12月14日(金)ふたご座流星群が極大 福岡の観測スポットも紹介

シェアする

スポンサーリンク

三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が12月14日(木)に見ごろを迎えます。天気も高気圧におおわれ晴れの予想となっているので、今年はたくさんの流星群が見られるのではないでしょうか。

ふたご座流星群が極大

天体観測

毎年、12月14日頃に極大を迎える流星群があります。ふたご座流星群です。1月4日頃に見ごろを迎える「じぶんぎ流星群」、8月13日頃に見ごろを迎える「ペルセウス座流星群」とともに三大流星群として有名な流星群です。

ふたご座流星群は、毎年多くの流星が出現することが特徴で、空全体に多くの流星を観察することができます。1時間当たり45個程度の流星が観測されます。13日(木)の夜から14日(金)の朝にかけて、14日(金)の夜から15日(土)の朝にかけて見頃を迎えます。

2018年の12月13日・14日は、月齢が6~7くらいで右側半分が輝いて見える上弦の月となります。上弦の月は夕方になると南の空高くに上り、真夜中に西の地平線に沈みます。月明かりがなくなるので、真夜中以降は非常に良い条件で天体観測ができるのです。

あとは天気が気になりますが、13日~14日にかけて太平洋側ではおおよそ晴れになり、日本海側では雲が生じやすく雪が降ると予想されています。九州地方は雲が広がるかもしれませんが、おおよそ晴れの予想となっています。

ふたご座流星群が出現し始めるのが20時ごろからで、真夜中に観測条件が良くなります。冬型の気圧配置で寒さも厳しいですので、防寒対策をしっかり施して観測するようにしましょう。

スポンサーリンク

星空指数を参考に

日本気象協会が発表している「星空指数」をご存知ですか。天体観測をするのに適した天気なのかが一目でわかるようになっています。天体観測に行く前は必ず確認して、観測行ったが雲が広がり見られなかったということが無いようにしておきましょう。

天体観測の強い味方!星空指数って知ってる?

1年を通して見られる流星群を確認

12月14日(金)の夜に見ごろを迎えるのがふたご座流星群ですが、そのほかの季節にも見ごろを迎える流星群がたくさんあります。今回見逃してしまった方も、1月に見ごろを迎える三大流星群があります。併せて確認してみてください。

【天体観測】肉眼で観察できる流星群リスト!四季の流星群

福岡の天体観測スポット

福岡で天体観測を行うならということで、今日は天体観測に適したスポットをご紹介します。どのスポットも本格的な天体観測に適しています。

【福岡・天体観測】福岡の天体観測スポット紹介!デートに最適なおすすめ3選!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
12月14日(金)ふたご座流星群が極大 福岡の観測スポットも紹介
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする