福岡市LINEで道路・河川・公園の危険情報を受付

シェアする

スポンサーリンク

福岡市はLINEを活用した実証実験を進めています。粗大ごみの搬出受付、引っ越しの手続きの情報提供なども行われています。その中に、LINEを活用した道路・河川・公園の危険情報の通報受付があります。

福岡市「LINEで道路・河川・公園の危険情報を通報」

LINE

路面が荒れていて通行に支障が出る、河川の護岸が崩れている、公園の遊具やベンチに不具合が生じているなどなど、福岡市民にとって危険を生じさせるような情報をLINEを通じて通報するシステムがつくられています。

これまでは、電話やFAX及びメールで情報を受け付けていましたが、従来の通報手段だと正確な場所の特定・状況確認が難しい、気軽に通報できない、通報する市民の偏りがあるなどの課題がありました。この問題を解決するために、従来の通報手段にスマートフォンアプリケーション「LINE」を加えることで、市民からの通報を促進し、危険箇所の早期発見と迅速な対応を図ることがこのシステムの目的となっています。

確かに、LINEでなら気軽に情報提供できるといった方は多いのではないでしょうか。情報提供のしくみは次の通りです。

スポンサーリンク

LINEによる通報方法

危険情報などの通報方法はいたって簡単です。位置情報などを選択後、写真をアップするだけ。緊急性を要する場合は、電話での通報をお願いします。

  1. 「福岡市LINE公式アカウント」の友だち追加
  2. 「ホーム」から「福岡市」を選択
  3. メニューから「道路公園等通報」を選択
  4. 通報するカテゴリ・ カテゴリの詳細を選択
  5. 事象を確認した日時を選択
  6. 位置情報を送信
  7. 該当箇所の全体写真とアップ写真を投稿
  8. 状況がわかるように説明文を選択または入力

LINEのトーク機能を活用しているので、24時間投稿できますが、受信確認は平日の8:45~17:30の間に行われます。情報をもとに市が判断し、緊急性が高い順に対応していくようです。

福岡市LINEでの情報提供の課題

LINEを活用した道路・河川・公園の危険情報の通報システムは確かに利便性が高まりますが、課題も多いようです。まずは、平日の限られた時間帯しか情報の確認がなされないことが挙げられます。緊急性が高い場合は電話での通報に限られてしまいます。

情報発信と情報の確認にタイムラグが生じるのも課題の一つです。通報時に緊急性を選択できるように設定し、緊急性が高いものは即座に行政が確認するといった対応も検討できるのではないでしょうか。

これから大雨の季節。いち早い情報の提供と行政の対応。市民と行政が協力し合い安心・安全な福岡市にしていきたいですね。

福岡市はLINEでこんなこともできる!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市LINEで道路・河川・公園の危険情報を受付
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る