ホタル観賞のマナーと上手なホタル観賞の仕方・豆知識

シェアする

スポンサーリンク

初夏の風物詩といえば、ホタル観賞。ここ福岡でも、数多くのホタル観賞スポットがありますが、今回は、ホタル観賞のマナーについての記事です。ホタル観賞のマナーを守って、ホタルが舞う美しい自然を保っていきましょう。

【保存版】福岡のホタル鑑賞スポット24選!幻想的な光を楽しもう!
今回は、保存版として、福岡のおすすめホタルスポット、有名ホタルスポット、穴場ホタルスポット…

ホタル観賞のマナー

ホタルスポット

  • 光りものは厳禁
  • 生息エリアは清潔に
  • 草むらに入らない
  • 地元住民に配慮する
  • ホタルは捕まえない

理由は以下のようなことからです。

スポンサーリンク

光は厳禁

ホタルは、強い光を嫌うので、車のヘッドライトや懐中電灯、カメラのフラッシュなどは控えましょう。

生息エリアは清潔に

生息地が汚れるとホタルが棲めなくなるので、ゴミはきちんと持ちかえって捨てましょう。

草むらに入らない

ホタルを踏んでしまう恐れがあるので、草むらには入らないようにしましょう。

地元住民に配慮する

近隣住民への迷惑になるような大きな声や物音は出さない。

ホタルは捕まえない

ホタルの寿命は、1~2週間と短いので故意に連れて帰ったりせず、見るだけにとどめましょう。

幻想的なホテルは、後世の人も見れるように、ちゃんと上記のマナーを守って、気持ちよくホタルを鑑賞しましょう、

ホタルの上手な鑑賞の仕方

  1. 風の強い日は避けた方
  2. 満月の日は避ける(ホタルは暗いところを好む)
  3. 夕暮れからの一番初めに光るホタルを見受ける(肉眼でも確認しやすい)
  4. 19時30分ぐらいがピーク
  5. 服装は長そで長ズボンが好ましい
  6. 暗い場合は、足元だけをライトを照らす(ホタルは、光が苦手)

ホタルの豆知識

  1. ホタルの種類は、2700種類以上。(福岡ではゲンジボタル、ヘイケボタルが多い)
  2. ゲンジボタルは基本的には小川で、ヘイケボタルは田んぼに生息
  3. ゲンジボタルは「源氏」、ヘイケボタルは「平氏」が由来(源平合戦では源氏が買ったので、ゲンジボタルがヘイケボタルより大きい)
  4. 寿命は3日間と短命のものもいる

福岡県のホタルスポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
ホタル観賞のマナーと上手なホタル観賞の仕方・豆知識
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする