日本三大火祭り久留米市の大善寺玉垂宮の鬼夜「大松明廻し」

シェアする

スポンサーリンク

日本三大火祭りの一つである「大善寺玉垂宮の鬼夜」が、久留米市の大善寺で2019年1月7日(月)に行われます。

久留米市「大善寺玉垂宮の鬼夜」

大善寺の鬼火

画像提供:久留米市

「大善寺玉垂宮の鬼夜」は、久留米市の大善寺で毎年行われている神事で、大晦日の夜から正月7日まで行われる「鬼会(オニエ)」の最終日に行われる行事になります。1600年余りの伝統がある火祭りで、日本三大火祭りの一つに数えられるとともに、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

神事の最終日1月7日の21:00頃、奥神殿から鬼火が出され、一斉に大松明に火が灯されます。燃え盛る大松明の前で魔払いの「鉾面神事」が行われ、いよいよ「大松明廻し」が始まります。長さ約13m、重さ約1.2tの「日本一」といわれる大松明6本が、数百人の氏子たちに抱えられ本殿のまわりを廻る様は圧巻です。

大松明の火の粉をあびると無病息災といわれ、毎年、家内安全、災難消除、開運招福を祈願する多くの方々で賑わいます。

スポンサーリンク

大善寺玉垂宮の鬼夜 スケジュール

1月7日最終日の鬼夜のスケジュールです。

  • 13:00~16:00 鬼面尊神の神事
  • 19:00すぎ頃 裸のタイマワシ境内参集~シオイカキ
  • 21:00すぎ頃 大松明に点火~鉾面神事
  • 22:00すぎ頃 一番松明惣門くぐり
  • 23:00頃 大松明消え祭り行事終了
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
日本三大火祭り久留米市の大善寺玉垂宮の鬼夜「大松明廻し」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る