G20福岡で6月8日・9日は市内で大規模交通規制

シェアする

スポンサーリンク

日本が初の議長国となるG20サミットがいよいよ開催されます。福岡では、2019年6月8日(土)~9日(日)にかけて財務大臣・中央銀行総裁会議が、ヒルトン福岡シーホーク(福岡市中央区地行浜)で開催されます。これに伴い、福岡市内で大規模な交通規制が実施されます。

G20福岡に伴う交通規制

G20福岡 交通規制

G20福岡の開催期間中の6月8日(土)~9日(日)は、会場のヒルトン福岡シーホークや福岡空港周辺、福岡都市高速などで大規模な交通規制が実施されます。これに伴い、市内中心部では大変な交通渋滞が起こることが予想されています。

交通規制により渋滞が予想されるエリアは、西は室見川、東は福岡空港、南は西鉄平尾駅付近までとなっており、福岡市中心部ほぼすべてで渋滞の発生が予想されています。特に、渡辺通り、大博通り、昭和通り、明治通り、国体道路、住吉通り、よかトピア通り、那の津通り、空港通り、千鳥橋交差点付近で大変な渋滞発生する予想です。

交通規制は、各国要人が移動する際に行われ、随時、頻繁に交通規制等が行われることになります。通行止めになったり、迂回させられることになりますので、地下鉄などの公共交通機関を利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

福岡都市高速の交通規制

G20福岡 都市高速交通規制

福岡都市高速も交通規制の対象となります。6月8日(土)~9日(日)の2日間は百道出入口を中心に内回り、外回りともに交通規制が行われます。

内回りでは、百道出入口が利用できなくなるほか、月隈JCTから空港方面に、千鳥橋JCTから百道方面に入れなくなります。外回りでは、福重JCTから太宰府方面、千鳥橋JCTから空港方面に入れなくなります。

また、一部の都市高速入り口でも流入規制が行われます。マイカーの利用は極力控え、地下鉄・バスなどの公共交通機関を控えるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
G20福岡で6月8日・9日は市内で大規模交通規制
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る