【福岡・東区】志賀島ぐるり一周おすすめドライブ旅!前篇

シェアする

スポンサーリンク

福岡のおすすめドライブコースをご紹介します。今日は福岡市東区の志賀島をめぐるモデルコースです。

志賀島おすすめのドライブコース

福岡市東区「海の中道」を通過し、さらに西戸崎の奥の志賀島橋を超えると、志賀島(しかのしま)があります。島といっても、砂州でつながっている全国的にも珍しい陸続きの島になります。距離的にも福岡市中心部から車で約30分と、人気のドライブコースになっています。季節を問わず、さまざまな見どころがあるので、1年を通して多くの観光客が集まる場所でもあります。

今日はこの人気の志賀島についてドライブに役立つ情報をまとめてみました。ぶらりと一周するのもよし、ところどころにある施設や遺跡に立ち寄ってみてもよし。志賀島を満喫してみよう!

提供:福岡市

提供:福岡市

スポンサーリンク

志賀島海水浴場

志賀島海水浴場

西戸崎から続く長い砂州を超えると、お目当ての志賀島が目の前に迫ってきます。細い砂州のまわりにはきれいな海が広がり、夏になると海水浴客やサーファーたちが集まります。

志賀島の入り口にあたる場所にあるのが「志賀島海水浴場」。玄界灘の潮風に吹かれ、いつもいい波が立っているとサーファー御用達の場所になっています。また、非常に夕日がきれいな場所でも知られており、白い砂浜に座って夕日を眺めることもおすすめです。特に、夏から秋にかけて夕日が映えるので、海水浴シーズンが終わってもおすすめスポットです。

金印公園・金印発光碑・金印塚

提供:福岡市

提供:福岡市

志賀島海水浴場を通り過ぎると、海沿いの道に出ます。しばらく進むと志賀島で一番有名なスポット「金印公園」に着きます。1784年(天明4年)、「漢委奴国王」と記された金印が発見された場所になります。「金印は後漢の光武帝が、倭の奴国の使者にあたえた…」と、高校時代の日本史の教科書を思い出すのは私だけではないでしょう。

公園の入り口あたりには、金印に関する記念碑「金印発光碑」が建てられています。園内からは、能古島や玄海灘が一望できますので、壮大な日本の歴史を感じつつも自然の癒しを感じることができるようになっています。ちなみに本物の「金印」は国宝に指定され、福岡市博物館に展示されています。

蒙古塚

提供:福岡市

提供:福岡市

金印公園のすぐ近くには「蒙古塚」があります。「文永・弘安の役」通称「元寇」で打ち首にされた蒙古兵士供養のため、昭和2年に建設された石碑です。「福岡西方沖地震」で石碑が倒壊したため、今立っている石碑は再建されたものになっています。

また張作霖による「蒙古軍供養塔賛」の碑も建てられています。また、ここは心霊スポットとしても有名なので、暗くなってから訪れるのはやめたほうが良いでしょう。

大崎展望台

蒙古塚から車を走らせます。集落を抜けるとしばらく海岸線を道なりに進みます。海の色が深い青色で景色が引き締まって見えます。さてさて、金印公園を出発し、車はふたたび海岸線の道を走ります。島の北岸部にたどり着くとそこには「休暇村志賀島」があります。

休暇村志賀島のすぐ隣には、大崎公園があり、「大崎展望台」が建てられています。玄海島が見える素晴らしい展望台ですが、人の姿はまったくなくひっそりと展望台だけが佇んでいます。景色はサイコーですので、人混みが嫌いな私なんかには最適なスポットになっています。

休暇村志賀島

www.tour-kyushu.comより
以前泊まったことがある施設です。ここは全部屋オーシャンビューで眺めもよく、バイキング料理や温泉「金印の湯」も有名でお勧めの施設です。志賀島で1泊するのもいいかもしれませんね。休暇村敷地内には「しかのしま資料館」があり、金印発掘に関する文書や地図、「万葉歌碑」についての写真や説明などが展示されています。

以上が志賀島前半のドライブ旅です。次回は後半の志賀島北回りドライブコースを紹介します。

志賀島ドライブ後半

志賀島ぐるり一周おすすめドライブの後半の見どころは、漁業の神をまつる神秘的な神社と福岡市の街並みを展望できるおすすめのスポットになります。

参考【福岡・東区】志賀島ぐるり一周おすすめドライブ旅!後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・東区】志賀島ぐるり一周おすすめドライブ旅!前篇
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

トップへ戻る