イムズ2021年度に営業終了!2024年までに新ビル完成

シェアする

スポンサーリンク

福岡市天神を代表するファッションビル「イムズ」が、2021年度で営業を終了します。2022年度中に新築工事がスタートし、2024年度中に完成予定となっています。

イムズが2021年度に営業終了

福岡市が推進する都市部再開発事業である天神ビッグバンに合わせ、現在多くの建物が立て替えられています。1989年3月に誕生した天神のファッションビル「イムズ」も天神ビッグバンに合わせて建て替えが進められます。

イムズを建設運営しているのが三菱地所とその関連会社で、ビル名称は天神MMビル、施設名称はINTER MEDIA STATION省略してIMSとなっています。地下4階、地上14階建てのビルで、延べ約4万5,000平方メートルの広さを誇る大型の商業施設で、テナント約130店が入る他、イムズホールやギャラリーなども設置された複合施設となっています。

12階より上は飲食店街となっており、地下2Fでは、天神地下街・天神コア・福岡市役所と連絡しているので、地下交通の要衝ともなっています。

今回建て替えが決まったのは、2024年12月末までに新ビルを完成させるためで、福岡市が進める天神ビッグバンではこの期限までに完成したビルに対し、容積率の上乗せや建物の高さ制限緩和など優遇措置を設けています。新ビルの概要はまだ未定ですが、高層化されることは間違いありません。

2024年12月末完成を目指し、2022年度内から新ビルの着工に入るのですが、施設の概要は協議中のようです。新たな情報が入り次第お伝えしていきます。

参考福岡市「天神ビッグバン」とは?|具体例と知っておきたいこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る