福岡県の公立小・中学校は18日から分散登校スタート

シェアする

福岡県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者が抑えられていることを踏まえ、政府による緊急事態宣言が解除される方針になりました。これにあわせて、福岡県の公立小中学校もいよいよ分散登校がスタートします。

福岡県の公立小・中学校5月18日から分散登校

福岡県の公立小中学校の登校スタートですが、5月18日(月)から分散登校が始まり、その1週間後である5月25日(月)には学校の全面再開を目図す方針になりそうです。

  • 5月18日(月)から分散登校スタート
  • 5月25日(月)から学校全面再開

文科省が示した方針では、入学して間もない小学1年生、卒業・受験を控える小学6年生、中学3年生を優先させ登校することとしていましたが、福岡県では全学年が同じ日に時間をずらして登校する形式を予定しています。

スポンサーリンク

市立・私立学校にも同様の対応を求める

福岡県内にある市立学校や私立学校にも、同様の対応を求める方針です。今後の感染状況により、柔軟に対応されることかと思われますが、早く学びの場が提供されることを願うばかりです。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡県の公立小・中学校は18日から分散登校スタート
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る