【2020年天体観測】部分日食が観察できる日は6月21日

2020年に大注目の天体観測情報をお伝えします。何といっても6月に起こる部分日食が注目です。

スポンサーリンク

2020年6月21日に部分日食

日食情報

2020年6月21日(日)16時前後から18時前後にかけて、アフリカからアジアにかけて金環日食や部分日食が起こります。

残念ながら日本では金環日食とまではいきませんが、大きめの部分日食を観察できます。特に沖縄地方では、太陽全体の80%が欠け三日月の形に見える部分日食を観察できるようです。

部分日食が見られる時間帯は、日本では16時前後から18時前後にかけてで、当日の天気次第ですが西の空で観察できます。

各地の日食が見られる時間帯

日食が最大になる時間帯は、東京では17時11分ごろ、沖縄では17時16分ごろ、福岡では17時13分ごろになりそうです。

部分日食の度合いは、最も大きくかける沖縄で0.84、福岡では0.62、東京では0.47となっています。南の地方ほど太陽が大きくかけることになります。

日食の始まりは、東京で16時11分ごろからで日食の終わりは18時3分ごろとなっています。約2時間にかけて部分日食を観察することができますね。ただし、太陽を直接見て観察することは非常に危険です。失明する恐れがありますので、遮光プレートなどを使い、見過ぎないように注意しましょう。

2020年のその他の天体ショー

2020年のその他注目される天体ショーは、12月22日の木星と土星の大接近です。前回は2000年5月19日の大接近でしたから、およそ20年ぶりの大接近になります。

木星と土星が接近する期間はおよそ18日間。この期間は木星と土星が約1度以内に近づきます。2020年も夜空から目が離せないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました