福岡の登山「小さな子どもと行ける超低山」おすすめ3選

福岡県内で気軽に行ける超低山登山スポットを紹介します。小さな子どもでも簡単に登れる登山スポットになります。

スポンサーリンク

福岡の超低山5選

今回紹介する5山は、標高が低く気軽に登れる山です。初心者向けの山でも結構体力が必要な山も多いのですが、ここでは小さな子どもやご年配の方でも簡単に登れる山をご紹介します。

また、登山にはある程度の装備が必要ですが、今回ご紹介する山はスニーカーなどの動きやすい靴でも十分に楽しめる山です。汗はかきますのでタオルと水分を準備して登りましょう。

筑紫野市「天拝山」標高258m

天拝山

福岡県筑紫野市の天拝山(てんぱいざん)は、標高258mと非常に低い山になっています。少し登れば、1合目、2合目、3合目と案内が出てくるので山頂に近づいていることを実感しながら登ることができます。ゆっくり上っても1時間弱で登頂できるので初心者や小さな子ども、お年寄りにもお勧めです。

登山口は天拝山歴史自然公園。無料の駐車場や公園内にトイレもあるので設備も申し分ありません。ここは非常に簡単な山ですので、装備は軽装で構いません。

  • 場所:筑紫野市武蔵621
  • 駐車場:あり
  • 登山口: 天拝山歴史自然公園

糸島市「立石山」標高210m

立石山

福岡県糸島市の立石山(たていしやま)は、インスタグラムなどでも頻繁に登場する映えスポットです。玄界灘が一望できる爽快な景色が人気の山です。手軽に登ることができ景色もいいということで、玄人から素人まであらゆる年代の方に楽しまれている山です。

駐車場はしっかりと完備されており、登山口によって30分ほどかかる芥屋登山口ルートと、15分程度で登頂できる福ノ浦登山口ルート分かれていますが、低山といっても急な岩場も多いので、ある程度の装備で登られることをお勧めします。

  • 場所:福岡県糸島市志摩芥屋
  • 駐車場:あり
  • 登山口: 芥屋登山口(芥屋海水浴場)、福ノ浦登山口

新宮町「立花山」標高367m

立花山

立花山は福岡市東区と新宮町と久山町の境界に位置する山で標高は36m。景色も良好で、福岡市内と玄界灘を一望できます。山頂付近には、樹齢300年を越えるクスノキが自生していたり、見どころ満載の山です。

今回ご紹介する3山の中では、最も体力が必要な山になりまが、小さな子どもからお年寄りまで幅広い方に楽しまれている山でもあります。ある程度の装備と十分な水分を準備して登ってください。

  • 場所:福岡県糟屋郡久山町山田
  • 駐車場:あり
  • 登山口: 芥屋登山口(芥屋海水浴場)、福ノ浦登山口

登山の季節には多くの登山客でにぎわうスポットです。なるべく午前中の早い時間からもぼり始めることをお勧めします。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました