【備忘録】閉店した福岡天神周辺のカフェ一覧

【備忘録】閉店した福岡天神周辺のカフェ一覧です。

スポンサーリンク

【閉業】福岡天神周辺のカフェ

Shelly Beach(シェリービーチ)

Shelly Beach by Manly australian cafe&Bar シェリービーチ バイ マンリーオーストラリアン カフェアンドバー)は、アップルパイとパンケーキがすごくおいしいと評判のお店です。女子でいっぱいのお店ですね、男性たちで行くとちょっと珍しがられるかもです(笑)。初めて行く人は、ちょっとお店時代は、隠れ家的なところにあるので、時間に余裕を持っていかれることをお勧めします。

住所:福岡県福岡市中央区今泉1-18-3 ルピナス本庄 1F

Cafe Xando(カフェ ザンドゥ)

天神の国体道路の1本裏に、女性に人気のランチをいただけるカフェがあります。お得な値段で、ランチセットをいただけるほか、おしゃれな空間の中で、絶品スイーツをいただけます。特にフレンチトーストはお勧めです。

国体道路の雑踏を抜けると、オシャレな外観のカフェが目に留まります。そのカフェの名前は『Cafe Xando (カフェ ザンドゥ)』。大切な家族、親しい友人、恋人を慕う思いを込め、広い意味での愛情を表し”X and O”と書いて”Kiss and Hug”を表現しています。見た目は小さな店舗ですが、店内にないると結構な広さがあり、狭いカフェの窮屈な感じはありません。

cafexando

平日のランチ時にお邪魔したのですが、店内は女性率が高く、約8割は女性といった感じです。それもそのはず、ランチが女性好みのラインナップでどれも魅力的です。女子会コースなども充実しており、お得なセット料金もあるようです。

このカフェの一番の売りは何といっても「フレンチトースト」。創業当初からの定番メニューになっています。

卵とシロップを十分にしみ込ませたバゲットを使用。食パンよりもしっかりとした食べごたえがあるようにしています。バゲットには3色のカラフルなソースがかけられていて見た目も鮮やか。外はカリカリの食感に仕上がっています。横にはアイスが添えられていて、温度の変化も楽しめる最高のスイーツです。フレンチトーストの他にも、パンケーキやパフェなど、自慢の一品もずらりと並んでいます。
場所も国体道路沿いTSUTAYAの裏側と行きやすいので、是非一度フレンチトーストを食べてみてはいかがでしょうか。

場所:福岡市中央区今泉1-17-17

ソルビン天神(SULBING TENJIN)

コリアンデザートカフェ「ソルビン天神(SULBING TENJIN)」は、2013年に韓国の釜山で誕生しました。この1号店を皮切りに一気に約500店舗を展開するようになった、人気のデザートカフェです。

同カフェでは、韓国の伝統的なお菓子を題材に、若者から高齢者まで誰からも好まれるデザートを提供しています。特に人気なのが、きな粉をふんだんに使ったソルビン(雪氷)。従来の韓国式かき氷のように小豆を使うのではなく、香ばしいきな粉とモチモチとしたインジョルミで味をつけを行っているのが特徴。あっさりとした甘さが人気の一品です。

ソルビン(雪氷)の他にも、きな粉餅トーストなど提供が開始されています。韓国風フレンチトーストのようなもので、朝食やランチでも使えそうなメニューも豊富です。

場所:VIORO(ヴィオロ) 福岡市中央区天神2

WALKER JUICE DAYS. (ウォーカージュースデイズ)

このWALKER JUICE DAYS. (ウォーカージュースデイズ)では、ジュースクレンズに興味はあるけれどいまいちどういうものかわからない…人手も、気軽に入れるお店です。なぜかというとクレンズ専門のスタッフが常に在中していて丁寧に教えてくれます。ジュースクレンズ以外にもカフェメニューを加えながら長期的にバランスの良いHappyなライフスタイルを提案してくれます。

住所:福岡県福岡市中央区大名1-15-7ネオハイツ大名1F

キラキラカフェとねりこ

福岡市中央区赤坂。けやき通りから少し路地裏に入ったところに『キラキラカフェとねりこ』があります。なかなか分かりにくい入口になっていますので、初めて訪れた人は入り口をスルーしてしまうかも。小さな看板がありますが、入り口らしきものは見当たりません。奥のトンネルのような門をくぐり抜けると、隠れるようにカフェの入口があります。でも、見つけたら、なんだか嬉しくなるカフェです。低い入り口をトンネル抜けて、木の扉を開けると、白が基調の自然と融け合ったカフェ。どこを見ても暖かさを感じますよ。

キラキラカフェとねりこカフェの魅力は、庭に植えてある緑を見ながらコーヒーをいただけることです。南仏をイメージしたおしゃれな空間がつくりだされていますが、その窓から見える緑には心癒されます。緑ハンターの筆者にとっては何とも嬉しい限りです。雨の日や暑い日は店内から緑を観賞しつつコーヒーに読書。晴れの日や涼しいときはテラス席で緑に包まれる。天候によって使い分けられそうです。

場所:福岡市中央区赤坂3-6-37

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました