みずがめ座η(エータ)流星群が2019年5月7日早朝に極大

シェアする

スポンサーリンク

2019年5月7日(火)の日の出前に、みずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎え、美しい流星群が見られる可能性があります。

みずがめ座η(エータ)流星群極大

GW明けの5月7日(火)早朝、日の出2時間前くらいにみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎え見ごろになります。見れる流星の数はそんなに多くなく、1時間当たり5個程度ですが、放射点の高度が低い流星群のため、軌跡の長い見事な流星を観測できる可能性があります。三大流星群の次に活動が盛んな流星群になります。

一番の見頃となる時刻は、2019年5月7日(火)4時半くらいです。当日の天候次第ですが、新月のすぐあとということで、天体観測に適した条件になりそうです。また、極大前後数日間は流星群が観測できますので、極大日を逃しても諦めず、翌日に観測に挑戦できます。

日中は気温が上昇し、夏日となる日も多くなってきましたが、早朝はまだまだ冷え込みます。体を冷やさないように暖かくしてご覧ください。

  • 極大:2019年5月7日(火)
  • 時間と方角:日の出前4:00頃にやや東の空
スポンサーリンク

5月7日早朝の天気は?

みずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎える5月7日早朝の天気は、現在の週間天気予報では。全国的に曇り晴れとなっています。沖縄地方のみ雨の予想です。

雲が広がらなければ、いい条件で観測ができそうです。当日の天体観測状況を確認するには、日本気象協会(tenki.jp)の星空指数を確認してみてください。
参考天体観測の強い味方!星空指数って知ってる?

福岡の天体観測スポット

福岡県内で、天体観測に適した場所を紹介しています。天体観測を行うには、近くに明かりが少なく、空を広く見渡せる場所を選びましょう。流星群の観測には方角を気にする必要はありません。また、広い空に展開する流星を観測するには望遠鏡や双眼鏡は使わず、肉眼での観察が適しています。
参考【福岡・天体観測】福岡の天体観測スポット紹介!デートに最適なおすすめ3選!

毎年観測できる流星群リスト

1年間を通して確認できる流星群は、みずがめ座η(エータ)流星群の他に、三大流星群のペルセウス座流星群、ふたご座流星群、じぶんぎ座流星群など10を超えます。一覧で紹介しているので、参考にしてみてください。
参考【天体観測】肉眼で観察できる流星群リスト!四季の流星群

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
みずがめ座η(エータ)流星群が2019年5月7日早朝に極大
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする