

■ ライトアップ
小倉城

北九州市小倉北区にある小倉城庭園は、小笠原氏の別邸であった下屋敷跡を復元した北九州市の文化施設です。洗練された大名の庭園と、江戸時代の武家の書院を再現しており、当時の日本文化を知る上でも非常に大切な施設になります。

小倉城庭園の内部は、庭園ゾーン、書院ゾーン、体験ゾーン、展示ゾーンの4つのゾーンに分かれており、歴史を感じさせる庭園や建築、茶会なども体験できます。

2019年10月18日(金)~22日(火)の期間中は、館内の入り口、庭園、和室、中庭、城見テラスがライトアップされ、小倉の秋の闇夜に和の色彩が浮かび上がります。また、書院から見る日本庭園では音楽に合わせて幻想的な灯りでみなさんを魅了します。

■ 秋のライトアップ花鳥風月十六夜庭園
夜間特別開園情報です。

  • 開催時間:2019年10月18日(金)~22日(火)
  • 開園時間:18:00~21:00(最終入館は20:30まで)
  • ライトアップ:小倉城庭園内(入口・庭園・和室・中庭・城見テラス)
  • 料金:一般800円・小中学生500円(呈茶付・入館料込)
  • HP:http://www.kcjg.jp/

竈門神社

kamado
福岡で紅葉のライトアップが見られる場所として有名なのが、太宰府にある「竈門神社」です。毎年11月中旬から12月初頭にかけて、境内の紅葉が見ごろになります。期間中はライトアップを21時まで行っていますので、神秘的な風景を是非一度ご覧ください。

福岡の紅葉が見頃を迎えるのは11月下旬。各地の紅葉スポットが多くの人出でにぎわいます。太宰府市内山の竈門神社も、紅葉の時期を迎え、多くの観光客が訪れます。特に恋愛の神様として有名な竈門神社には、10代後半から30代の女性が多く訪れることで有名です。

これにあわせて、竈門神社では毎年11月下旬から12月初頭にかけて紅葉のライトアップが行われます。日が早く沈みますので、午後6時にはあたりは暗闇に包まれ、宝満山の麓にある竈門神社が幻想的に暗闇の中に浮かび上がります。

ライトアップは、東京の照明デザイナー内原智史さんが演出しており、見事に神秘的な情景を浮かび上がらせています。恋愛成就を祈願する女性たちや、多くのカップルがこの幻想的な時間をゆっくりと満喫しています。週末や祝日になると、太宰府駅からコミュニティバス「まほろば号」も増便されますので、電車で訪れた場合には利用できます。

一度訪れれば、リピーターになること間違いなしの竈門神社の紅葉ライトアップ。今が一番見頃を迎えていますので、今年の紅葉の見納めとして、夜の紅葉を見学してはいかがでしょうか。12月初頭まで満喫できます。

竈門神社ライトアップ
kamadoimg_1686

2018年の竈門神社の紅葉のライトアップは、2018年12月2日(日)まで。ライトアップの時間帯は、日没から午後9時までとなっていますが、日が暮れるのが早いですから、午後5時にはライトアップが始まっています。

太宰府天満宮の参道で、梅が枝餅を食べながら日が暮れるのを待ち、日没後に竈門神社を訪れるのもいいかもしれませんね。

  • ライトアップ期間:11月中旬~
  • ライトアップ時間:日没~21:00

『竈門神社』詳細情報
kamadoimg_1681

  • 神社名:竈門神社(かまどじんじゃ)
  • 場所:福岡県太宰府市内山883
  • 駐車場:有り(有料400円)
  • お問合せ:092-922-4106 竈門神社
  • 紅葉時期:11月上旬~12月上旬

河内藤園

北九州市八幡東区にある公園です。春は藤の花のトンネルで神秘的な風景をつくりだすこのスポットですが、秋は紅葉の名所としても知られています。このスポットの魅力は、モミジのトンネルとモミジの赤い絨毯です。両脇にずらっと生えているモミジの木が、あたかもトンネルをつくっているようで、幻想的な雰囲気を作り出しています。地面には赤いモミジの絨毯がしかれ、赤一色の世界に誘ってくれます。

  • 場所:北九州市八幡東区河内2‐2
  • 見頃:11月下旬

垂裕神社

福岡屈指の紅葉名所で、垂裕神社や秋月城跡の黒門の紅葉は必見です。

  • 場所:福岡県朝倉市秋月野鳥
  • 見頃:11月中旬~11月下旬

宮地嶽神社

2、10月の光の道に落ちる夕日が綺麗で有名な宮地嶽神社ですが、紅葉も圧巻です。日本一大きい注連縄(しめなわ)とともに鑑賞したいところです。

  • 場所:福岡県福津市宮司元町7−1
  • 見ごろ:11月下旬

関連福津市の紅葉おすすめ有名スポット

雷山千如寺大悲王院

福岡県糸島市にある「雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)」は、知る人ぞ知る紅葉の名勝です。この寺院は、雷山の中腹にある古刹で、国の重要文化財に指定されている巨大な千手観音で有名です。

このスポットの魅力は、室町時代に造成された庭園の200本を超えるカエデの紅葉と、何といっても樹齢400年の大カエデの紅葉です。いつまでも大カエデの下で時の流れを感じていたい、そんな気持ちにさせてくれる紅葉です。日本の寺院や庭園と一緒に観賞できるのもいいですね!

  • 場所:福岡県糸島市雷山626
  • 見頃:11月上旬~11月下旬

関連糸島市の紅葉の名所おすすめ5選

白野江植物公園

北九州市で唯一の植物公園。植物公園としては珍しく”和”を意識したつくりで、丘陵地の豊かな自然を生かしつつ、園内には隅々まで遊歩道がめぐり、来場者の時間に合わせて様々な楽しみ方のコースが用意されています。11月下旬から12月初旬には、モミジ約800本をはじめとし落 葉樹が一斉に紅葉、園内を赤や黄に染め上げます。なかでも入口広場、木漏れ日の路、落葉の森などがおすすめスポットです。

  • 場所:門司区白野江二丁目
  • 見頃:11月下旬から12月初旬

足立公園

北九州市小倉北区の市街地に近い森林を整備した公園で、秋は紅葉の名所としても親しまれています。ハゼノキやモミジなど、次々に赤く染まる山を遠くから見るのも良いですが、森林に入って落葉の上で過ごすのも心地良い場所です。また、規模、本数 ともに市内一の美しい赤松林の散策もお勧めです。桜の名所としても有名で春には2500弱の桜が咲き乱れます。北九州随一の桜が見られます。特に中腹の桜のトンネルは、圧巻です。夜景もきれいですので、夜に行かれるのもいいでしょう。小倉の街並みを一望できます。

  • 場所:小倉北区小文字一丁目・黒原一丁目・妙見町他
  • 見頃:11月下旬

まだまだ沢山ありそうですね。是非この秋はドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

福岡の各スポットの紅葉の見ごろまとめ

スポット 見頃 場所
秋月城跡 11月中旬~11月下旬 福岡県朝倉市秋月
英彦山神宮 11月中旬~11月下旬  福岡県田川郡添田町
小倉城 11月下旬 北九州市小倉北区城内
竈門神社 11月上旬~12月上旬 福岡県太宰府市内山
河内藤園 11月下旬 北九州市八幡東区河内
垂裕神社 11月中旬~11月下旬 福岡県朝倉市秋月
宮地嶽神社 11月下旬 福津市宮司元町
雷山千如寺大悲王院 11月上旬~11月下旬 福岡県糸島市雷山
白野江植物公園 11月下旬 門司区白野江
足立公園 11月下旬 小倉北区

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の紅葉の名所おすすめスポット10選!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る