2020春の選抜高校野球展望(優勝候補・注目選手・出場校一覧)

2020年の春の選抜高校野球「第92回選抜高校野球大会」の選考委員会が開かれ、1月24日に一般選考で21世紀枠3校の合計32校の出場校が決定しました。今回の大会から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする球数制限のルールが導入される点において、複数投手の使い分けが焦点となりそうです。

スポンサーリンク

2020春の選抜高校野球優勝候補

西日本東日本
横綱(優勝候補)履正社(大阪)中京大中京(愛知)
大関(対抗)大阪桐蔭(大阪)仙台育英(宮城)
関脇(有力)明徳義塾(高知)国士舘(東京)
小結(ダークホース)智辯学園(奈良)星稜(石川)
前頭筆頭(実力校)明石商(兵庫)健大高崎(群馬)
幕内(伝統校)天理(奈良)東海大相模(神奈川)
明豊(大分)県岐阜商(岐阜)

2020春の選抜高校野球展望

神宮大会の覇者である中京大中京(愛知)を軸に、2019甲子園覇者の履正社(大阪)、実力校の大阪桐蔭(大阪)、智辯学園(奈良)、東北地方覇者の仙台育英(宮城)、四国地方王者の明徳義塾(高知)など実力が拮抗しているといった印象です。どこが優勝してもおかしくないスリリングな展開が期待されます。また、公立勢の躍進もあるのではと思っています。特に、名将率いる明石商(兵庫)、県岐阜商(岐阜)にも注目です。

2020春の選抜高校野球注目選手

  • 岩崎峻典投手(履正社)…140台の速球のキレと制球力が高い総合力が高い。昨夏の優勝投手。冬を越えてどこまで伸びているか。
  • 小深田大地選手(履正社)…昨年から3番に座るスラッガー。選球眼が高いのも特徴。
  • 仲三河優太選手(大阪桐蔭)…強豪大阪桐蔭の高い打撃センスでクリーンナップを張る。
  • 中森俊介投手(明石商業高校)…2年生から明石商業のエースとして、昨年の夏の甲子園ベスト4進出に貢献。
  • 来田涼斗選手(明石商業高校)…野球選手溢れる外野手。2年生からリードオフマンとしてチームを引っ張ります。
  • 内山壮真内野手・捕手(星稜高校)…1年生から強豪星稜の4番。経験豊富。野球に対する頭の良さ、センスも光る。
  • 寺西成騎投手(星稜高校)…あの奥川投手の後継としてエースを任される。最速143km/hの速球の本格右腕。
  • 高橋宏斗投手(中京大中京高校)… 最速145km/hを越えてきて、これからの成長に期待。
  • 入江大樹選手(仙台育英高校)…右の大型長距離ヒッター。

2020春の選抜高校出場校一覧

<21世紀枠>

  • 帯広農(北海道)初出場
  • 磐城(福島)46年ぶり3回目
  • 平田(島根)初出場

<北海道地区>

  • 白樺学園(北海道)初出場

<東北地区>

  • 仙台育英(宮城)3年ぶり13回目
  • 鶴岡東(山形)41年ぶり2回目

<関東地区>

  • 健大高崎(群馬)3年ぶり4回目
  • 山梨学院(山梨)2年連続4回目
  • 東海大相模(神奈川)2年ぶり11回目
  • 桐生第一(群馬)4年ぶり6回目
  • 花咲徳栄(埼玉)4年ぶり5回目

<東京地区>

  • 国士舘(東京)2年連続10回目

<東海地区>

  • 中京大中京(愛知)10年ぶり31回目
  • 県岐阜商(岐阜)5年ぶり29回目
  • 加藤学園(静岡)初出場

<北信越地区>

  • 星稜(石川)3年連続14回目
  • 日本航空石川(石川)2年ぶり2回目

<近畿地区>

  • 天理(奈良)5年ぶり24回目
  • 大阪桐蔭(大阪)2年ぶり11回目
  • 履正社(大阪)2年連続9回目
  • 智弁学園(奈良)2年ぶり13回目
  • 明石商(兵庫)2年連続3回目
  • 智弁和歌山(和歌山)3年連続14回目

<中国地区>

  • 倉敷商(岡山)8年ぶり4回目
  • 鳥取城北(鳥取)8年ぶり2回目
  • 広島新庄(広島)6年ぶり2回目

<四国地区>

  • 明徳義塾(高知)2年ぶり19回目
  • 尽誠学園(香川)18年ぶり7回目

<九州地区>

  • 明豊(大分)2年連続4回目
  • 大分商(大分)23年ぶり6回目
  • 創成館(長崎)2年ぶり4回目
  • 鹿児島城西(鹿児島)初出場

2020春の選抜高校野球大会概要

  • 期間:3月19日から31日までの13日間(雨天順延、準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日含む)
  • 球場:阪神甲子園球場
  • 組合せ抽選会:3月13日午前9時より実施

コメント

タイトルとURLをコピーしました